TISEはアジアの企業を引き付ける

0
14

アジアの発行体が国際証券取引所に債務を上場する傾向が浮上しています

国際証券取引所(TISE)は、ヨーロッパを拠点として、EU外にあるユニークな上場および取引所です。ガーンジー(Guernsey)島とジャージー(Jersey)島のチャンネル(Channel)諸島にあり、マン島(the Isle of Man)に別のオフィスがあります。TISEは1998年に設立され、現在、3,000を超える証券があり、市場価値の合計は4,000億ポンド(5,220億米ドル)を超えています。

TISE channel islands mark oliphant
Mark Oliphant
国際証券取引所グループのコミュニケーション責任者
T: +44 1481 753000
E: mark.oliphant@tisegroup.com

株式上場は、主に「国内」の貿易会社のプール、英国に拠点を置くSME、ガーンジーやジャージーに本拠を置くファンドや英国不動産投資信託(REIT)などの投資ビークルで構成されています。債券はTISEに上場する最大の割合を占めており、発行体は英国の小規模企業から多国籍企業にまで及びます。

アジアが支援する発行体

市場の真に国際的な性質は、アジアの支援を受けた発行体がTISEに債務を上場する傾向が高まっているという事実に反映されています。これらの上場には、香港など、地域自体に組み込まれている発行体が含まれていますが、上場ビークルは度々英国バージン諸島またはケイマン諸島で形成されることがありますが、上場の観点からはそれらがガーンジーやジャージーに本拠を置く法人ではだめな理由はありません。

これらの構造のもう1つの重要な特徴は、1933年米国証券法に基づく規則144Aの意味の範囲内で、または証券法に基づく規制Sに準拠した米国外(非小売債券所有者)の場合には資格のある機関投資家である投資家に、ニューヨーク法に基づいて債務を発行することが多いことです。現在までのところ、発行は通常5%から15%の利息クーポン、および1年から5年の満期で構成されており、多くの場合、取り決めにはキープウェルプロバイダーと個人保証人の両方の存在が含まれます。

ケーススタディ

TISEは、取引所が41億米ドル相当の債券を保有するようになったとき、画期的な不動産取引で役割を果たしました。債券は、当時単一の建物では、世界で最も高額な不動産取引の資金調達の一部として上場されました。 この債券は、香港で5番目に大きい超高層ビルであるThe Centerの買収資金を調達するために、CHMT Peaceful Development Asia Propertyによって発行されました。

債券は、約33億米ドルのトランシェA債と8億米ドルのトランシェB債の2つのトランシェで、18ヶ月の満期でTISEに上場されました。法律事務所Walkersのジャージーオフィスは、香港のAshurstをカウンターパートとして協力し、CHMT Peaceful Development Asia Propertyの上場スポンサーおよびアドバイザーを務めました。

これは、過去18ヶ月間にTISEに提出された中国発の幾つかの発行の1つです。これは、2015年にChina Cinda Finance Center(2014)II Limitedが3つのシリーズの債券を上場した後、徐々にですが持続的な成長を遂げた時期です。当時、これらの債券は、China Cinda Asset Management Compnayで、中国に本拠を置く最終的な親会社の発行者による取引所に上場された最初の証券を表しています。香港とガーンジーのMourantのオフィスは、King & Wood Mallesons and Davis Polk & Wardellのカウンターパートと協力して取引を完了しました。

なぜTISE?

これらのタイプの発行体は、TISEが賢明なルールを備え、競争力のある価格で申請の迅速な回転を提供する専門的なグローバル債券市場であるという事実に惹かれています。TISEには、最初の申請への回答が提出から3営業日以内に行われ、その後のレビューが2営業日以内に行われることを意味するサービス提供の枠組みがあります。これにより、発行者は迅速かつ確実に取引を行うことができ、取引所はより通常外の取引を検討し、迅速に新製品を導入することができます。

TISEの初期費用と年会費は、他の市場のように時価総額によって異なるのではなく、商品タイプに応じて設定されます。たとえば、非小売投資家に販売されている1つの(非高利回り)証券クラスの発行者は、5,200ポンド(6,800米ドル)の初期費用と1,200ポンド(1,500米ドル)の年会費を負担します。これは同様の市場と競争力があり、大規模な取引所よりも合理的であり、場合によってはかなりそうです。

株式と負債に関する特定の部門を含むTISEの上場規則には、上場、開示要件、および継続義務の条件があり、これらは商品の種類と対象となる投資家ベースに比例します。たとえば、小売投資家に販売されている債務の開示要件は、非小売投資家に販売されているものと比較して強化されています。規制の適用に対するこの賢明なアプローチは、発行体、特に投資家ベースが長期的に証券を保有しようとしている機関投資家および専門家投資家で構成されている発行体に高く評価されています。

発行体は、TISEが引用企業同盟(QCA)の会員であり、その市場当局が証券監督者国際機構(IOSCO)および国際取引所連合(WFE)の関連会員であるという事実にも依存できます。さらに、英国の税務当局である歳入関税庁(HMRC)は、TISEを、英国の不動産投資信託(REIT)の該当する上場場所となることを目的とし、自己投資個人年金(SIPP)と個人貯蓄口座(ISA)の適任の市場として、公認の証券取引所と見なしています、そして発行体は、引用されたユーロボンド免除(QEE)を利用することができます。

その他の認定には、米国証券取引委員会(SEC)、オーストラリア証券取引所(ASX)、ドイツの規制当局であるBaFinが含まれます。前者は、TISEが1933年米国証券法に基づく規制Sの意味の範囲内で、認定されたオフショア証券市場(DOSM)としてSECによって承認されていることを意味します。後者は、TISEに上場されている商品が、ドイツの保険会社およびドイツのUCITS(譲渡可能証券への集団投資の事業)ファンドの上場投資配分の一部として自動的に適格な資産になることを意味します。多くの欧州経済領域(EEA)の管轄区域からのUCITSファンドも、TISEに上場された製品に投資することができます。

TISEに上場する方法

発行体は、上場の申請者であるか、上場されている者かのスポンサーまたは上場エージェントとして任命されたTISE上場会員を持っている必要があります。スポンサー/上場エージェントは、発行体と取引所の間の仲介役として機能し、責任として、オンライン情報ハブであるTISEポータルを介した正式な上場申請の準備と提出が含まれます。

まず、発行体は、スポンサー/上場エージェントを介して、原稿の書類で最初の提出物を提出します。提出物が最小の情報要件を満たしたら、アナリストが申請に割り当てられます。申請書は再検討され、発行体の上場への適合性について推奨が行われます。これは、市場当局の上場および会員権委員会(LMC)によって検討されます。最初の申請書の提出から3営業日以内に、初期費用の支払いを条件として、上場への適合性、申請書に必要な是正作業、または提出されるべき追加情報に関するLMCの決定を概説するコメントレターが発行されます。

その後の申請書の審査ごとに、TISEは2営業日以内に回答をだします。正午(英国時間)より前に受領された最終申請は、LMCによって検討され、その夜の18:00または翌朝の08:00に入会が承認されます。承認され、最初の年次上場手数料の支払いを条件として、上場レターの付与が発行され、証券は関連する時間に上場および取引が許可され、その時点でTISEのウェブサイトに保持されている公式リストに追加されます。

将来

TISEは、グリーン、またはより広範な持続可能な社会的取り組みに資金を提供している上場の数が増加しています。これは、コロナウイルス(covid-19)の世界的大流行が始まって以来加速しており、さまざまな分野にわたる企業の借り換えによる発行も見られます。本質的な借り換えは、小売、娯楽、旅行の最も影響力の大きい分野で行われる傾向があり、テクノロジー、メディア、テレコムの分野では日和見主義が強まり、さらに成長を遂げています。

今年の前半に390の証券が承認され、TISEはcovid-19にもかかわらず、開始以来1年の最初の6ヶ月で最も成功し、申請は引き続き持ちこたえ、世界中の発行者は敏速で機敏な市場が提供するコストの効率性と応答性の高いサービスに惹かれています。

(この記事は、投資またはその他の専門的なアドバイスを構成するものではなく、投資、証券、またはその他の金融商品を購入、販売、保持、または勧誘するための推奨事項として解釈されるべきものではありません)

TISE channel islands

THE INTERNATIONAL STOCK EXCHANGE (TISE)
PO Box 623, Helvetia Court,
Block B, 3rd Floor, Les Echelons,
St Peter Port, Guernsey, GY1 1AR
www.tisegroup.com