裁判所がペプシコの権利を回復

By Essenese Obhan そしてCharul Yadav、Obhan & Associates
0
95
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

インド植物品種保護法の稀な試験的事例として、デリー高等裁判所の上訴部門法廷(DB)は、Pepsico India Holdings Pvt Ltd対Kavitha Kurugantiの裁判において、ペプシコの有名なLay’sポテトチップスに使用されているポテトの品種「FL2027」に関する同社の権利を取り消した、単独判事法廷(SJ)の判決を破棄しました。DBは、当局による裁量権の行使、提出された情報の重要な関連性、登録手続に対する一般的なアプローチについての指示を出しました。

Essenese Obhan
Essenese Obhan
マネージング・パートナー
Obhan & Associates

ペプシコは当初、FL2027を新品種として登録申請していましたが、後日その申請を修正し、2016年に現存品種として登録しました。その後、登録品種の権利を侵害したとしてポテト農家を訴えましたが、すぐに訴えを取り下げています。2021年、「植物品種および農家の権利保護局」(以下「当局」)は、いくつかの理由で FL2027の登録を取り消しました。

とりわけ、当初ペプシコがこの品種を新品種として申請した際に、最初の発売日を、世界標準ではなくインドにおける最初の発売日にしていたため、当局はこの登録がペプシコからの誤った情報に基づいているとしました。そしてペプシコは適切な書類を提出していないことから、「育種家」には該当しないと判断したのです。最終的に当局は、この登録はポテト農家を悩ませる侵害事例であって、公共の利益に反するとしました。

ペプシコはデリー高等裁判所に控訴しましたが、同裁判所のSJは、この取り消しを支持しました。SJは、最初に新品種として出願したことは、最終的に正しく登録されたため、致命的な誤りではないことなど、いくつかの点では当局の見方に同意しませんでした。公共の利益の認定は、証拠に基づくものではありませんでした。しかし、ペプシコは不正確な情報(特に最初の発売日)を提出していたため、取り消しは正しいということに、SJは同意したのです。インド固有でも、世界標準でも、その日付が登録に重大な影響を与えることはなく、会社にとって何のメリットもないということは、重要視されませんでした。また、権利者であるグループ会社からペプシコへの権利譲渡に関する証拠も、不充分だったのです。

Charul Yadav
Charul Yadav
パートナー
Obhan & Associates

ペプシコはDBに控訴しました。同法廷は、申請書に記載された品種のカテゴリーについてはSJに同意しましたが、申請にも交付にも根本的な虚偽申告はなく、法律で義務付けられている情報提供も怠っていなかったという、決定的な判断を下しました。これは二つの側面を解析しています。まず、法律そのものが不明確である特定の情報について拘泥することが不適切かどうかという点、そして第二に、問題の情報の重要な関連性を考慮すべきかどうかという点です。

第一の論点については、ある品種が最初に発売された日付が世界標準でなくてはならないのか、インド固有でなくてはならないのか、法律には明記されていないとしました。法令における「品種」の定義は、「インドにおける」利用可能性について言及しているため、ペプシコは、申請書がインドにおける最初の販売への言及を要求していると考える権利がありました。適切な法的指針がないまま、その書式が法令に反する情報を要求していると裁判所が推論するのは、「狭量でペダンティック」であると言えるでしょう。

第二の論点については、この申請が最初の発売から15年という規定期間内に行われているため、インドにせよ海外にせよ、発売日を意図的に宣言することによって、ペプシコは何らの利益を得ることもなかったと、DBは判断しました。保護は、最初に販売された日ではなく、登録された日から始まることを理解すべきなのです。

正式な譲渡証書がなかったことに関しては、これが申請にとって致命的ではなかったと、DBは判断しました。

最も重要なのは、DBが取消規定の文言に注目したことです。同法廷は、「取り消すことができる」という表現は、取り消す権限が裁量的なものであることを明確に示しているとしました。それは、登録が不適格な人や品種に付与された場合、あるいは他の方法では登録を受けるに値しない品種に保護が与えられた場合にのみ、行使されるべきです。情報提供や詳細の訂正を怠ったことが意図的でも故意でもない場合、裁量は特に慎重に行使されなくてはなりませんでした。

さらなる控訴が審理される可能性があるため、これがポテト戦争の終結ではないかもしれません。しかし、この判決そのものが、裁量的取消権の重要な判例を確立しています。これは、すべての人が従うべき法と自然正義の基本原則を定めているため、申請者、被譲与者、裁判所、法的機関のすべてに影響を与えるものです。

Essenese Obhanは Obhan & Associates のマネージング・パートナーであり、Charul Yadav は同事務所のパートナーです。

Obhan & AssociatesObhan & Associates
Advocates and Patent Agents
N – 94, Second Floor
Panchsheel Park
New Delhi 110017, India
連絡先の詳細:
アシマオバン
電話: +91 98 1104 3532
電子メール: email@obhans.com | ashima@obhans.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link