ロックダウン後のPPPプロジェクトに影響する法的問題

0
645
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

インフラセクターにおける官民パートナーシップ(PPP)プロジェクトは、covid-19のパンデミックおよびその結果としての封鎖の中、最悪の影響を受けており、建設活動は完全に停止しています。土地使用権所有者は通常レバレッジベースで運営しているため、進行中の移民労働危機とともに重要な運転資本要件を管理することは困難であることが証明されています。

PPP Projects
Soumya Kanti De Mallik
パートナー
HSA Advocates

原則として、covid-19のパンデミックは、非政治的な不可抗力事態としてコンセッション契約でカバーされます。さらに、2020年2月19日付けの財務省の覚書では、中国やその他の国でのコロナウイルスの蔓延によるサプライチェーンの混乱は、自然災害として、不可抗力条項によってカバーされることを明確にしました。したがって、コンセッション契約に基づく不可抗力規定は、多くの場合、土地使用権所有者が義務を履行し、必要に応じて完了予定日または使用権所有期間を延長することを許すために発動されました。

経済が封鎖から脱却し始めると、中央政府と州政府がまとまりのある効率的な出口戦略を実施することがより困難になってきています。2020年5月30日付けの中央政府からの命令により、州および連合地域は、状況の評価に基づいて、コロナウイルスの蔓延を阻止するために必要であると考えるような制限を課す可能性があります。PPPプロジェクトの作業が部分的に再開されても、彼らは現在、ある州が制限を緩和し、別の州が危機と戦うために新しい制限を課すという状況に直面しています。これにより、原材料やプロジェクト機器のサプライチェーンが混乱します。もう1つの大きな懸念は、労働者がプロジェクトサイトに戻ることが妨げられる可能性があることです。これらすべての困難は、PPPプロジェクトに複数のレベルで影響を与えます。

PPP Projects
Prithviraj Chauhan
アソシエイト
HSA Advocates

このような状況に効果的に対処するには、コンセッション契約に基づく契約上の救済策(当事者の義務の履行を免除する不可抗力条項など)を検討する必要があります。ただし、これは影響を受ける要因または活動ごとに個別に評価される必要があります。さらに、活動が部分的に再開した後でも、進捗状況は以前よりも高価で効率が悪くなるでしょう。これにより、不可抗力事態が終了した後でも遅延が発生するでしょう。コンセッション契約で引き起こされる可能性が高いもう1つの規定は、不測の事態の救済に関する規定です。土地使用権所有者は、マスクの提供、消毒などの安全対策に費やす必要があり、発生の結果として、その費用負担が生まれます。通常、非政治的不可抗力の結果として生じる費用は、それらを被った当事者が負担するため、これらの措置は財政的負担を増大させます。

不可抗力の規定と、法律の変更によるコストの増加に関連する相互作用もまた困難です。この状況では、2つの問題が関係します。1つは政府の通知または命令を法律の変更と見なすことができるかどうか、2つ目は不可抗力と法律規定の変更の両方の利点を同じ事態として主張できるかどうかです。前者はコンセッション契約における法律の変更の正確な定義に依存しますが、後者は事実と法律の両方の解釈の問題です。たとえば、最高裁は、当事者が完全に執行が免除されるように申請しない限り、不可抗力と法改正の両方は補償的関税命令について主張することができるという見解を支持しました。ただし、両方の条項は、それらを引き起こすための条件と、その結果として命じられた救済策が異なるレベルで存在するため、互いに独立して機能するようです。

今後も検討する必要がある他の問題があります。たとえば、現在の危機により、譲歩を提供する当局は、法律の変更、コンセッション契約で、解約を伴わない合意や罰則による費用の増大の重荷を負担し、民間分野のパートナーにより大きな自由度を与えることでPPPプロジェクトでより大きな役割を果たすことが出来ます。これは既存のモデルの下でリスクを再調整出来る可能性があり、譲歩を提供する当局が現実的かつ合理的なアプローチを採用する必要があります。

ロックダウンが解除された後も、covid-19のパンデミックの影響は、インフラ分野のPPPプロジェクト全体で複数のレベルで引き続き感じられます。そのようなプロジェクトに関係する当事者は、関係する問題を綿密に検討し、新たなリスク領域に対処するための対策について事前に合意し、同時にcovid-19後の世界に適応すべきです。

HSA AdvocatesのSoumya Kanti De Mallikはパートナーで、Prithviraj Chauhanはアソシエイトです。

policy

HSA Advocates
81/1, Adchini, Sri Aurobindo Marg
New Delhi – 110 017
India
Construction House 5/F Walchand Hirachand Marg, Ballard Estate
Mumbai – 400 001
India

T: +91 11 6638 7000 F: +91 11 6638 7099
T: +91 22 4340 0400 F: +91 22 4340 0444
E: mail@hsalegal.com
www.hsalegal.com

 

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link