破産手続中の Shakti Bhog の商標権議論

By Manisha Singh そしてLisha Chauhan、LexOrbis
0
53
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

Shakti Bhogの複数企業の役員と債権者である銀行の従業員に対する詐欺行為や、マネーロンダリングが疑われる刑事訴訟が進行する中、破産手続も進んでおり、この状態がしばらく継続しています。価値の高い商標の知的財産権の所有権に関するこの紛争は、破産処理手続きの一環なのです。

Manisha Singh, LexOrbis
Manisha Singh
パートナー
LexOrbis

Shakti Bhog Foods Ltd and Anr [SBFL] 対 Kumar Food Industries Ltd and Ors [KFIL] の事件において、デリー高等裁判所は重要な中間判決を下しました。この紛争は、よく知られている商標Shakti Bhogの侵害疑惑に関わるものでした。SBFLは、小麦粉と米の分野における食品製造・流通の大手企業です。同社は、商標権侵害、詐称通用、損害賠償を主張して、終局的差止を求めました。KFILは、“SHAKTI BHOG”マークの所有権を主張して反訴しました。この判決は、破産手続きの進行中における、商標法と所有権紛争の複雑さを扱うものでした。

Kewal Krishan Kumar(被告人10)は、1975年にShakti Bhogというマークを使用して、個人事業を設立しています。1990年代初期に、同被告はSBFLとKFILを設立しました。2017年、彼はKFILを退職し、その後は彼の息子と他の取締役が同社の経営に当たりました。SBFLは、KFILとその委託製造業者(被告人2~9)が当該マーク、ラベル、パッケージの使用を継続していることに悩まされていました。

SBFLでは以前から、破産処理手続きが進行していました。2015年に SBFLは事業清算を申請し、2018年に裁判所の承認を得ました。2018年、別の債権者が国立会社法審判所(NCLT)で訴訟を起こし、2023年9月に命令が下されています。原告は、債権者委員会(CoC)がSBFLの事業について「2016年破産倒産法(IBC)」に基づく企業破産処理手続き(CIRP)の交渉を行っていると主張しました。SBFLは、Shakti Bhogの商標は会社の資産であり、CIRPに含まれるべきだと反論しました。

Lisha Chauhan
Lisha Chauhan
研修アソシエイト
LexOrbis

KFILは、2017年12月30日付の譲渡証書によって、Shakti Bhogの商標の所有権を取得したと主張しました。SBFLは、いくつかの根拠を示して、その文書が偽造であると反論しました。400万インドルピー(4万8200米ドル)を上回る印紙税が支払われておらず、文書に署名したとされる被告人10は当時SBFLの取締役を停職中で、KFILの財務記録は当該証書の内容と矛盾しており、さらにKFILの貸借対照表には無形資産が計上されていなかったのです。以前の裁判では、Kumar Food Industries LtdがSBFLのライセンスと商号を使用して、その商標の製品を製造・販売していたことが明らかになっています。SBFLは、これらの矛盾が、譲渡証書とKFILの商標権主張の信憑性に重大な疑義を生じさせると反論しました。

さらにSBFLは、KFILは特許意匠商標総局(CGPDTM)にこの商標を移転する申請をしておらず、その更新はSBFLが管理していたと主張しました。KFILの製品パッケージには、この商標使用はSBFLからのライセンスに基づいていると明記されていました。2023年1月におけるSBFLからの営業停止通告に対し、KFILは譲渡証書と称するものを抗弁の証として提出しませんでした。SBFLは、このマークはKFILのものではなく、KFILはSBFLの知的財産に対して不当な主張をしていると申し立てました。

裁判所は、多くの商標がSBFLのために登録されていると認めました。KFIL は、“SHAKTI BHOG”マークの譲渡を主張する際に、印紙の貼られた譲渡証書を提出しておらず、裁判所に提出された無印紙のコピー以外に何らの記録もなかったのです。予断による不利益を防ぐため、裁判所は、CoCがこのマークをSBFLの資産とみなして、査定に進むことができると命じました。しかし、CoCは最終決定を下すことはできず、裁判所の命令を待たなくてはなりません。裁判所はKFILに対して、今後の命令があるまで、当該マークに関するいかなる権利、権原または利益の移転を行うことを禁じました。被告は“Shakti Bhog”ブランド製品に新たなライセンスを付与することができず、またCGPDTMは裁判所の承認なしに、当該マークの譲渡やライセンスを登録することができません。被告以外の委託製造業者は、すでに当該マークのライセンスを取得していれば、申請を行うことができます。この裁判は、さらなる審理のために延期されました。

裁判所が、商標登録保有者の利益を疑わしい原告から守りつつも、IBC(破産倒産法)のプロセスを妨げないよう懸念していたことは明白です。

Manisha Singhは LexOrbis のパートナーであり、Lisha Chauhan は同事務所の研修員アソシエイトです。

LexOrbisLexOrbis
709/710 Tolstoy House
15-17 Tolstoy Marg
New Delhi – 110 001
India
www.lexorbis.com
Mumbai | Bengaluru
連絡先の詳細:
電話: +91 11 2371 6565
電子メール: mail@lexorbis.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link