住宅金融会社にとって非常に必要な調整

0
274

住宅金融会社(HFC)は伝統的に、住宅所有者に住宅ローンを提供し、住宅産業の発展に寄与する古い一角を占めています。住宅ローンに対して担保付きのローンが最もリスクの少ない資産の中の1つと見なされているため、分野として住宅ローンは「安全な投資」でもあります。しかし、非銀行系金融会社(NBFC)の流動性の悪化とDewan Housing Financeの危機により、利害関係者はHFCに対する見方を再考しました。重要な考慮事項は、NBFCがインド準備銀行(RBI)によって厳格に規制されるなかで、HFCは軽い形式の監督の対象であるという認識があり、規制逃れでした。NBFCとHFCに適用される規制体制を調整することが適切であると考えられました。

Sawant Singh Phoenix Legal housing finance
Sawant Singh
パートナー
Phoenix Legal

2019年までは、二重規制を回避するために、HFCはRBIのNBFCに関する規制への準拠を免除され、国立住宅銀行(NHB)による監督のみを受けました。RBIがHFCを規制できるようにするため、1987年の全国住宅銀行法は、2019年の金融法(第2号)によって改正されました。これらの改正は2019年8月に施行され、HBIの規制枠組みの変更を規定するRBIからのプレスリリースが続きました。

2020年6月17日、RBIはHFCの規制のために検討していたパブリックコメントの変更をWebサイトに掲載しました。混乱を回避するために、変更は、NBFCとHFCが規制の共通の基盤を共有する場合、NBFCを管理する既存の規制はHFCに拡張され、規制の共通性がない場合は新しい規制が導入されよう求めています。この提案は、HFCが規制資本を決定する目的で永久債務証書を含めることを許可することにより、NBFCとHFCの規制資本(Tier I資本とTier II資本)の定義を調整することを目的としています。NBFCと同様に、提案されている変更では、資産サイズなどの基準に基づいて、HFCを体系的に重要か非体系的に重要かのいずれかに分類することが検討されています。資産が50億ルピー(6630万米ドル)を超える預金をとらないHFCは体系的に重要であると見なされ、資産サイズが小さい預金をとらないHFCは非体系的に重要と分類されます。資産サイズに関係なく、全ての貯金を取るHFCは、体系的に重要なものとして扱われます。HFCの資本基盤を強化するために、HFCの最低純所有資金要件も、2年間で1億ルピーから2億ルピー(2.54百万米ドル)に段階的に増やすことが提案されています。

Aditya Bhargava Phoenix Legal housing finance
Aditya Bhargava
パートナー
Phoenix Legal

現在、「住宅に資金を提供する」および「住宅金融」という語句は、規制では定義されておらず、一般的な用語として使用されています。変更では、これを住宅用住戸の購入、建設、再建、改修、または修理のための資金調達と定義し、住居の購入、建設、改修のための個人または個人グループへの融資、スラム改善イニシアチブ、住宅用ユニットの建設のための公的機関へのローン、住宅ユニットの建設のための建築業者へのローン含めることを提案しています。住居を装備するためのローン、および規定された以外の目的のための不動産の住宅ローンによるローンは、非住宅ローンとみなされます。「適格資産」の概念も導入するよう提案されて、HFCの資産の少なくとも50%は住宅金融の形である必要があり、そのような住宅金融ローンの少なくとも75%は個人向けです。これらの基準に準拠しないHFCは、その登録をHFCからNBFCに変更する必要があります。これらの提案は、2024年3月までの2年間で段階的に実施されます。

おそらく、多様化する不動産保有でグループにおいて発生する利益相反を出来る限り制限し、二重融資の発生を制限するために、HFCは不動産事業に従事しているグループ会社にのみ貸与するか、またはそのようなグループ会社から家を買うつもりの小売りの個人の借り手に貸付することができると提案されています。さらに、こうした小売りの個人の借り手へのローンも、文字と精神でアームズ・レングスの原則に従う必要があります。

RBIによる提案は歓迎されており、金融分野の利害関係者からも高く評価されています。規制の調整と調和は常に歓迎されており、複数の規制枠がないことで規制逃れが阻止され、体系に非常に必要な信頼が育まれます。HFCはNHBの監督下で発展しましたが、RBIの成熟度と80年以上に渡る金融機関の管理における専門知識は、HFCのガバナンスの改善をもたらすと期待されています。

Sawant SinghとAditya Bhargavaは、Phoenix Legalのパートナーです。アソシエイトのSristi Yadavが記事を補佐。

Phoenix LegalPhoenix Legal
Second Floor
254, Okhla Industrial
Estate Phase III
New Delhi – 110 020
India
Vaswani Mansion, 3/F
120 Dinshaw Vachha Road, Churchgate
Mumbai – 400 020
India

T +91 11 4983 0000 / +91 22 4340 8500
F: +91 11 4983 0099 / +91 22 4340 8501
E: delhi@phoenixlegal.in
mumbai@phoenixlegal.in