スキャデン、スクエニのIP売却に助言

0
68
SkaddenがビデオゲームスタジオとIP売却について助言

日本のエンターテインメント複合企業でビデオゲーム会社のスクウェア・エニックス・ホールディングスは、北米のスタジオと主要なゲームIPを、スウェーデンを拠点とするEmbracer Group に3億米ドルで売却することに合意しました。スキャデンはこの取引でスクウェア・エニックスに助言をしました。

スクウェア・エニックスは、ビデオゲームの『ファイナルファンタジー』で最もよく知られています。買収されるスタジオはカリフォルニアの Crystal Dynamics とモントリオールの Eidos Interactive で、売却される主なIPは、ビデオゲームシリーズの 『トゥームレイダー』『デウスエクス』『シーフ』『Legacy of Kain (franchises)』などです。

スキャデンのチームは、東京のM&Aパートナーの神谷光弘と、Palo AltoのKenton King が率い、Palo Alto のIPパートナー・ Ken Kumayama とニューヨークを拠点とするアソシエイトの Kashira Patterson、Gabriella Manaduca の支援を受けました。また、ロサンゼルスの労働雇用のパートナーである Karen Corman、東京のアジア太平洋の企業顧問・Louis Artime、ロンドンを拠点とするアソシエイトの Jason Hewitt と Sagar Singh もこの案件に関わっています。