暗号通貨規制の比較 – タイ

    By Jason Corbett and Koraphot Jirachocksubsin, Silk Legal
    0
    51

    アジアの管轄区域は、仮想通貨に関する法的枠組みの開発に慎重でしたが、不安定な市場と絶え間ない暗号の進化により、規制当局は迅速に行動するようになっています。


    インド

    台湾

    タイ

     

    イの暗号通貨とデジタル資産への関心は、2021年前半の強い強気サイクルのために大幅に急増しました。市場は2021年5月中旬から縮小を経験しましたが、今後の投資クラスに対するタイの新たな関心を弱めることはほとんどありませんでした。これにより、規制当局は法的な曖昧さに対処し、投資家を保護する方法を綿密に検討するようになりました。

    Jason Corbett
    Jason Corbett
    バンコクの Silk Legal のマネージングパートナー
    Tel: +662 107 2007
    Email: jason@silklegal.com

    タイは、特に暗号通貨とデジタル資産に対処する法律を発行したアジアで最初の管轄区域の1つでした。2018年5月に施行されたデジタル資産法は、デジタル資産の提供およびデジタル資産に関連するその他の事業活動を規制する主要な法律となりました。特に、この法律は、国内でイニシャルコインオファリング(ICO)を実施しようとしている人は、最初に証券取引委員会(SEC)に登録する必要があると述べています。そして、ICOは、SEC承認のICOポータルを介して保持する必要があります。これは、デジタルトークンの提供を促進する電子システムプロバイダーであり、トークンのデューデリジェンスと発行者の資格を実行する責任があり、関係する文書の完全性と正確性を確保し、潜在的な投資家にも同じことを保証します。この法律はまた、さまざまな種類のデジタル資産の明確な定義と、取引所、ブローカー、ディーラーが国内で合法的に運営するためのさまざまなライセンス要件を提供します。

    もちろん、暗号通貨とデジタル資産を取り巻く規制は2018年以降進化しており、他の規制機関、つまりタイ銀行(BoT)は、それらの管理方法により多くの関心を寄せています。それにもかかわらず、あいまいさは依然として存在し、規制当局は、複雑さに効果的に対処する枠組みを開発中です。

    質問。暗号通貨に投資しようとしているタイの企業や個人にとっての主な懸念は何ですか?

    回答。タイは、ローカル市場でいくつかのプレーヤー、すなわち暗号交換Bitkubの出現を見てきました。これは、暗号投資への関心の高まりにより、従来の銀行と同じように、大多数の顧客に同時にサービスを提供できる必要があるように、新しい顧客を積み入れる前に容量を増やすようにBoTから命令されました。それにもかかわらず、規制の曖昧さや障害に関する課題はまだたくさんあります。

    この例としては、2021年5月にタイのマネーロンダリング防止局(AMLO)が提案した、新しいKYC(Know Your Customer)要件の導入があります。これにより、デジタル取引所はオンラインアカウントの作成プロセスを停止し、対面のみの設定に移行するようになります。潜在的な顧客は、スマートチップを含むタイの国民IDカードを使用して個人情報を確認する必要があり、チップクレジットカードの読み取りに使用されるマシンと同様に、スマートカードリーダーを使用して確認するために直接出頭する必要があります。

    新しい要件は、マネーロンダリングや詐欺の事例を軽減することを目的としていますが、デジタル取引所やそのサービスを利用しようとしている人々にとっては、さらなるハードルが生まれます。   バンコクに物理的にいない人、またはパスポートに同じチップが含まれていない外国人が、どのようにして口座を作成したり、取引を行ったりできるのかという疑問が生じます。

    検討する価値のあるもう1つの要件は、トークン発行者が投資家とその取引のリストを含まなければならない広範なデータ管理レポートを毎日提出することを義務付けるSECからの要件です。この背後にある理論的根拠は、購入者の事業活動を監視し、発生する悪意のある活動の可能性を軽減することです。ただし、これは、これらの要件に準拠するために大量のリソースを割り当てる必要があるため、多くのトークン発行者および潜在的な交換ホストにとって不利になる可能性があります。

    外国人居住者にとって特に懸念されるのは、国外への資金の移動に関してBoTによって課せられた制限です。暗号通貨の資金は、法定通貨のオフランプ(暗号市場から出る手段)としてタイのより大きな取引所の1つに持ち込むことができますが、国外への大量の本国送金または送金は、BoTによって厳しく制限されています。そして、所有者は、発生する関税と税金に加えて、銀行からの承認を求める必要があります。

    Koraphot Jirachocksubsin
    Koraphot Jirachocksubsin
    バンコクの Silk Legal のシニアアソシエイト
    Tel: +662 107 2007
    Email: koraphot@silklegal.com

    質問。非代替トークン(NFT)と呼ばれるデジタル資産は、デジタルアートワークの売買でますます人気が高まっています。NFTを規制するタイのアプローチについてどう思いますか?

    回答。NFTは、人々が一般的に暗号通貨に関連付けるものとは少し異なります。これらは、特異のデジタルアイテムの所有権を表す特異のタイプの暗号化トークンです。各トークンには、他のデジタルファイルと同じように交換することを不可能にし、かけがえのないものにする個別の情報または属性のセットが含まれています。対照的に、標準の暗号通貨はほとんどのデジタルトークンと交換して取引するのは簡単です。NFTには、アートワークやその他の資産など、さまざまな形式があり、金融商品と同じ方法で取引できます。

    NFTは世界中で人気が高まっており、タイも例外ではありません。NFTを取り巻く特定の規制は存在しませんが、タイの規制当局は、特に所有権、知的財産権、およびロイヤルティへのアクセスに関して、NFTの所有者に付与される権利の影響を調査しています。その目新しさを考えると、現在、ガバナンスを取り巻く法的枠組みは存在せず、NFTを証券と見なすべきか知的財産と見なすべきかについての法的議論が現在進行中です。

    それにもかかわらず、資産担保トークン、特に不動産担保トークンを取り巻く規制の存在は、これらも財産と見なされていることを考えると、NFTが将来どのように扱われるかを説明している可能性があります。

    2018年のデジタル資産に関する緊急法令では、不動産担保のトークンは投資トークンと見なされ、SECの監督下にあります。つまり、不動産担保トークンの発行者は、ICOがデジタルプロジェクトに資金を提供するために使用されるのと同じ方法で、ICOは不動産の開発に資金を提供するために使用されることは出来ないにも関わらず、通常のコイン発行者と同じ要件の多くを満たす必要があります。規制当局がこれらのデジタル資産をどのように扱うかはまだ分かりません。

    質問。タイの暗号通貨を取り巻く今後の規制の進展は何で、そして投資家は何を知っておくべきですか?

    回答。BoTとSECは現在、暗号通貨取引からのキャピタルゲインに関する規制を起草しています。これらは、特定の各取引の価値に基づいて現在計算されている税金に影響を与えるため、市場参加者にとって興味深いものになる可能性があります。BoTは最近、ステーブルコイン(価格が予備資産に固定されている暗号通貨)、特に2017年の決済システム法の下で電子マネーとして分類されているタイバーツで裏付けされたステーブルコインを含む金融サービスを規制するためのガイドラインを発行しました。この発行は、BoTによって発行された中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する今後の規制を見越して行われました。

    これに加えて、BoTは、詐欺やその他の悪意のある活動を取り巻く問題を防ぐために、CBDCに固有の新しいKYCマニュアルを発行する場合もあります。一方、資産担保ステーブルコインやアルゴリズムステーブルコインなど、中央銀行が発行しないステーブルコインについては、現在、利害関係者の間で議論されています。

    トークンの発行者と投資家は同様に、会計基準を取り巻く予想される規制と、金融の文脈で暗号通貨がどのように扱われるかに注意する必要があります。今後の規制の精神についてはまだ発表されていませんが、暗号通貨は資産として扱われ、他の資産と同じ評価方法の対象となることが予想されます。

    5月30日のSECの発表は、Bitkubが運営するDeFiイールドファーミングプラットフォームTuktuk Financeの立ち上げに対応して、分散型ファイナンス(DeFi)に関与するトークン発行者のライセンス要件の可能性を示唆しました。他のトークン発行者と同様に、SECは、DeFiに関連するデジタルトークンの発行は、特に情報の開示とライセンスされたポータルを介した提供に関して、2018年のデジタル資産法の要件に準拠する必要があることを義務付けています。

    規制当局は、分散型システムとしてのDeFiが実際にどのように機能するかを誤解しているようです。取引の検証を含む主要なプロトコルは、取引に関連するプロセスの多くを自動化するDeFiプラットフォームで事前にコード化されたスマートコントラクトによって管理されます。DeFiに関する規制はまだ策定されていませんが、規制できるのはテクノロジーの唯一の部分であるため、規制当局は法定紙幣のオンランプとオフランプの監視を検討することが予想されます。

    それでも、全体的な規制を作成するには、規制当局が、投資家を保護し、彼らの需要をサポートしながら、業界の成長を妨げることがない形式のデジタル取引と仮想資産を促進する際の柔軟性の必要性を念頭に置く必要があります。デジタル資産とそれに関連する取引については、さまざまな管轄区域で多数のガイドラインが作成されていますが、DeFiの完全な分散型の性質は、タイの規制当局だけでなく世界中の規制当局にとって課題となるでしょう。

    Jason Corbett, バンコクの Silk Legal のマネージングパートナー
    Koraphot Jirachocksubsin、バンコクの Silk Legal のシニアアソシエイト

    silk legal

    Silk Legal

    RSU Tower 8th Floor, Suite 805

    571 Sukhumvit Road (Soi 31)

    North Klongton, Watthana

    Bangkok — 10110, Thailand

    Contact details

    Email: info@silklegal.com

    www.silklegal.com