RBIはSROを信頼することを学ぶ

By Sawant Singh そして Aditya Bhargava, Phoenix Legal
0
105
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

規制が市場を後追いすることが多いのは、自明の理です。その理由の一つは、規制当局が市場から離れているために、市場で起こっていることに無関心な場合があることです。規制当局には関係者と連携し、消費者の利益をしっかりと守りながら成長とイノベーションを促進することが期待されますが、これは言うは易く行うは難しです。規制当局と市場の間には常にギャップがあり、一方は他方の行動に不満を抱いています。この橋渡しをし、意見の一致を促進させる方法は、市場の利益を擁護すると同時に、市場の期待を和らげることが可能な信頼できる仲介者を雇うことです。規制当局はこの仲介者を、市場の期待を正確に伝える者とみなすことができます。

Sawant Singh, Phoenix Legal
Sawant Singh
パートナー
Phoenix Legal

規制の推進と市場の期待のバランスを図るため、インド準備銀行(RBI)の開発および規制政策に関する2023年10月の声明では、自主規制機関(SRO)が「コンプライアンス文化」を強化し、「政策決定のための協議プラットフォーム」を提供することを認定しました。この声明はまた、RBIがさまざまな規制対象事業体(RE)に対するSROを認定するために「オムニバスフレームワーク」を発行することも約束しました。これはすべてのSROに共通の要素を規定しています。その要素には、広範な目的、機能、適格基準、ガバナンス基準が含まれます。申請を募る際には、セクター固有の条件が規定されます。草案はパブリックコメントを求めるために公開されます。

その後、REに対するSRO認定と一般の反応を募るためのディスカッションペーパーが、2023年12月21日にRBIによって発行されました。このペーパーの冒頭では、自主規制が法定規制を補完できることが認識されました。SROは「イノベーション、透明性、公正な競争、消費者保護」に貢献することができ、「また、技術的および実践的な側面、微妙な違い、関連するトレードオフに関する情報を提供することで、規制政策の枠組み作りや微調整を支援する」ことができます。これは、これまで過度に詳細にこだわるとみなされていた規制当局からの融和的な声明でした。

ディスカッションペーパーでは、SROの特徴が説明されています。メンバーから十分な権限を与えられ、メンバーの行動について協議するプロセスが設けられ、その規則を執行できなければなりません。SROは強力なガバナンス・メカニズムを備え、メンバーの活動を監督する手順を導入する必要があります。SROはまた、「セクターを効果的に監視するための適切な監視方法」を備えている必要があります。このディスカッションペーパーでは、規制当局に関するSROの義務、そのような組織を設立する申請者の適格性、およびそのガバナンスの枠組みについても規定されています。

Aditya Bhargava, Phoenix Legal
Aditya Bhargava
パートナー
Phoenix Legal

ディスカッションペーパーでは、一般的なレベルで、SROは自身が代表するセクターの改善、また業界の重要な懸念事項に対処し、進歩を促進するための包括的な目標に従い、それを実現することが期待されていると宣言しています。またSROには、コンプライアンスの文化を促進し、RBIやその他の政府機関および規制機関との連携において、メンバーの集合的な意見として機能することが期待されています。SROは、すべての会員の公平かつ透明な扱いを保証し、業界のより広範な懸念に対処する必要があります。SROはまた、イノベーションを受け入れるための研究開発を奨励する必要があります。

SROを認定する動きは特に、これまでRBIに対して十分な発言力がないと不満を漏らしていたフィンテック業界に歓迎されているように思われます。RBIは、業界の良き代弁者と考えられているマイクロファイナンス・セクターのSROと、良好な関係を築いてきたと考えられています。また彼らは、より柔軟な規制につながる十分なセクター情報を、RBIに提供してきたとも考えられています。

このディスカッションペーパーは、広範な原則を扱っているように思われますが、RBIが過度に規範的になる傾向があるため、それを抑止するのに良いアプローチです。同ペーパーは、金融セクターにおける既存の代表機関の扱いについては言及していません。彼らは認定されるように申請する必要があるでしょうか、それとも自動的に認定されるのでしょうか? これは、SROがいずれにせよ、自律的かつ代表的なものであるべきだとすれば、規制当局によって承認される必要があるのかという別の疑問が提起されます。おそらく、これはライセンス取得を目的とした認定というより

も、不当なロビー活動の防止を目的としていると思われます。もしそうであれば、これは規制草案の顕著な特徴と言えます。

Sawant SinghとAditya Bhargavaは、Phoenix Legalのパートナーです。

resolutionPhoenix Legal
Second Floor 254, Okhla Industrial
Estate Phase III, New Delhi – 110 020, India
Vaswani Mansion, 3/F
120 Dinshaw Vachha Road, Churchgate
Mumbai – 400 020, India
連絡先の詳細:
電話: +91 11 4983 0000
+91 22 4340 8500
電子メール: delhi@phoenixlegal.in
mumbai@phoenixlegal.in

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link