法科教授が長嶋・大野・常松に参加

0
70
法科教授が長嶋・大野・常松に参加
山本和彦氏

長嶋・大野・常松事務所は、顧問として一橋大学大学院法学研究科の山本和彦教授を採用しました。

山本氏は、2019年4月から2021年3月まで同大学の法科大学院長を務めた経歴を持ち、東京での民事訴訟、リストラ、破産の実務について助言します。

山本氏はこれまで民事訴訟の研究と教育に携わり、仲裁ADR法学会理事長、日仏法学会および日本国際紛争解決センターの理事を務めています。また、日本民事訴訟法学会、日本私法学会、金融法学会の会員でもあります。

山本氏はまた、法務省の法制審議会でさまざまな役職を歴任するとともに、いくつかの委員会でも尽力してきました。