物議を醸す映画法案の可能なハッピーエンド

By Manisha SinghとAarushi Mishra, LexOrbis
0
68

1952年のシネマトグラフ法(法律)は、映画撮影フィルムの興行を認定し、そのような興行を規制するために導入されました。しかし、法案は検討のために長い間延期されています。新しく台頭するテクノロジーを認める法律を制定し、映画の著作権侵害の脅威と戦うために、2019年のシネマトグラフ(改正)法が議会に提出されました。情報技術常任委員会が報告した後、情報放送省(MIB)は、改訂されたシネマトグラフ(改正)法案、2021年(法案)を導入し、それについてのパブリックコメントを募集しました。

この法案は、現在のカテゴリに加えて、U/Aカテゴリの映画の認証のためのさらなるカテゴリを導入しています。

U-家族向けの映画は、無制限の公開興行に適する。

U / A —12歳未満の子供を対象とした保護者ガイダンス付きの無制限の公開興行。

A-大人専用の公開興行、および

S—特別な許可を得た人のための限定興行。

この法案は、それぞれ7歳、13歳、16歳以上の子供向けにU/Aカテゴリの細分化を追加することを提案しています。このような追加のカテゴリは、米国や英国などの国で適用される認証カテゴリと同様です。法案はまた、これらのカテゴリーを修正する権限を政府に与えることを提案しています。

Manisha Singh, LexOrbis, Possible happy ending for controversial cinema bill
Manisha Singh
パートナー
LexOrbis

この法律の下で、映画の認定書は10年間有効でした。しかし、そのような規定は大統領命令によってすでに廃止されています。法案はそれを正式に削除することを提案しています。

物議を醸している提案された法律の別の部分は、政府の改正権力です。この法律の下で、政府は中央映画認証委員会の決定を覆す権限を与えられています。しかし、インド連合のカルナタカ高等裁判所 対 KM Shankarappa は、政府はすでに委員会によって認定された映画に関して改正権を行使することはできないと判示しました。判決は最高裁判所によって支持されました。この決定に照らして、政府の介入力を制限するための改正案が提案されました。この法案により、政府は、映画が国の主権、完全性、安全性、または外国との友好関係の利益に反する場合、公序良俗、品位または道徳、名誉毀損または法廷侮辱を伴うか、またはあらゆる犯罪の実行を扇動する可能性がある場合、認定書を再審査するよう指示することができます。これらの要素は、憲法第19条(2)に定められた要素に従います。映画の再審査および再認定は、第19条(2)に規定されている言論の自由に合理的な制限を課すことを正当化するものです。

Aarushi Mishra, LexOrbis, Possible happy ending for controversial cinema bill
Aarushi Mishra
アソシエイト
LexOrbis

待望の動きでは、法案は映画の著作権侵害を罰することを提案しています。映画の無許可の記録を罰する規定は、映画作品の作者の書面による許可なしに、だれも、「故意に作成または送信する、または作成または送信を試みる、または映画またはその一部のコピーの作成または送信をそそのかす場所で視聴覚記録装置を使用することを許可」されてはならないと述べています。違反は、最短3か月、最長3年間の懲役、または300,000インドルピー(4,000米ドル)以上の罰金に処せられます。ただし、これは監査済みの総生産コストの5%に、またはその両方を増加させる可能性があります。

しかし、これらの改正権が政府に映画産業の過度の支配を与え、表現の自由を制限する可能性があるため、映画製作者、学者、研究者から提案された修正案に対する批判の声があります。また、映画の認証と公開が遅れる可能性があります。著名な業界名を含む3,000人以上の映画製作者が署名した公開書簡の中で、映画業界は、提案された政府の権限は、インドの権力分立の精神により削除されなければならないとコメントしました。また、フェアユースや派生的著作物などの分野での合法的なコピーを可能にするために、著作権侵害対策の規定に例外を設ける必要があると意見しました。違法コピーと戦うには、よく考えられた体系的な解決策が必要です。

批判に応えて、MIBはムンバイとチェンナイの映画産業と相談し、詳細を明かさずに、法案に関する問題に対処すると述べました。これらの協議の後、省が実際にどのような変更を導入するかはまだ未定です。

Manisha Singh は LexOrbis のパートナーで、Aarushi Mishra はアソシエイトです。

LexOrbis logo

LexOrbis

709/710 Tolstoy House

15-17 Tolstoy Marg

New Delhi – 110 001

India

Mumbai | Bengaluru

 

連絡先の詳細
電話: +91 11 2371 6565
Eメール: mail@lexorbis.com

www.lexorbis.com