偽ブランドのマスクの流行

0
707
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

国内および国際機関によって発行された予防および安全ガイドラインによると、新型コロナウイルスの蔓延を抑制するためには、フェイスカバーを着用することが不可欠です。そのような当局は、ウイルスに対する最も効果的な予防策の一つとしてフェイスマスクの着用を特定しています。一部の国では防護マスクの着用を義務付けていますが、他の国では公衆衛生勧告のみを発行しています。それにもかかわらず、フェイスマスクはパンデミックとの闘いにおいて極めて重要になりました。

Manisha Singh,LexOrbis,Intellectual Property Enforcement face masks
Manisha Singh
パートナー
LexOrbis

covid-19の発生時に、政府、医療スタッフ、第一線および医療従事者は、保護具の不足に不満を訴え、そのような機材の必要性を強調しました。侵害者は、これを偽ブランドのフェイスマスクを提供することで、無警戒の消費者を食い物にする機会と見なしました。Tommy Hilfiger, 3M, Nike, Adidas, Puma, Amul ,Disneyなどの有名ブランドのロゴ入りマスクが市場に溢れました。オンライン検索では、さまざまな電子商取引プラットフォームを使用して、明らかに偽ブランドのフェイスマスクを販売している、何千ものオンライン販売業者のリストを許しています。

ブランドからの反応

この種の知的財産権侵害は、法的措置につながります。最近のTommy Hilfiger Europe BV 対 Taqua Textiles&Orsの訴訟では、国際的な企業であるTommy Hilfigerが、タミルナードゥ(Tamil Nadu)を拠点とする、同一の人物により所有及び運営されている個人企業の、2つのフェイスマスクメーカーTaqua TextilesおよびShine Exim Indiaにブランドロゴと商標の誤用に対して高等裁判所に提訴しました。原告は、登録商標とロゴが付いたフェイスマスクの電子商取引プラットフォームで広告を見て侵害を知りました。原告はさらに調査し、被告は他の衣料品の商標を侵害し、他の有名なブランドの商標も侵害していることが判明しました。裁判所は、被告が侵害および偽造をすることを防止するため暫定的差止命令の申請を認めました。

Simran Bhullar,LexOrbis,Intellectual Property Enforcement face masks
Simran Bhullar
アソシエイト
LexOrbis

偽ブランドのマスクは国際市場でも発見され、一般的な懸念を引き起こしています。高級N95フェイスマスクで有名なアメリカのメーカー、3Mは、ブランド、ロゴ、登録商標の使用、および医療従事者への保護具の販売に必要な証明書とライセンスの偽造について、さまざまな販売業者およびメーカーを提訴しています。他の企業はより慈善的な取り組み方を採用しています。有名なインドの漫画キャラクターChhota Bheemが侵害者によってフェイスマスクに印刷されているGreen Gold Animationは、登録商標とロゴを誤用しているのが大企業でない限り、IP訴訟を回避することを選択しています。マスクはパンデミックとの闘いにおいて重要ですので、会社はこの態度を取っています。ただし、偽マスクの製造に使用される材料は標準以下の品質のため、これは逆効果の取り組みになるかもしれません。

認識の変化

偽ブランドのマスクは、製造に使用される素材がほとんどまたはまったく保護に役たたないため、消費者に良いことより害をもたらす可能性があります。これらのマスクは通常、標準以下の材料から無菌状態で作られています。インドの都市が警戒すべきレベルの大気汚染を経験したとき、ブランドのフェイスマスクは必須であると同時にファッションになりました。2020年、フェイスマスクが必要であることが明らかになったため、人々はそれらを単なる個人用保護具ではないと見なし始めました。

短期間のうちに、フェイスマスクは2020年に切望される商品になりました。ファッション業界は、フェイスマスクを革新的に対応し、環境に優しい素材を使用して新しいアクセサリーを大量生産しています。デザイナーはフェイスマスクのラインを立ち上げました。医療スタッフ専用に生産することを決めた人もいれば、一般の人々が購入した数量に合わせて医療スタッフに寄付した人もいました。ただし、繊維従事者は厳しい医療基準を順守することに慣れていないため、これらのマスクがどれほど効果的であるかは依然論争があります。さらに、多くの産業が商売を失い、ある者はパンデミックのために事業停止をしました。収入の損失を相殺し、水面に浮かび、ビジネスを復活させるために、侵害者はフェイスマスクの不足を利用し始めました。残念ながら、私たちの世界は公衆衛生上の危機に対処しているため、偽ブランドマスクの商いはかつてないほど高まっています。

当局や企業が偽マスクの著しい世界的流行に注目し始めたのは幸いです。政府機関は、オリジナルのよく製造されたフェイスマスクを着用することの有効性に関し健康勧告を引き続き発表しています。企業はまた、侵害者を思いとどまらせ、間接的に公衆衛生への損害を回避するよう積極的に取り組むことにより、その役割を果たしています。

LexOrbisのManisha Singhはパートナー、Simran Bhullarはアソシエイトです。

LexOrbis ip intellectual property infringement
LexOrbis
709/710 Tolstoy House
15-17 Tolstoy Marg
New Delhi – 110 001
India
Mumbai | Bengaluru
Contact details
T: +91 11 2371 6565
F: +91 11 2371 6556
E: mail@lexorbis.com
www.lexorbis.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link