Web Analytics
Our publications:
日本語
Our publications
Japan In-House Lawyers Association (JILA)
Masako Takahata

高畑正子
副理事長
日本組織内弁護士協会(JILA)
東京

回復基調にある日本のアウトバウンド投資

コロナ禍により、日本は世界最大の投資国の座を追われました。世界的に景気回復が進む中、インフラ分野や再生可能エネルギープロジェクトへのさまざまな投資を通じて、日本は自らの地位を取り戻そうとしています。

国連貿易開発会議(UNCTAD)が発行した最新の「2021年世界投資報告書」によると、世界の海外直接投資(FDI)額は、2019年の1兆5,000億米ドルから2020年の1兆米ドルへと35%下落しました。海外直接投資の主要プレーヤーとしての日本も例外ではありません。 … (続きを読む)

外国企業のバングラデシュ投資戦略

バングラデシュはアジアの新興経済国であり、近年は堅調なGDP成長率を維持し、S&PやFitchによる信用格付けで安定した「BBマイナス」を獲得しています。バングラデシュは豊富な労働力と大きな消費市場を持つことから、製造業やサービス業にとっての魅力的な投資先となっていますが、それを補完しているのがインフラ整備の可能性です。日本の投資家は、バングラデシュへの投資の最先端の一翼を担ってきました。 … (続きを読む)

Doulah & Doulah
ABM Nasirud Doulah

ABM Nasirud Doulah
パートナー
Doulah & Doulah(ダッカ)

Amina Khatoon

Amina Khatoon
パートナー
Doulah & Doulah(ダッカ)

バングラデシュにおける外国人投資家の仲裁問題

外国からの直接投資(FDI)は、バングラデシュのような新興国の経済発展を牽引する重要な原動力です。相手国にFDIを行う手法はいくつかありますが、最も一般的な手法はクロスボーダー合弁事業か、現地企業の株式を直接取得することです。 … (続きを読む)

Sattar&Co.
Sameer Sattar

Sameer Sattar
創設者兼所長
Sattar&Co(ダッカ)

インドにおける日本人投資家の戦略的投資

世界第6位の経済大国となったインドは、今後10年間にわたって成長を続けると予想されています。その成功と成長の主な要因となったのは、豊富な機会、人口構成、低コスト生産、法規範が引き寄せた外資の導入です。 … (続きを読む)

Cyril Amarchand Mangaldas
Rishabh Shroff

Rishabh Shroff
パートナー兼プライベートクライアントの共同責任者
Cyril Amarchand Mangaldas(ムンバイ)

日本企業のためのインドの知的財産保護

インドは世界第2位の人口を擁する、世界最大の民主主義国家であるとともに、世界最大の英語圏国家です。インドの人口は2011年から2036年の25年間で、12億1100万人から15億2200万人へと25.7%増加すると予測されています。また、若年人口は世界最大であり、科学、技術分野の人的資源においても世界第3位を誇ります。 … (続きを読む)

LexOrbis
Joginder Singh

Joginder Singh
パートナー
LexOrbis(ニューデリー)

Rajeev Kumar

Rajeev Kumar
パートナー
LexOrbis(ニューデリー)

日本人投資家向けフィリピン最新法律情報

フィリピンと日本には経済的なパートナーシップと協力の長い歴史があります。日本はフィリピンの最大の戦略的経済パートナーの位置づけにあり、フィリピンの最大の輸出市場であり、第2の輸入供給国であると同時に、2番目に大きな外国直接投資(FDI)供給国です。日本貿易振興機構によると、製造業における日本企業のプレゼンスが高まっています。また、ITビジネス・プロセス・アウトソーシング、電子機器、小売、インフラなどの投資分野も上昇傾向にあります。… (続きを読む)

DivinaLaw
Nilo Divina

Nilo Divina
マネージングパートナー
DivinaLaw、マニラ

Ciselie Marie Gamo-Sisayan

Ciselie Marie Gamo-Sisayan
パートナー
DivinaLaw、マニラ

Shiela Esquivel

Shiela Esquivel
アソシエイト
DivinaLaw、マニラ

対台湾投資の実践と動向

2019年以来、世界は、新型コロナ感染症、世界各地で増加する紛争、超大国間の競争の激化などの課題に対峙してきました。しかし、台湾ではこの間好景気に恵まれ、国内外の投資家が新たなビジネスチャンスを追求・開拓しています。台湾でのビジネスや投資活動の拡大に伴い、本稿では、投資機会やビジネスチャンスを求める日本企業のためにその体制や最近の動向についての知見を紹介します。 … (続きを読む)

LCS & Partners
Alex Jih-Ching Yeh

Alex Jih-Ching Yeh
パートナー
LCS & Partners(台北)

Mark J Harty

Mark J Harty
シニアカウンセル
LCS & Partners(台北)

台湾における会社の「責任者」の義務

外国企業が台湾に子会社を設立する場合、または台湾企業の主要株主となる場合、執行役会の役員を任命する必要があります。本稿では、台湾会社法に規定されている2種類の「責任者」、つまり取締役と経営層役職員の責任について紹介します。 (続きを読む)

Formosan Brothers
Lee Li-pu

李立普
CEO兼マネージングパートナー
フォルモサンブラザーズ法律事務所(台北)

Chen Chiu-Hua

陳秋華
マネージングパートナー
フォルモサンブラザーズ法律事務所(台北)

Pan Yi-Chun

潘怡君
パートナー
フォルモサンブラザーズ法律事務所(台北)

台湾における労働紛争事件の新展開

台湾は、法規制と実務上、雇主より労働者の方を比較的保護しているとよく言われている。実体法である労働基準法は、過去10年間に合計16回の改正が行われており、より労働者を保護する方向に改正されたと評価されている。また、手続法については、過去民事訴訟法を適用していたが、2020年1月1日から、労働紛争事件にしか適用しない労働事件法も施行された。 … (続きを読む)

Formosa Transnational
Samrong Hwang

Samrong Hwang
シニアパートナー
Formosa Transnational in Taipei

Albert Kao

Albert Kao
パートナー
Formosa Transnational in Taipei

Pang-Heng Hung

Pang-Heng Hung
パートナー
Formosa Transnational in Taipei

日本の対タイ投資のための手引き

日本は、1999年外国人企業運営法(Foreign Business Operations Act:FBOA)に基づくタイへの投資国として、過去5年連続で首位に君臨しています。投資促進を進める政府担当当局であるタイ投資委員会(BOI)は、2021年における178件のプロジェクトへの合計投資額が807億バーツ(24億米ドル)に達し、日本が外国直接投資(FDI)のトップ投資国となったと発表しました。 … (続きを読む)

Chandler MHM
Nuanporn Wechsuwanarux

ヌァンポーン・ウェークスワナラック
パートナー
森・濱田松本法律事務所バンコクオフィス)

Susumu Hanawa

塙 晋
パートナー
森・濱田松本法律事務所バンコクオフィス)

Kornkitti Sivamoke

シニア・アソシエイト、コンキティ・シワモーク
シニア・アソシエイト
森・濱田松本法律事務所バンコクオフィス)

外国企業のためのベトナム投資戦略

ベトナムは、戦略的な立地、社会政治的な安定性、安価であるが技術力の高い労働力を背景に、長年にわたり海外投資家にとって魅力的な投資先です。コロナ禍で生じたさまざまな困難にもかかわらず、ベトナムは危機に効果的に対処し、コロナ後の経済を回復させることが可能であることを証明しました。 … (続きを読む)

VILAF
Dang Anh

Dang Anh
シニアパートナー
VILAF(ハノイ)

ブラジルにおける最近の知的財産保護対策

ブラジルにとって日本はアジアにおける重要な戦略的パートナーです。両国の正式な関係は、1895年の「友好通商航海条約」の調印にまでさかのぼることができます。 … (続きを読む)

Daniel Law
Rana Gosain

Rana Gosain
シニアパートナー
Daniel Law(リオデジャネイロ)

日本企業のためのドイツにおける知的財産(IP)保護

2021年後半に、ドイツ特許商標庁(GPTO)で日独シンポジウムが開催され、世界各地から400人が参加しました。「日本とドイツにおける特許侵害訴訟手続き」と題されたシンポジウムでは、日本の知的財産高等裁判所の元所長とドイツ連邦最高裁判所の裁判長を講演者として招き、知的財産保護における日本とドイツの緊密な関係が示されました。 … (続きを読む)

Cohausz & Florack
Peter Reckenthäler

Peter Reckenthäler
弁理士
Cohausz & Florack(デュッセルドルフ)

Gottfried Schüll

Gottfried Schüll
パートナー弁理士
Cohausz & Florack(デュッセルドルフ)

米国における外国投資のコンプライアンス上の課題

米国は依然として最大の外国投資先ですが、特定の法規制により、米国でビジネスを行おうとする外国人にとってさまざまな課題が生じています。これらの法規制に従わない場合、民事および刑事罰、多大な管理上の負担、法的費用、事業目標の未達成にいたる可能性があります。本稿では、企業が米国に投資する際に直面する際の主な課題と、考慮すべき特定のコンプライアンス・リスクについて説明します。 … (続きを読む)

Winston & Strawn LLP
Jeffrey L Kessler

Jeffrey L Kessler
共同会長(Co-Executive Chairman)、独占禁止法/競争法の共同議長
Winston Strawn(ニューヨーク)

Eva W Cole

Eva W Cole
パートナー、独占禁止法/競争法の共同議長
Winston Strawn(ニューヨーク)

Heather P Lamberg

Heather P Lamberg
パートナー、独占禁止法/競争法の議長
Winston Strawn(ワシントン)

Never miss the legal intelligence you need

SUBSCRIBE TODAY