権利の行使には著作権登録は必須ではない

By Aprajita Nigam and Smrita Sinha, LexOrbis
0
310

著作権は、作品が作成されるとすぐに存在するという点で独特です。それはベルン条約の自動保護原則に祀られており、条約のメンバーとして、インドはその原則を認めています。1957年の著作権法の第45条は、著作権登録簿への記入を扱っており、mayという単語を使用しています。これは、登録が必須ではないことを示しています。しかし、執行に関しては、裁判所は一貫性のない判決を下しました。

Aprajita Nigam, Managing associate, LexOrbis
Aprajita Nigam
Managing associate
LexOrbis

Sanjay Soya PvtLtd 対 Narayani Trading Companyの最近の事例では、ボンベイ高等裁判所は、施行を利用可能にするために著作権の登録は必須ではないとの判決を下しました。裁判所は、同じ高等裁判所であるDhiraj Dharamdas Dewani 対 Sonal Info Systems PvtLtdなどの2012年の判決がインキュリアムごとに(ケアの欠如による)決定されたと判断しました。Sanjay Soyaでの紛争はラベルマークに関係していたため、著作権法の検討が含まれていました。

被告は、著作権を確立するための文書が必要であると主張しました。被告は、救済を請求するために著作権登録が必須であるというDhirajの決定に依存しました。Dhirajの裁判官は、登録がなければ、侵害者は既存の作業を知ることができないと述べました。

Sanjay Soyaの裁判所は、Dhiraj判決が、その点について前例がないと誤って述べていたと認めました。Burroughs Wellcome(India)Ltd 対 Uni-Sole PvtLtd他、およびAsianPaints(I)Ltd 対 M / s Jaikishan Paints&Allied Productsを含む4つの以前の判決が、Dhirajの単一の裁判官を拘束していました。裁判所は、裁判官が決定に同意しなかった場合、法の問題を決定するために、より大きな法廷に事件を照会すべきであると述べました。これに関して、裁判所は次のように述べています。「後の決定に気付かず、または前の拘束力のある決定を無視して行われた場合、後の決定は、ケアの欠如によるために保留されなければならず、良い法律ではない。したがって、これは必然的に、Dhiraj Dewaniの決定の運命であるに違いない。」裁判所はまた、AsianPaintsがBurroughsWellcomeに続くと、判例はより強力になったと述べました。

Smrita Sinha, Associate, LexOrbis
Smrita Sinha
Associate
LexOrbis

裁判所はまた、著作権法および商標法についての彼の理解について、Dhiraj の裁判官と意見が一致しませんでした。商標登録は登録所有者に侵害を訴える権利である特別な権利を与えるが、著作権法はそのような要件を要求せず、事前登録なしに著作権の最初の所有者に一連の権利と特権を提供すると述べました。裁判所は、1999年の商標法の第27条とは異なり、著作権法には、侵害の訴訟が取られる前に登録を要求する規定がないことを認めました。

裁判所はまた、合同委員会によって却下された登録を義務化するという1955年の著作権法案の提案に言及しました。裁判所は、著作権法の第51条自体は登録を必要とせず、第45条(1)とともに読む必要があると述べました。著作権の根底にある原則は、他の誰かの作品の独創性を主張することはできないということです。共同所有や同時使用などの概念が存在する商標法とは異なり、独創性は著作権の本質です。2組の法律は異なる理由で進められます。

裁判所は、著作権の性質を分析し、最初の表現に報いると述べました。著作権は、表現と実現における独創性、労力、技能に重点を置いています。裁判所は、登録作成者がいない場合、彼らの作品がオリジナルであるかどうか疑わしいというDhirajの見解に同意しませんでした。偽造者や盗作者は、彼らの違法行為をよく知っています。

裁判所は、ベルン条約、知的所有権の貿易関連側面に関する協定(TRIPS)、そして、著作権の登録は必須ではないことを強調するための Engineering Analysis Centre of Excellence Pvt Ltd Commissioner of Income Tax & anrの最近の決定に依存しました。

したがって、裁判所は自動著作権の原則を支持し、執行を利用可能にするために登録は必要ないと結論付けました。

LexOrbis logo

LexOrbis

709/710 Tolstoy House

15-17 Tolstoy Marg

New Delhi – 110 001

India

 

Mumbai | Bengaluru

 

Contact details
Tel: +91 11 2371 6565
Fax: +91 11 2371 6556
Email: mail@lexorbis.com

www.lexorbis.com