特許法の新しい傾向 – 中国

0
92

特許法は世界中で急速に発展していますが、アジアほどの発展はありません。新興の判例法と新しい法律は、地域のプレーヤーのために、より強力に知的財産法の形成を支援しています

2020年6月20日、全国人民代表大会の常任委員会(NPC)は、2020年版の特許法改正案(2020年版)をコメントのために公開しました。昨年(2019年)の改訂草案から15ヶ月で何百万もの意見が集められました。では、この草案の主な変更点は何ですか?これらの変更の背後にある理由は何ですか?

(1)特許権の保護期間の補償

2020年版は、特許権の保護期間の補償を提案しています。その第42条には2つの側面が含まれています-検察プロセスの不当な遅延の補償と新薬の行政審査の補償。

前者の側面は新しいものです。 この条項によれば、出願人自身による遅延を除き、出願日から4年後、または実体審査請求日から3年後に特許がかかる場合、出願人は特許の延長保護期間を要求する権利を有します。この規定は、過度に長い起訴に対する補償を提供します。

Xiao Jin CCPIT Patent
金暁
中国国際貿易促進委員会特許商標事務所、弁理士
北京オフィス
T: +86 10 6604 6247
F: +86 10 6641 5678,
E: [email protected]

現在、特許権者は、中国国家知的財産局(CNIPA)の長い間の努力のおかげで、出願後平均して約22ヶ月で発明特許を取得出来ます。平均22ヶ月の審査サイクルの環境の中、発明特許を付与するのに48ヶ月かかる場合、それは不適切な可能性があります。それが立法府が草案で補償を提案する理由でもあります。

また、この変更により、CNIPAは不合理な検察期間による数百万の補償請求を避けたいため、検察サイクルを4年よりも常に短く保つようにCNIPAに働きかける可能性があります。

後者の側面は2019年版で導入されましたが、今回はいくつかの変更が含まれています。新薬が市場で承認されるまでには長い時間がかかることはよく理解されています。ただし、一般的医薬品会社は、一貫性評価システムを通じて元の医薬品の品質と有効性に関連するデータを使用して、後発商品のレビューとマーケティング時間を大幅に節約できます。これは、元の薬を作り、革新的な研究を行う製薬会社にとって不公平です。

2019年版では、補償は国内および海外の両方のマーケティングを要求した医薬品の特許にのみ許可されていました。つまり、新薬が中国市場向けのみの場合、補償は利用できませんでした。2020年版ではこの制限が取り除かれ、海外マーケティングの要求は必要なくなりました。

第二に、用語が「革新的薬物」から「新薬」に変更されました。文字通りの意味は、補償が革新的な薬だけでなく、いくつかの元の薬に基づいて改善された新薬にも与えられる可能性があることを意味します。最後に、延長された保護期間は5年を超えてはならず、総保護期間はマーケティングの承認から14年を超えてはなりません。

(2)医薬品特許の早期紛争解決方法

以前は、後発の医薬品がマーケティングを申請していることを見つけたとしても、医薬品の特許所有者は余り何も出来ませんでした。特許権者は、汎用医薬品が商業的に市販されるまで待たなければなりませんでした。

現在、2020年版では、初期段階の紛争解決方法が提供されています。まず、特許権者は、草案に従って設定される中国上市医薬品特許情報登録プラットフォームに特許を登録する必要があります。その後、新薬が中国食品医薬品局(CFDA)の承認を要求している場合でも、新薬がこの登録特許の保護範囲内にあると考える場合、特許権者は訴訟を起こすことができます。

一方、新薬の所有者は、特許権者が訴訟を起こさない場合、その製品が特許を侵害していないことを確認するために訴訟を起こすこともできます。裁判所またはCNIPAは、9ヶ月以内に決定を下す必要があります。決定に不服の場合、各当事者は上訴することができます。もちろん、CFDAの再審理の結果は、訴訟の結果に大きく依存します。

この変更により、後発医薬品の行政承認中に発生する可能性のある特許紛争を減らすことを目的とし、初期段階の紛争解決方法が提供されます。まず、特許権者は製品に関する特許を発表する義務があります。これにより、特許は事前に十分に注記され、後発企業はそれに応じて措置を講じることができます(設計関係、無効性への異議、またはライセンス供与)。

その場合、後発医薬品がCFDAによって承認されていなくても、特許権者は訴訟を起こす権利を有するため、特許権者はその特許を行使し、後発医薬品のマーケティングを以前よりはるかに早く停止することができます。一方、後発医薬品会社は、マーケティング要求中に特許紛争のリスクを軽減するために、非侵害訴訟を起こすこともできます。

(3)局所の設計特許

現在の草案では、申請者は、自転車のブレーキや車のドアハンドルなど、製品の局所部品の設計特許を申請できるとしています。局所の設計特許は、2015年に一度提案されましたが、2019年に草案から削除されました。今、局所の設計特許がパブリックコメントのために出ています。

この変化の理由の1つは、中国がIP資産所有者の増大するニーズに対応するため、さまざまなIP権利を提供しようとしていることです。グラフィカルユーザーインターフェイスに続いて、局所の設計が次のオプションのように見えるため、車全体の外観が設計特許になるだけでなく、そのドアハンドルを別のデザイン特許にすることができます。

著者は、この改正の理由は、局所のデザインが他の多くの国で特許を受けると信じているためです。他の進行中の設計特許システムを評価した後、中国はIP資産に局所設計特許を追加して、IP所有者がIPを保護するためのより多くのオプションを持つことができる良い時期とみています。

(4)侵害による損害

(4.1)損害の計算

現在、侵害による損害は優先的に決定されています。損害賠償は、まず侵害によって引き起こされた実際の損失に基づいて決定されます。

特許権者は、実際の損失を証明することが困難な場合にのみ、侵害を通じて侵害者が取得した利益を利用することができます。つまり、実際の損失に基づく計算は、侵害している利益よりも優先されます。現在、この法定命令は削除され、特許権者は実際の損失または侵害の利益に基づいて損害賠償を請求することができます。

著者は、これが中国が知的財産保護を強化しようとしていることの明確な兆候であると信じています。特許権者は、可能な限り金銭的補償を受けるために、損害を計算するための最良の方法を選択することができます。また、この変更により、特許権者は、侵害によって生じた利益に基づいて損害を決定したい場合、実際の損失を決定するのが困難であることを証明する負担を負わないため、特許権者の証明の負担も軽減されます。

(4.2)法定損害賠償の下限の削除

特許権者が侵害によって引き起こされた実際の損失または利益を証明できない場合、法的損害賠償が介入し、裁判所の参照に対するライセンス料は発生しません。改正案の2019年版では、法定損害賠償額は100,000元(14,500米ドル)から500万元に引き上げられました(現在の基準は10,000元から100万元)。2020年版では、RMB100,000の下限が削除されました。つまり、法定損害賠償額は法廷により、上限は500万人民元ですが、下限はありません。

2019年の1人あたりの平均GDPが79,000元であると考えると、100,000元の下限は少し積極的であると主張する人もいます。なぜなら、侵害訴訟のかなりの部分は、デザインまたは実用新案特許のみに関連しており、告発された製品は子供のおもちゃのような単純なものだからです。

これらの単純なケースでは、RMB100,000の下限は高すぎます。下限を削除すると、裁判官が、妥当なレベルで損害を判断するより多くのスペースを残します。一方、上限は、ここ数十年の経済発展に合わせて500万人民元に維持されています。

これらの変化から、私たちはさまざまな側面から、特許法の継続的な改正に関する公衆の関心と懸念を汲み取ることが出来ます。国民の意見は継続的に吸収され、立法府による草案の各所見に反映されます。草案は現在パブリックコメントのために公開されており、まだ制定には程遠いです。まだ修正や追加があるかどうかを確認する時間があります。

Patent law

中国国際貿易促進委員会特許商標事務所は
10/F, Ocean Plaza,158 Fuxingmennei Street, Beijing 100031, China
T: +86 10 6641 2345
F: +86 10 6641 5678
E: [email protected]
www.ccpit-patent.com.cn

 

特許法の新しい傾向 – フィリピン

 

特許法の新しい傾向 – インド