Covid ブルースはそれほど苦くない薬

0
274

covid-19のパンデミックとそれに伴うロックダウンにより、個人と企業の両方の借り手の収益と収入は急激に減少しました。インド準備銀行(RBI)は、注意深い(おそらく熱心すぎるくらい)規制当局として勝ち取った評判を反映して、8月6日に、covie-19パンデミックによりストレスを抱える個人と企業の借り手へのローンの解決について、2019年6月7日の指示の下での限られた時間枠を提供する措置を発表しました。

Sawant Singh,Phoenix Legal,Regulatory Developments
Sawant Singh
パートナー
Phoenix Legal

8月6日の指示により、3月1日時点で標準ローンに分類され、30日を超えて期限切れにならない、個人ローンの性質を持つ個人へのローンの解決を貸し手に可能とします。この目的のために、個人ローンは、消費者信用、教育ローン、住宅ローン、および金融資産への投資のために与えられるローンとして定義されます。8月6日の指示に基づく決議は、12月31日までに発効するでしょう。解決計画には、支払いの再スケジュール、未収または未収になる利息の別の枠への変換、または最大2年間の支払い猶予の提供が含まれるでしょう。解決計画が支払い猶予を検討している場合、指示は、そのような支払い猶予は解決計画の実施時に即座に有効になることを規定しています。

貸付やセキュリティの書類など、必要なすべての書類が解決計画に従って完成した場合、解決計画に記載されている既存のローンの条件の変更が貸し手の帳簿に反映されている場合、 借り手が解決計画の条件に関して貸し手に不履行がない場合、解決計画は実装されたと見なされるでしょう。上記のスケジュール内に実装されない解決計画は、RBIの2019年6月7日の枠組みの対象と見なされ、プロビジョニングの増加と資産分類の変更をもたらす可能性があります。解決プロセスは、解決を開始してから90日以内に実装する必要があります。

Aditya Bhargava,Phoenix Legal,Regulatory Developments
Aditya Bhargava
パートナー
Phoenix Legal

8月6日の指示は、特定の例外を除いて、企業の借り手の解決に関する同様の条件を規定しています。複数の貸し手が存在する場合、金額で貸付残高の75%、数で60%の貸し手は、この枠組みの下で借り手と解決することに同意する必要があります。法人の借り手の場合、決議を開始してから180日以内に決議計画を実施する必要があります。法人の借り手のすべての貸し手は、信者間契約(ICA)を実行する必要があります。ICAは、貸し手間の紛争を解決するための紛争解決メカニズムを備えている必要があります。特に、8月6日の指示では、RBIによって規制されていない貸し手がICAの当事者になることを許可しています。金額で未決済ローンの75%、数で60%を代表する貸し手が、決議を開始してから30日以内にICAに署名しなかった場合、プロセスは失効したと見なされます。借り手の解決プロセスが失効した場合、その借り手に対してそのようなプロセスを再度開始することはできません。

RBIの8月6日の指示は、貸し手への総エクスポージャーが2億5000万ルピー(335万米ドル)を超える零細、中小企業に分類される借り手には適用されません。さらに、これらの指示は、RBI規制対象の貸し手が他の同様の貸し手に対して行ったローンには適用されません。解決されたローンは、標準的な資産分類を保持します。

RBIによって発表された限られた時間枠は歓迎されるだけでなく、その実用的な傾向を示しています。8月6日の方向性は、借り手は順調で良好な実績がある場合でも、covid-19のパンデミックの影響で、「キャッシュフロー生成能力に比べて債務負担が不均衡になる」可能性があることを認識しています。ローンの再編を許可することには常にモラルハザードが存在しますが、現在の状況では、経済全体が停滞しないように柔軟性を提供するために、現場の現実をより現実的に評価する必要があります。

8月6日の指示は、RBIによって規制されたローンに対してより必要な救済と支援を提供しますが、これらの指示に対する明白な制限は、債務資本市場などの非RBI規制の貸し手からの借り入れに対する救済がないことです。現在、相当量の借入が債務資本市場を通じて行われているため、RBIとインドの証券取引委員会の両方、および保険や年金業界の規制などの他の規制当局が、covid-19のために借り手が経験したストレスの解決のため、解決の共通の枠組みを規定することが望まれます。

Sawant SinghとAditya Bhargavaは、Phoenix Legalのパートナー。アソシエイトのSristi Yadavが記事を補佐。

Phoenix LegalPhoenix Legal
Second Floor
254, Okhla Industrial
Estate Phase III
New Delhi – 110 020
India
Vaswani Mansion, 3/F
120 Dinshaw Vachha Road, Churchgate
Mumbai – 400 020
India
T +91 11 4983 0000 / +91 22 4340 8500
F: +91 11 4983 0099 / +91 22 4340 8501
E: delhi@phoenixlegal.in
mumbai@phoenixlegal.in