事実をすべて明らかにすることが透明性の鍵

By Sawant Singh そして Aditya Bhargava、Phoenix Legal
0
69
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

インド準備銀行(RBI)は、借り手がローンを組む際に支払わなければならないすべての手数料が適切に開示されておらず、支払わなければならない利率に関する透明性が乏しいことを、長い間、懸念してきました。この状況に対処するためにRBIが取った最初の措置は、ローンの処理時およびローンの条件が変更されるたびに、すべての個々の借り手に対して1ページの重要事実声明書(KFS)とファクトシートを所定の形式で提供することを、銀行に要請することでした。この要請は、2022年4月にすべてのマイクロファイナンス機関に拡大され、2022年9月には、デジタルメカニズムを通じて融資を行うすべての銀行および非銀行系金融機関に拡大されました。

Sawant Singh, Phoenix Legal
Sawant Singh
パートナー
Phoenix Legal

不十分な開示の可能性を排除し、規制逃れを最小限に抑えるために、RBIは2024年2月の開発および規制政策の声明で、すべての規制対象事業体(RE)にこの要請を拡大し、すべての小売借り手と中小零細企業(MSME)への融資に対して、KFSを提出しなければならないという意向を示唆しました。同声明では、「融資契約の条件に関する重要な情報は、借り手が情報に基づいて決定を下す上で大きな利益となる」と説明されています。2024年4月15日、RBIは、RBIの規制対象となるすべての事業体に対して、小売融資とMSMEへの融資についてKFSを提出するよう要請する指示を出しました。

重要事実という用語は、借り手が情報に基づいた財務上の決定を行うために求められる基本情報を提供する、REと借り手、またはREグループと借り手との間の融資契約の「法的に重要かつ決定的な」事実として定義しています。KFSは、標準化された形式で借り手に提供される「簡単で理解しやすい言語」で書かれた融資契約の重要事実の声明として、定義されています。2024年4月の指示では、さらに年率という用語を、金利や融資に関連して支払うべきその他のすべての料金を含む、借り手が払う年間融資コストとして定義しています。均等定期分割返済または EPI という新しい用語が 2024 年4月の指示によって導入され、定期的にローン返済のために借り手が支払う、元金と利息の両方の部分からなる均等額または固定額の返済で、このような間隔を一定回数繰り返すと、ローンが完全に償還されるものとして定義されます。EPIが毎月支払われる場合、毎月均等分割返済またはEMIと言います。

Aditya Bhargava, Phoenix Legal
Aditya Bhargava
パートナー
Phoenix Legal

すべてのREは、ローン契約を締結する前に情報に基づいた見解を得られるように、すべての見込み借り手にKFSを提供することが求められます。KFSは、2024年4月の指示で規定された標準形式で提供される必要があります。KFSは借り手の言語で記述し、借り手に説明する必要があります。REは、説明されたKFSの内容を理解したという借り手からの承認も取る必要があります。KFSにはまた、年率の計算とローン償還スケジュールを含める必要があります。これらは、2024年4月の指示で規定された標準形式で記載する必要があります。

すべてのKFSには固有の提案番号がなければなりません。KFSの有効期間は、満期が7日以上のローンの場合は少なくとも3営業日、満期が7日未満のローンの場合は1営業日である必要があります。2024年4月の指示では、「有効期間」という表現は、借り手がローンの条件を承諾または同意するまでの期間と定義しています。借り手がこの設定された期間内に承諾を表明した場合、KFSの条件はREに対して拘束力を持つことになります。

2024年4月の指示では、その目的は「様々な規制対象事業体によって提供される金融商品に関する透明性を高め、情報の非対称性を減らして、借り手が情報に基づいて金融上の決定を下すことができるようにすること」であると説明されています。

こうした情報開示を行うための標準形式を提供することで、借り手がローンの実際の費用を計算し、ローンを組むべきかどうかを決定することを、より容易かつ透明なものにします。こうした規制の動きは称賛に値します。借り手が金融商品を比較できるようにし、こうした商品に対する信頼を与えることで、金融市場に対する信頼が促進され、業界の成長が可能になります。

Sawant SinghとAditya Bhargavaは、Phoenix Legalのパートナーです。

resolutionPhoenix Legal
Second Floor 254, Okhla Industrial
Estate Phase III
New Delhi – 110 020 India
Vaswani Mansion, 3/F
120 Dinshaw Vachha Road, Churchgate
Mumbai – 400 020 India
連絡先の詳細:
電話: +91 11 4983 0000
+91 22 4340 8500
電子メール: delhi@phoenixlegal.in
mumbai@phoenixlegal.in

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link