料理に関わる知的財産訴訟の行方

By Manisha Singh と Tushitta Murali、LexOrbis
0
99
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

2024年1月16日、Rupa Gujral and Ors対Daryaganj Hospitality Private Limited and Orsの訴訟審理では、料理の知的財産をめぐる長期戦になるか、マーケティング紛争の単なる小競り合いになるかの、最初の一斉射撃が行われました。

Manisha Singh, LexOrbis
Manisha Singh
パートナー
LexOrbis

デリー高等裁判所は、広く親しまれている2つの料理、バターチキンマサラとダルマカニの起源について、対立する意見を突き付けられました。有名なレストラン・ビジネスのMoti Mahalは、国内外から多くの著名な客を迎え入れています。彼らは、Daryaganjに対して自分たちが最初の考案者であると主張して、訴訟を起こしました。名声と地位に対する主張は、Daryaganjが「バターチキンとダルマカニの考案者たちによる」というキャッチフレーズを使用したことがきっかけとなりました。「設立1920年のインドの有名レストラン」というブランディングを使用しているMoti Mahalは、Daryaganjの言葉は誤解を招き、欺瞞的であると主張しました。

審理は指示を求めるものでしたが、法廷は双方の主張を簡潔に述べたものとなりました。原告側は、前任者のKundal Lal Gujralが料理の考案者だと主張しましたが、被告側は、Kundal Lal Gujralと共同で活動した前任者のKundan Lal Jaggiが、インドが分割される前にオリジナルのMoti Mahalをペシャワールで設立したと反論し、原告側には自分たちが料理を考案したと主張する独占的権利はないと主張しました。

原告側は、前任者がタンドリーチキンを考案したものの、大量に残った肉を冷蔵できないことに気づき、調理した肉を保存して乾燥を防ぐために、トマトから作ったグレイビーソースやソースを考案したと主張しました。この料理はバターのような風味と食感があるため、「バター」と「マカニ」という言葉が名前に使われるようになりました。原告側は、ダルマカニもKundal Lal Gujralによって考案され、バターチキンマサラと概念的には同じ料理で、バターソースを黒い豆類で調理して作ったものだと主張しました。

Tushitta Murali, LexOrbis
Tushitta Murali
アソシエイツ
LexOrbis

原告側は、Moti Mahalの標章を所有しており、1920年以降、国内外で設立された全てのレストランでこの商標が使用されていると強く主張しています。原告側は、Daryaganjという名前の使用によって証明されるように、被告側が自分たちと原告との間に誤ったつながりを作り出そうとしていると主張しました。Daryaganjは、原告のレストランが設立された地域のことを指しています。原告はまた、被告のウェブサイトに表示された、欺瞞的と申し立てている特定のコンテンツにも注意を喚起しました。これは、Kundan Lal Jaggiと不実表示されているKundal Lal Gujralの写真と、ペシャワールにある原告のオリジナルレストランが改変された写真で構成されています。

前回の審理日と同様、被告側は、審理日のわずか1週間前に通知を受け取ったものの、書面による陳述を提出していないと述べました。しかし彼らは、この訴訟は誤認されており、信頼できる訴因を開示していないと主張しました。被告側は、両当事者が共同でレストランを設立したのであり、ウェブサイトで使用される画像に対する独占的権利はないと主張しました。この主張は、被告が混乱を避けるために、画像に表示されているMoti Mahalという名前を切り取ったのを見るに、特に妥当性があります。裁判所は、被告側が1週間以内にウェブサイトから写真を削除することに同意して和解することを認めましたが、不実表示と欺瞞を主張する原告側の主張は一切認めませんでした。

公判では、法廷が膨大な状況証拠を評価する必要があるのは間違いありません。またこの訴訟により、適切なレストランの名前にキャッチフレーズが付けられるように、バターチキンマサラとダルマカニの起源が特定されることでしょう。ここではまた、企業秘密の一部が含まれるレシピと、商標の一部で、料理を一般向けに販売する際のバナーとを、区別することが重要となります。裁判所は、Moti MahalとDaryaganjの設立と、彼らの前任者の関係に関する事実認定を行うことによって、料理の起源を決定する必要があります。

裁判所は、原告側にブランドの使用に対する単独の権利を与えるか、それとも当事者たちに共同所有権を与えるかを決定する必要があります。後者の判決が出れば、それぞれがキャッチフレーズを使用することができます。双方とも勝利に大きな商業的価値があることを明らかに認識しています。次回、3月18日に登記官、5月29日に裁判所でこの訴訟が提起されて、問題の詳細がより明確になる可能性があります。

Manisha SinghはLexOrbisのパートナー、Tushitta MuraliはLexOrbisのアソシエイツ。

LexOrbis LogoLexOrbis
709/710 Tolstoy House
15-17 Tolstoy Marg
New Delhi – 110 001
India
www.lexorbis.com

Mumbai | Bengaluru
連絡先の詳細:
電話: +91 11 2371 6565
E: mail@lexorbis.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link