原子力の専門家が東京のHuntonに就任

0
567
Nuclear lawyer Hunton George Borovas
George Borovas

国際原子力発電プロジェクトの弁護士George Borovas氏は、米国のHunton Andrews Kurth に、同社の原子力エネルギー業務の議長および東京事務所のマネージングパートナーとして就任しました。

Borovas氏は、2014年からパートナーおよび原子力プロジェクトの責任者を務めた東京のShearman&Sterlingから移籍しました。彼は2017年に加入して以来、世界原子力協会の理事を務めており、英国、米国、ロシア、ヨーロッパ、中東、北アフリカ、日本、韓国、東南アジア、中国、オーストラリア、南アフリカでの原子力プロジェクトと取引に助言をしてきた20年以上の経験をHuntonにもたらします。

「アジアは、日本、韓国、中国からの重要な技術と投資のためだけでなく、アジアの多くの国が既存の船団を拡大するか、気候変動と持続可能な開発目標を達成するため、新しい原子力プログラムの開発を検討しているため、同社の原子力エネルギー戦略の中心です。}とBorovas氏はAsia Business Law Journalに語りました。

Huntonのエネルギーおよびインフラチームの責任者であるJeffrey Schroeder氏は、Borovas氏は世界最大の原子力発電プロジェクトおよびプログラムの開発と資金調達において中心的な役割を果したと述べました。「原子力プロジェクトの最高の弁護士の1人としての彼の際立った経験と評判が同社に加わってくれることを歓迎する」とSchroeder氏は述べました。

Borovas氏は最近、中東および北アフリカ地域の州当局を代表して、単独で国内初の250億米ドルの原子力プロジェクトの開発と資金調達を行いました。Huntonは、1960年代のCarolinas-Virginia試験用原子炉の認可から始まって、その当初から民間の原子力事業の法的側面に関与してきました。