先例無視が不動産取引の安定性に与える危険性

By Pratik Ghose と Avishek Roy Chowdhury, HSA Advocates
0
105

先例という概念、そして高等裁判所が下した先例の下級裁判所に対する法的拘束力は、基本的な原則の一つであり、司法機能と先例拘束性の原理はこの原則に基づいています。ある事件で示された事実と法律に基づいて熟慮の上で下した判断により、高等裁判所は訴訟の当事者が提示した法律問題に関して、判決を下すに至ります。この判決により、訴訟での弁論は終結されます。裁判所は法律上の問題を解決し、その判決は原則として、支持されることとなります。その後、弁護士や裁判官はこの判決の原則を使用し、裁判所や審判所が解決された法律問題に従うように、そして異なる意見や解釈を却下するように徹底されます。

Pratik Ghose, HSA Advocates, 先例無視が不動産取引の安定性に与える危険性
Pratik Ghose
パートナー
HSA Advocates

しかしながら、この慣行や概念は今日、厳密には守られていません。先例拘束性の原理の背景にある原則は、管轄裁判所が適用法規を明確にし、広く知らしめ、十分に明示しなければならないというものです。法の原則が十分に明示されたら、下級裁判所はこれに従わなければなりません。

争われている問題や法律上の論点を最終的に解決するためには、先例に法的拘束力があることが重要です。しかし今日では、この先例拘束性の原理に従わない判決が下されています。さらに、法の原則が決定される前に、高等裁判所が下した先例を厳密な分析や熟慮の対象としていないのです。そのため、意見の相違が生じ、下級の裁判所や審判所による判断や意見が食い違うこととなり、その一部は原則に反することとなっています。

Union of India対Dhanwanti Devi & Ors事件で最高裁判所は、「事件で生じた問題または争点となっている問題に関する弁論の審理後に、熟慮の上で下された判決は、(中略)理由の如何を問わず、先例となり、その先例は長期にわたり認識されることにより、先例拘束性の原則に基づき適用されることとなる」と判断しています。この事件では、強制収用の補償金に対して利息が支払われるべきか否かについて判断され、最初は原告に有利な判決が下されていましたが、その後、覆されました。

裁判官は、高い判断力をもって判決の解釈を行うべきです。事件の解決に使用される原則は不変のものではなく、判決で使用された語句や段落の内容を、制定法として取り扱うことはできません。

Avishek Roy Chowdhury, HSA Advocates, 先例無視が不動産取引の安定性に与える危険性
Avishek Roy Chowdhury
シニアアソシエイト
HSA Advocates

Rajeev R Jain対AASAN Corporate Solutions Private Limited and Anr事件では、会社法上訴審判所は、「[先例拘束性の]原理の背景にある原則は、法により規制される者が確定されており、明白であり、把握されており、管轄裁判所が明白な錯誤や誤りなく法律を宣言した場合、それに従わなければならない」と判断しました。当該審判所は、自己および他の審判所が先例に従う義務を負っていると判断しました。したがって、上訴を認め、抵当権者が抵当証書に基づく売却権を行使するのではなく、倒産処理手続きを申請することを認めました。

先例拘束性の原理は有益なものであり、法的安定性と最終的解決をもたらします。またこの原理は、司法上の規律となり、適正な判決を下すための熟慮された仕組みです。裁判官は自身の意見にかかわらず、この原理に拘束されます。そうでなければ、問題が終結されることはなく、法律上の論点が定まることなく、常に変動するものとなると考えられます。

Sub-Inspector Rooplal対Lt Governor Through Secretary of Delhi事件では、最高裁判所は、審判所が最高裁の下した先例を覆し、最高裁の先例により既に明示されている見解に異論を唱え、最高裁に関して不適切な陳述を記録したことについて、不満の意を表しました。過去の判決に不安がある場合には、その問題を高等裁判所に付託することにより解決すべきです。

先例に従うことは安定につながります。法律の分野においては、不動産や財産権に関する法律ほど、安定性と必要する分野はありません。不動産は時間と資金を投入する必要があり、個人、家族および会社の豊かさの大きな部分を占めます。買主がそのような時間と資金を投入する前に、法的な安定性が必要となります。不動産取引に法的な安定性がない場合、社会の安定性が危うくなると示唆することは、決して大げさではありません。

先例拘束性の原理は、司法判断の不可欠な要素であり、裁判官は、支持すると誓ったこの規律を常に念頭に置く必要があります。

Pratik Ghoseは、HSA Advocatesのパートナーであり、Avishek Roy Chowdhuryは、シニアアソシエイトです。

HSA Advocates

HSA Advocates

81/1, Adchini

Sri Aurobindo Marg

New Delhi – 110 017
India

Construction House 5/F Walchand Hirachand Marg

Ballard Estate

Mumbai – 400 001
India

連絡先の詳細:

電話: +91 11 6638 7000 / +91 22 4340 0400

Eメール: mail@hsalegal.com
www.hsalegal.com