FSSAI通知は麻産業に大きな後押し

By Essenese ObhanとCharul Yadav、Obhan & Associates
0
59

会経済の歴史は5万年前にさかのぼり、麻は世界で最も古い栽培植物の1つです。しかし、20世紀のほとんどの間、商業用麻の生産は厳しく制限されていました。これはゆっくりと変化しており、2019年以降、農産物として認識されている米国のように、各国は麻の生産の可能性を開いています。

麻ベースの製品は、ここ数年インド市場で入手可能ですが、ほとんど規制されていませんでした。これは、2021年11月のインド食品安全基準局(FSSAI)による通知で変更されました。この通知の下で、麻の種子、油、小麦粉を食品として販売できるようになりました。この通知では、麻が1985年の麻薬および向精神薬法(NDPS)に準拠するように大麻栽培は義務付けられています。NDPS法は、大麻の種子と葉を大麻の定義から除外しており、企業はすでに医療用の調剤薬に葉を使用しています。

FSSAI通知は麻産業に大きな後押し Essenese Obhan
Essenese Obhan
マネージングパートナー
Obhan & Associates

マリファナのように、麻は大麻サティバL.(大麻植物)の栽培品種です。 この2つは、主に植物の主要な精神活性化合物であるテトラヒドロカンナビノール(THC)の含有量が異なります。THCが0.3%未満の大麻植物は麻に分類され、THCが0.3%を超える大麻植物はマリファナに分類されます。THCの含有量は、分類と規制の両方にとって重要です。

たとえば、FSSAI通知では、大麻製品の水分、脂肪、遊離脂肪酸、THC、およびカンナビジオール(CBD)の含有量の制限が指定されています。CBDについても栄養素や健康に関する主張をすることはできません。麻はすでにインドの健康食品部門で人気がありました。この通知により、そのような製品の合法性はもはや明確です。より多くのプレーヤーが市場に参入する可能性が高く、この分野での競争が激化し、長期的にはより高品質の製品が期待されるでしょう。

大麻はインドでは完全に禁止されているわけではありませんが、厳しく規制されています。政府は、デリー高等裁判所で進行中の訴訟、Great Legalisation Movement India Trust 対 Union of India で、NDPS法の下で大麻を完全に禁止することはなく、州政府の許可を得て、医療、科学、産業、園芸の目的で使用できると述べました。

NDPS法の第8条と第10条は、州政府に科学的および医学的目的で大麻の栽培を許可する権限を与えています。第14条はまた、政府の一般的または特別な命令により、産業および園芸目的でのみ大麻の栽培を許可する権限を与えています。

FSSAI通知は麻産業に大きな後押し Charul Yadav
Charul Yadav
パートナー
Obhan & Associates

これまでのところ、ほとんどの州は科学的または医学的目的での大麻の栽培を許可しておらず、支障の原因と見なされています。しかし、ここでも状況は変化してきています。最近、最大の大麻生産州の1つであるHimachal Pradeshは、統合された薬物予防政策を承認し、医療、科学、および産業目的での大麻栽培の道を効果的に明確にしました。しかし、大麻の栽培、販売、使用に対する司法の対応に直接影響を与えるNDPS法の実質的な変更は、とらえどころのないままです。それにもかかわらず、Himachal Pradeshのような個々の州による小さな一歩は、問題に深い影響を与える可能性があります。

科学研究だけでなく、産業、栄養、医療目的の大麻の需要が高まっています。 麻製品の市場もゆっくりと、しかし着実に成長しています。しかし、消費者の意識は依然として低く、そのような製品に対する社会的不名誉は残っています。ただし、政策と規制の取り組みが増えるにつれて、これも変化するでしょう。

2017年のNDPSに関する国家政策では、医療目的での限られた使用が証明されているため、大麻の栽培は許可されないと述べています。ただし、大麻品種の試験を含め、研究のための栽培は許可されるでしょう。中央政府はまた、THC含有量の少ない大麻の栽培品種の研究と試験を奨励し、産業および園芸目的の大麻栽培に向けた慎重で証拠に基づくアプローチに従うことが期待されています。

報告によると、大麻に関する医学研究が普及しつつあります。いくつかのインドの大麻の新興企業も近年出現しています。大麻の受け入れは、特定の目的のためだけであっても、ゆっくりと定着しつつありますが、より多くの州が限られた目的で大麻の栽培を許可し始めるにつれて、業界は認識を超えて変革する立場にあります。

Essenese Obhan は Obhan&Associates のマネージングパートナーで、Charul Yadav はパートナーです。

Obhan & Associates

Obhan & Associates

 

N – 94, Second Floor, Panchshila Park,

New Delhi – 110017, India

連絡先の詳細
Ashima Obhan
電話: +91-9811043532
Eメール: email@obhans.com

ashima@obhans.com

www.obhanandassociates.com