新法による電気通信の高速化

By Ashima Obhan そしてManisha Khalkho、Obhan & Associates
0
133
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

2023年12月24日に制定された「2023年電気通信法」は重要なマイルストーンです。「1885年インド電信法」や「1933年インド無線電信法」などの時代にそぐわなくなった法律に代わり、この法律は電気通信規制の状況に劇的な変化をもたらします。電気通信のサービスやネットワークの開発、拡大、運営、周波数割り当てに関する法律の改正・統合を主な目的とするこの法律は、通信セクターの変革の舞台を設定するものです。

Ashima Obhan, Obhan & Associates
Ashima Obhan
シニアパートナー
Obhan & Associates

各種通信事業に従事する個人または事業体は、電気通信省(DoT)の認可を必要としています。これは電気通信サービス提供者に義務付けられるもので、「電気通信サービス」とは、有線、無線、光、その他の電磁的システムを通じたメッセージの伝達や送受信を伴う、あらゆるサービスを包含する用語です。電気通信サービスの提供に使用される地上、衛星、海底ネットワークなどの機器やインフラを含む、電気通信ネットワークの構築、運営、維持、拡大には許可が必要です。最終的には、無線設備の所持にも同意が必要です。

DoTは、特定の電気通信サービス、ネットワーク、または無線設備に対して、それぞれ異なる認可要件を指定するとともに、公共の利益のために免除を認めることができます。ただし、認可の対象となる事業体は、全面的な免除ではなく、さまざまな遵守条件が付されることを想定しておく必要があります。ある種の電気通信設備は免除対象となるかもしれませんが、日常的あるいは商業的な電気通信事業に対する、公共の利益のための免除の正当化は難しいでしょう。

さまざまな組織・団体が、この法律の影響を受ける可能性があります。例えば、電話や同様のサービスを提供したり、電気通信ネットワークを運営する通信サービス・プロバイダー(TSP)、無線設備を所有する個人など、既存の免許を保有する者が含まれます。これらの事業者は、以前からの免許、許可、登録のもとで、その免許等で指定された期間、あるいはDoTから通知された日から最長5年間、事業を継続することができます。免除を受けている事業者は、DoTから通達がない限り、既存の免除が有効となります。

Manisha Khalkho
Manisha Khalkho
アソシエイト
Obhan & Associates

オーバー・ザ・トップ(OTT)サービス・プロバイダーは、電気通信サービスの定義に含めるかどうかが起草時に争点となったものの、この法律の範囲内にあります。この法律には、明示的にはOTTプロバイダーは含まれてはいませんが、電気通信の広義では、OTTプレーヤーがメッセージを送受信する方法が含まれています。そのため、業界内では懸念の声が上がりました。電気通信機器の製造・輸入・流通・販売に関するDoTの基準や評価の対象となる、電気通信機器の製造業者や輸入業者も、この法律の影響を受けます。

同法は、国家安全保障、公共放送、その他の特定分野の例外を除き、主にオークションによって周波数を割り当てます。生体認証に基づくユーザー認証メカニズムを義務付けて、セキュリティ上の懸念に対処していますが、同時にプライバシーの問題も浮上しています。インド電気通信規制庁(TRAI)の規制により、宣伝メッセージを送るにはユーザーから事前同意を得る必要があり、またユーザーはマルウェアやサイバー詐欺を報告することができます。公共および私有地に通信インフラを設置するには通行権が認められ、公平なアクセスと責任が保証されています。

同法は、ユニバーサル・サービス義務基金の下で「Digital Bharat Nidhi」を維持することにより、サービスが普及していない地域への電気通信サービスの提供や、研究開発の支援をしています。この法律によって、政府は特定の公共の安全を理由にメッセージを傍受、監視、ブロックすることができます。公共の緊急事態が発生した場合、電気通信サービスが停止されることがあります。インド政府は、通信設備やインフラの規格を制定し、業界全体の品質と相互運用性を確保することができます。1997年のTRAI法改正により、委員長および委員の任命に厳格な基準が導入され、当局の専門性と実効性が強化されました。

この法律は、犯罪を審理する枠組もを包括的に定めており、専門職員が裁定を下します。上訴は上訴委員会または電気通信紛争処理審判所によって審理されます。業界基準を維持し、コンプライアンスを確保するため、刑事罰の対象となる犯罪は審理可能なものと、そうでないものに分類されています。

Ashima Obhanは Obhan & Associates のシニアパートナーであり、Manisha Khalkho は同事務所のアソシエイトです。

Obhan and AssociatesObhan & Associates
Advocates and Patent Agents
N – 94, Second Floor
Panchsheel Park
New Delhi 110017, India
連絡先の詳細:
アシマオバン
電話番号: +91-9811043532
電子メール: email@obhans.com
ashima@obhans.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link