キャッチフレーズの所有者は裁判所が決定

By Manisha Singh and Simran Bhullar, LexOrbis
0
166

ュースキャスターのArnab Goswami の有名なキャッチフレーズであるNation Wants To Knowと、彼の以前のプログラムのタイトルであるThe Newshourは、Bennett Coleman&Co Ltd 対 Arg Outlier Media Pvt Ltd&Orsの事例でデリー高等裁判所で審議されました。Goswamiが2016年に辞任したニュースチャンネルTimes Nowの所有者および運営者である原告は、彼に対する暫定的差止命令を求めました。原告は、「Newshour」および「Nation Wants To Know」の商標に関して、被告会社ARG Outlier MediaおよびそのニュースチャンネルであるRepublic TVに対して恒久的な差し止め命令を求めました。

Manisha Singh,LexOrbis
Manisha Singh
パートナーで
LexOrbis

プログラムのタイトルは、派生語およびラベルマークとともに、2006年のユーザークレームで、2014年にクラス16,35,38で商標として登録されました。クラス9および41では登録が保留中です。

原告は、編集チームとマーケティングチームが、Nation Wants to Knowというキャッチフレーズを作成し、これにより、プログラムが普及し、視聴者はそれらを関連付けることができると主張しました。これに基づいて、原告は、2006年から使用が提案されているクラス38および41のキャッチフレーズのテキストおよびロゴの商標登録を申請しました。彼らは、獲得した独自性のために、商標に対する独占的所有権を強く主張しました。彼らは、元Times Nowの編集長であったGoswamiが、Times Nowでの在職中に生み出された人気から得た商標を使用していたと主張しました。これは、彼の雇用契約の条件と矛盾していました。Goswamiは2017年にRepublic TVを立ち上げました。同年にクラス38で使用することが提案されているように、Nation Wants to Know、Arnab Goswami Newshour、Goswami Newshour Sundayなどの異議の申し立てのある商標について、2016年からユーザーの主張で商標出願を行っていました。

原告は、雇用契約違反および原告の機密データと専有コンテンツの不正流用について、Goswamiに対して同じ裁判所で進行中の訴訟を起こしています。その件の証拠は、被告がその契約の条件に従うことに同意したことを主張し、彼の在職中に作成された知的財産は原告に属すると主張しています。

被告は、原告は被告が彼らの新しい事業で商標を使用したいと思っていることを知っていたと主張しました。The Newshourは一般的な言葉で、さまざまなニュースチャンネルが番組に使用していました。彼らは、独自性の欠如のために商標登録の有効性に異議を唱えました。Goswamiは、プログラムでNation Wants to Knowというフレーズを頻繁に使用したため、彼の代名詞になりました。原告は所有権を主張することはできませんでした。原告はキャッチフレーズの登録所有者ではなく、キャッチフレーズとの関連を主張することはできませんでした。

Simran Bhullar,LexOrbis
Simran Bhullar
アソシエイトです
LexOrbis

裁判所は、現在の訴訟は商標権の侵害に基づいており、詐称通用に対する救済を求めたのに対し、既存の訴訟は知的財産権の侵害に関連していると述べて、2つの訴訟を区別しました。裁判所は、原告は商標「Newshour]は誰もが認める所有者であると判示しました。登録当局がそれに反対しなかったので、商標は一般的でも普通でもありませんでした。被告が接頭辞と接尾辞を付けてそれを使用したかったという事実は、人を欺くような類似性と原告の登録商標の侵害を暗示していました。

キャッチフレーズNation wants to Knowの使用に関する原告の商標出願は、それが使用されることを提案されていたことを示唆しており、出願は後で修正されましたが、これは関連性がありました。被告とキャッチフレーズとの関連を示すインターネットのスクリーンショットは、検証なしには受け入れられませんでした。当事者は証拠を提出していなかったため、キャッチフレーズの最初のユーザーが誰であるかは不明でした。したがって、裁判所は、被告が視聴者を欺いたり、原告に損失を与えたりしていると結論付けることはできませんでした。

したがって、キャッチフレーズが一般的なスピーチとして使用されたという被告の主張は成功しました。原告はまた、一般的なスピーチで被告がキャッチフレーズを使用することに同意しました。しかし、商標登録は争われており、まだ決定されていません。

証拠が不足しているため、裁判所は被告が商標Newshourを使用することを制限しましたが、一般的なスピーチでNation Wants To knowというフレーズを使用することを許可しました。この事例は、キャッチフレーズが知的財産権侵害訴訟の対象となる興味深い例です。最終的な評決だけが、キャッチフレーズの正当な所有者が誰であるかを明らかにするでしょう。

LexOrbis Manisha Singhはパートナーで、Simran Bhullarはアソシエイトです。

LexOrbis logo

LexOrbis
709/710 Tolstoy House
15-17 Tolstoy Marg
New Delhi – 110 001
India

 

Mumbai | Bengaluru

 

Contact details
Tel: +91 11 2371 6565
Fax: +91 11 2371 6556
Email: mail@lexorbis.com
Website: www.lexorbis.com