日本の投資拡大に向けた政策支援

By Pradeep Ratnam, Anshuman SinghそしてSamad Ali, Kochhar & Co.
0
221
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

本のインドへの投資額は世界第5位で、2021年から22年にかけての貿易額は205億米ドルに拡大しました。インド政府が半導体製造の現地化とグローバル・バリュー・チェーンに関する政策を発表したことを受け、日印間の貿易関係は飛躍的に成長すると見込まれます。両国は、政府間および産業界の協力促進を目的とする組織の設立を含め、半導体製造と能力増強に関する協力覚書に署名しました。このような動きは、高価値製造に関する日本の卓越した技術力と、インドのエンジニアリング、ソフトウェア、設計の各分野の人材を結び付けるものであり、建設的な協力関係の強化が期待されます。

Pradeep Ratnam
Pradeep Ratnam
シニアパートナー
Kochhar & Co.

インドは2023年5月、国内外の企業による、シリコン相補型金属酸化膜半導体の製造工場への投資を奨励するため、半導体工場設立に関するガイドラインを導入しました。このガイドラインは、ロジック部品、メモリー部品、デジタル集積回路、アナログ集積回路、ミックスドシグナル集積回路、システムオンチップを対象としています。これらは、ディスプレイ工場、化合物半導体・シリコンフォトニクス・センサー工場、およびATMP(半導体組み立て・試験・マーキング・パッケージング)・OSAT(組み立て・テストのアウトソーシング)施設の設立を対象とする、同様の計画ならびに設計連動型インセンティブ・スキーム(以下、「スキーム」)とを並行して実施されます。政府はこれらの政策を集中的に実施することで、半導体製造に伴う難題を克服しようとしています。ガイドラインとスキームの目的は、半導体の製造、インフラ、設計、製造のための技術のエコシステムの構築です。そして、有利な輸入関税制度がこのエコシステムを支えます。

Anshuman Singh
Anshuman Singh
パートナー
Kochhar & Co.

このガイドラインは、300mmウェハ製品を生産する半導体工場の中で、月間ウェハ投入量が4万枚以上の製造能力を備えた工場を対象としています。申請者は、生産が可能な水準のライセンス技術を保有し、ライセンス供与または技術開発により取得した、先進ノード技術による製造を計画している必要があります。資本支出額2000億インドルピー(6億米ドル)、収益額750億インドルピーという基準を申請者が満たせば、プロジェクト費用の約50%の補助金が給付されます。政府はまた、研究開発費、共通施設センター、電子製品の優先調達に対する資金援助も行います。

認められる支出には、土地や建物、工場、機械、クリーンルーム、設備に要する費用、光熱費、研究開発費、技術移転契約、建設期間中の利息、保険料などが含まれます。承認から6年以内に支払われる費用が対象となります。ガイドラインでは輸出目標は設定されていません。これは以前のスキームからの歓迎すべき変更です。特定の機関が、プロジェクト実施能力、運営能力、技術、雇用創出、付加価値、財務の各項目について、申請者を評価します。プロジェクトが承認された後、プロセス技術や資金支援について交渉が行われます。

Samad Ali
Samad Ali
アソシエイト
Kochhar & Co.

半導体工場に関するガイドラインは包括的なものであり、国内技術の将来の発展に向けて、インドが力を注いでいることを示しています。いくつかの州は追加の資金的インセンティブを提供する政策を取っており、政府の制度を補足するものとして、投資家に対して州有地、インフラ、超純水、物流、確実な電力供給などの点で、種々の選択肢を提供しています。

ガイドラインの申請書では、申請者の技術仕様、原材料の調達、技術のアップグレード、運営上の要件、雇用について弾力的な記載や対応が認められています。販売目標や輸出に関するコミットメントの省略が認められていることからも、この制度が罰則を通じて、目標や成果を厳格に遵守することを求めているのではなく、寛容な制度により、技術移転を促進することに重点を置いていることは明らかです。

日本の投資家にとっても、この新しい規制体制にはメリットがありますが、申請者はすべて、以下の点に留意する必要があります。申請の際に詳細な技術開示を実施しなければならないため、申請者は事前にNDA(秘密保持契約)の締結を主張するべきです。通常、政府機関はこれに同意するでしょう。得られるメリットには、輸入関税や物品・サービス税の免除、ビザの取得支援などがあります。現地での雇用関係には、各州が規定する労働法が適用されます。申請者は、資金支援がどのように行われるのか、また関連するマイルストーンはあるのかといった点に留意するべきです。サードパーティーの同意を得る必要があります。長期的に成功するか否かは、提供される支援の内容、スケジュール、紛争解決メカニズムについて規定する、特定の政府機関との詳細な支援契約にかかっています。

このような進展を受け、ラピダス社などの企業がバリューチェーン全体に進出していることにも示されているように、半導体製造に関して日印間の戦略的協力関係を強化する機会が訪れています。

Pradeep Ratnam、 Kochhar & Co.シニアパートナー、Anshuman Singh、パートナー、Samad Ali、アソシエイトです

Kochhar-&-CoKochhar & Co.
New Delhi (head office):
Kochhar & Co. Suite # 1120
-21, 11th Floor, Tower – A, DLF
Towers, Jasola District Center,
Jasola – 110 025, India
India offices: New Delhi,
Bengaluru, Mumbai, Chennai,
Hyderabad, Gurugram and
Chandigarh
Overseas offices: Dubai,
Chicago and Singapore
連絡先詳細:
T: +91 11 4111 5222, +91 11 4312 9300
E: delhi@kochhar.com, info@kochhar.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link