最大規模の企業でも広告で誤解を招くことはできない

By Ashima Obhan そしてAastha Srivastava、Obhan & Associates
0
67
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

2006年に Baba RamdevとAcharya Balkrishnaによって設立された Patanjali Ayurved(Patanjaliと称す)は、世界的に展開するインドの消費財複合企業です。Ayurvedicの医薬品、化粧品から食品に至るまで、幅広い製品を生産しています。最近、Patanjaliは、自社製品の薬効を宣伝するために誤解を招く広告を行ったとして最高裁判所から制裁を受け、注目を集めています。

Ashima Obhan
Ashima Obhan
シニアパートナー
Obhan & Associates

2022年8月、インド医師会(原告)は、Patanjaliが発表したアロパシー医学を批判する広告に起因する陳情書を提出しました。原告は、PatanjaliとBaba Ramdevが広告と記者会見を通じて、Patanjaliの製品が糖尿病、心臓病、高血圧または低血圧、肥満、喘息などの疾病の永久的な治療を提供できるという根拠のない主張をしたと主張しました。原告はさらに、 Patanjaliの広告は医学を毀損しただけでなく、1954年の医薬品および魔法治療(不快な広告)法(DOMA)および2019年の消費者保護法(CPA)にも違反していると主張しました。2023年11月の命令に従い、Patanjaliは、自社製品に関連する如何なる広告またはブランドに関する法律に違反せず、薬効を主張したり医療体系に反対したりするような軽率な主張を公表または行わないことを約束しました。

2024年2月、原告は、この約束と命令にもかかわらず、PatanjaliとBaba Ramdevは市場で自社製品に関して誤った主張と不当表示を続けたと言いました。彼らはそれらの製品を、DOMAの付則およびそれに基づく規則に具体的に記載された多くの疾病の永久的な解決策であると説明しました。その結果、最高裁判所は、DOMAとその規則で明示された疾病、障害、症状を治すと主張するPatanjaliの広告掲載を差し止め、PatanjaliとBalakrishnaに対する侮辱罪の訴訟を開始すべきでない理由を示す通知を発布しました。

Aastha Srivastava
Aastha Srivastava
弁護士
Obhan & Associates

CPAでは、誤解を招く広告とは、製品やサービスについて虚偽の説明をしたり、虚偽の保証をしたり、性質、内容、数量、品質に関して消費者を誤解させる可能性のある広告、または不公正な取引慣行に該当する明示的または黙示的な表現を伝えたり、重要な情報を故意に隠したりする広告と定義されています。CPAは、消費者の権利の侵害、不公正な取引慣行、および一般大衆や消費者全体の利益を害する虚偽または誤解を招く広告に関する事項を規制する機関として中央消費者保護局を指定しています。CPAはまた、虚偽または誤解を招く広告に対して、最長5年の懲役および最高500万インドルピー(60,000米ドル)の罰金という厳格な罰則を課しています。

一方、DOMAは、医薬品の真の性質について誤った印象を与えたり、虚偽の主張をしたり、その他重大な方法で欺瞞的または誤解を招く場合には、医薬品関連の広告の掲載を禁止しています。DOMAに違反すると、最長1年の懲役、罰金、またはその両方が科せられる可能性があります。2022年の「誤認広告の防止および誤認広告の保証のためのガイドライン」は、根拠のない主張、誇張された保証、誤報、虚偽の主張によって消費者が誤解することを防ぐことも目的としています。

誤解を招く主張や広告を扱うその他の法律には、1940年の医薬品および化粧品法、2006年の食品安全基準法、1988年のインド標準規格局(認証)規則、1995年のケーブルテレビネットワーク(規制)法に基づく広告規約、および1978年の報道評議会法などがあります。

こうした法律は虚偽の広告や誤解を招く広告と戦うために制定されてきましたが、CPAだけが、消費者がそうした広告に対して、被害や損失に対する補償を含めて救済を求める権限を与えています。これには、誤解を招く広告に対する中止命令、再発行の差し止め命令、損害賠償、懲罰的措置、訴訟費用、広告修正命令などが含まれます。この規定は、誤解を招く広告に対する抑止力としてのかなりの潜在性を秘めてますが、こうした慣行との戦いにおいては十分に活用されていないように思われます。おそらくこの事件が最終的に決定されると、状況は変わるでしょう。

Ashima ObhanはObhan & Associatesのシニアパートナー、Aastha Srivastavaは所属弁護士です。

Obhan and AssociatesObhan & Associates
Advocates and Patent Agents
N – 94, Second Floor Panchsheel Park
New Delhi 110017, India
連絡先の詳細:
Ashima Obhan
電話: +91 98 1104 3532
電子メール: email@obhans.com | ashima@obhans.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link