再生可能エネルギー規制の比較 – 日本

    By 杉原悠介, シティユーワ法律事務所
    0
    257

    インド

    インドネシア

    日本

    マレーシア

    フィリピン

    日本

    日本では、電力会社による再生可能エネルギー電力の調達に関する特別措置法に基づき、2012年に、特に固定価格買取制度(FIT)が導入された後、再生可能エネルギーの採用が増加しています。2020年6月に、この法律は改正され、再生可能エネルギー電力の使用の促進に関する特別措置に関する法律に改名されて、2022年4月1日にいくつかの例外を除いて発効します。改正法に基づき、固定買取プレミアム(FIP)システムが追加されました。

    Yusuke Sugihara
    杉原悠介
    シティユーワ法律事務所のパートナー
    T: +81 3 6212 5599
    E: yusuke.sugihara@city-yuwa.com

    この記事は、太陽光発電の扱いに焦点を当てています。改正された法律は「新再生可能エネルギー法」と呼ばれ、改正前後の法律は共に「再生可能エネルギー法」と呼ばれます。

    FITおよびFIPシステム

    FITとは、電力会社が再生可能エネルギーで発電した電力を一定の固定価格(調達価格)で一定期間購入することを政府が保証する制度です。再生可能エネルギー法に基づく認証を取得した事業者は、電力会社との間で電力購入契約(特定契約)を締結する権利があります。この特定の契約に基づき、電力会社による購入は、調達期間にわたって調達価格で保証されます。

    再生可能エネルギー発電設備のカテゴリーごとに、経済産業大臣が各会計年度に調達価格と調達期間を決定します。

    調達価格は、価格目標や適切な利益率などを考慮し、プロジェクトを効率的に実施した場合に通常必要となる費用に基づいて決定されます。一定規模以上の太陽光発電設備の調達価格は、入札制度の対象となり、入札結果に基づいて決定されます。

    FIPは、標準価格(新再生可能エネルギー法で定義)と基準価格の差額を一定期間(付与期間)のプレミアムとして事業者に付与する制度です。FIPシステムでは、事業者は卸電力市場で、または交渉による取引を通じて電力を販売します。購入価格は、卸電力市場で、または交渉取引を通じて決定されます。事業者は、再生可能エネルギー法に基づいて定義された供給促進補助金を受け取ります。これは、日本の送電事業者地域間調整機構(OCCTO)によって毎月支払われます。

    調達価格と同様に、FIPシステムの「標準価格」は、プロジェクトが効率的に実施された場合に通常必要となるコストに基づいて、価格目標や適切な利益率などを考慮して決定されます。「基準価格」は 卸売電力取引市場の平均価格に基づいて決定されます。FIPシステムでは、販売される電力の価格は市場価格にリンクされます。 価格に加えて供給促進補助金が支給されるため、市場価格が高い電力需要のピーク時に供給を増やすインセンティブがあります。FIPシステムは、再生可能エネルギー電力事業を向上させ、一般電力市場への統合を促進することを目的としています。FITとFIPシステムは、新しい再生可能エネルギー法の下で共存します。

    太陽光発電のFITまたはFIPの下での価格と期間

    太陽光発電設備の規模 2021年度
    調達価格(FIT)
    2022年度
    調達価格(FIT)
    および標準価格(FIP)
    調達期間(FIT)および付与期間(FIP)
    1000kW以上 入札により決定 FIPシステムが適用され、標準価格は入札によって決定されます 20年
    250kW以上1000kW未満 入札により決定 FITまたはFIPシステムを選択できます
    FITシステムを選択した場合、調達価格は入札により決定されます。FIPシステムを選択した場合の標準価格は10円/ kWhです。
    20年
    50 kW以上250 kW未満 11円/ kWh FITまたはFIPシステムを選択できます
    調達価格と標準価格は10円/ kWh
    20年
    10 kW以上50 kW未満 12円/ kWh FITシステムが適用され、調達価格は11円/ kWhです。 20年
    10kW未満 19円/ kWh FITシステムが適用され、調達価格は17円/ kWhです。 10年

    備考。表中の2022年度の説明は、これまでに政府が発表した資料に基づいており、まだ正式に決定されていません。

    プロジェクト計画の認証

    プロジェクト計画。FITまたはFIPシステムをプロジェクトに適用するには、事業者は再生可能エネルギー発電プロジェクト計画を作成し、経済産業大臣の証明書(プロジェクト計画の証明書)を取得する必要があります。計画は、すべての認証基準を満たす必要があります。認証を取得するには、プロジェクト現場を確保し、出力、パネル、電力調整システムなどの設備、基本設計を決定する必要があります。プロジェクト現場を確保するためには、土地関連の法規制を検討する必要があります。環境アセスメントが必要な場合は、認証を申請する前に手続きを開始する必要があります。 また、関連する送配電事業者に接続調査を申請し、認証を申請する前に送電線網への接続の同意を得る必要があります。

    操業開始の遅延。プロジェクト計画の認証を取得した後、太陽光発電の建設を進めます。なお、操業開始の遅れは、調達や交付期間の短縮、プロジェクト計画の認証の取り消しなどの悪影響をもたらす可能性があります。太陽光発電の場合、開始期限は、いくつかの例外を除いて、プロジェクト計画の認証日から3年です。締切日以降に操業を開始した場合は、遅延により調達・交付期間が短縮されます。新再生可能エネルギー法では、プロジェクト計画の認証日から一定期間内に発電が開始されない場合、プロジェクト計画の認証は取り消しになります。

    プロジェクト計画の変更。認定されたプロジェクト計画を変更する場合は、マイナーな場合を除いて、変更の認定を取得する必要があります。プロジェクトに適用される調達価格または標準価格は、プロジェクト計画に対する次の変更のいずれかによって変更される場合があります。(1)発電設備の出力の増加。(2)太陽電池の総出力の増加(3kW以上または3%以上)または減少(20%以上)。(3)自家発電設備等の設置。(4)送電網接続契約の日付の変更。

    規則、注意すべき問題

    太陽光発電プロジェクトの収益性とキャッシュフローに影響を与える規則と問題は次のとおりです。

    (1)太陽光発電設備の廃止に伴う費用の確実な準備金を確保するために、10kW以上のすべての認定太陽光発電プロジェクトは準備金を確保する必要があります。準備金は、FITシステムの調達価格またはFIPシステムの供給促進補助金から差し引かれ、内部で準備金を維持することが許可されている場合を除き、OCCTOで維持されます。

    (2)電力会社は、所定の回避策を講じた後でも、電力供給が需要を超えると予想される場合、事業者に出力を削減するように指示することができます。2021年4月1日以降に送電網接続契約が締結された日本のどの地域の太陽光発電プロジェクトでも、制限や補償なしに出力制御の対象となります。

    (3)電力託送料金が、小売電力会社から送電および配電事業者に支払われています。電力生産者側に費用の一部を負担させるための議論が進行中です。

    City-Yuwa Partners
    Marunouchi Mitsui Building, 2-2-2 Marunouchi, Chiyoda-ku
    Tokyo – 100 0005, Japan
    www.city-yuwa.com