ブランドはより強力な執行戦略を採用

By Manisha SinghとKeya Joshi、LexOrbis
0
173

過去数年間、偽造や商標侵害の事件の増加に伴い、知的財産権(IPR)の施行の必要性と意識も高まっています。対象となる消費者は一般に、ブランド名の評判によって製品やサービスを購入する傾向があるため、多くの業界の一流ブランドはIPRを保護するための厳格な措置を採用します。世界的に認知されているブランドでさえ、現地の会社を追求し、商標侵害に対する訴訟を起こしています。これは、有名な商標Lacoste、Nike、およびPumaの所有者に有利な差止命令を与えたデリー(Delhi)の地方裁判所における最近の3つの訴訟から明らかです。

Brands
Manisha Singh
マネージングパートナー
LexOrbis

LacosteSA 対Suresh Kumar Sharmaの場合、裁判所は被告がラコステ(Lacoste)マークを使用することを禁じる永久的な差し止め命令を認めました。原告は当初、裁判所に、被告の真正な身元が正確に確認されなかった場合に渡されるJohn Doe命令を発行して、その有名商品の商標および著作権の侵害を抑制するための恒久的差止命令を与えることを申請しました。商標には、衣類、履物、香水、革製品、時計、アイウェア、その他の関連製品が含まれました。

裁判所が問題を調査し、裁判所に報告する地方委員を任命した後、匿名の法人に対して渡すのではなく、事件の名前に示されている、被告の名前を指定するように控訴書は作成されました。地方委員は、被告と繋がった場所で販売のため保管されていた、290枚のシャツと850枚のタグに偽装マークが付いているのを発見しました。報告に対して異議申し立ては行われず、裁判所は被告がラコステ(Lacoste)の商標で侵害商品を供給していると判示しました。商標の使用は、侵害行為であると同時に偽造行為でした。裁判所は、被告がラコステ(Lacoste)のマークを使用すること、および関連する商品を供給する際にその著作権を侵害することを制限する永久的な差し止め命令を認めました。

Brands
Keya Joshi
アソシエイト
LexOrbis

この事件は、大手ブランドが被告の正確な身元を知らず、関係する商品の量が少なくても、将来の侵害から商号を保護するために侵害事件の訴えを起こしている良い例です。John Doeの命令は、商標または著作権の実際の侵害の場合だけでなく、侵害が脅かされているがまだ実行されていない場合でも認められる場合があります。

同様に、Nike Innovative CV 対 GB Shoe and Orsの場合、裁判所は、被告、GB Shoe、Vishal Footwear、およびNew Hira Shoesは原告の商標ナイキ(Nike)とスウッシュ意匠またはロゴを表示する商品を製造する権利を有していないと判断しました。裁判所はさらに、これらの商標の不正使用は、対象となる消費者および一般の人々を誤解させるだろうと述べました。国際的に有名なスポーツシューズメーカーである原告は、商標に関連する侵害と詐称を引き起こすため、被告が商標ナイキ(Nike)とスウッシュ意匠を使用することを禁じる永久的な差し止め命令の付与を求めました。ラコステ(Lacoste)事件のように、被告は事実を表わすことも、異議を唱えることもしませんでした。裁判所は、被告が原告の商標を侵害しているとの判決を下すのにほとんど問題がありませんでした。裁判所は原告を支持し、被告に対して永久的な差し止め命令を出しました。この訴訟はまた、知名度の低い侵害者に対し、国際ブランドが彼らの知的財産権を保護するために厳格な立場を取っていることも示しています。

最近では、Puma SEとMr Tarsem Lal and Mr Vikas Jindalの場合も、同様の試みが有名なスポーツウェアブランドであるピューマ(Puma)によって取られました。1人の被告は原告と和解しましたが、もう1人は訴訟に関与しませんでした。再び、原告は、著作権と商標ピューマ(Puma)とピューマ意匠またはロゴを侵害したため、両被告に対して永久的な差し止め命令が与えられました。

これらの事例は、さまざまな事業体を追求することによりIPRを保護および執行するために、著名な多国籍ブランドが採用する積極的なアプローチを明確に示しています。侵害は小規模であるかもしれませんが、IPR所有者は彼らの財産を強力に保護します。IPRの侵害の問題は増大しており、いくつかの例では、そのような侵害は主要な国際ブランドに大きな経済的損失を引き起こしています。ブランド間のますます激しい競争と併せて商標の誤用が増加するこの時代において、知的財産所有者にとって、侵害者の地位に関係なく、より強力な執行戦略を工夫して採用することがますます重要になっています。

Manisha Singhはマネージングパートナー、Keya JoshiはLexOrbisのアソシエイトです。

brands
LexOrbis
709/710 Tolstoy House
15-17 Tolstoy Marg
New Delhi – 110 001
India
Mumbai | Bengaluru
Contact details
T: +91 11 2371 6565
F: +91 11 2371 6556
E: [email protected]
www.lexorbis.com