カーボンニュートラル政策の比較 – インド

    0
    357

    中国

    インド

    インドネシア

    日本

     

    単なるグローバルな流行語から現実のものとなるためには、カーボンニュートラルには、世界中のさまざまなレベルのすべての分野にわたる包括的な戦略と協調的な行動が必要です。このような行動の重要性は、グラスゴー(Glasgow)で開催されたCoP26気候変動会議でのジョーバイデン(Joe Biden)米国大統領の声明から理解できます。

    Manisha-Singh,-Partner,-LexOrbis
    Manisha Singh
    ニューデリーの Lex Orbis 創設者パートナー
    T: +91 98111 61518
    E: manisha@lexorbis.com

    「この瞬間をとらえなければ、これからの最悪の事態から逃れることはできない。」
    カーボンニュートラル、つまり正味ゼロ排出量とは、人為的温室効果ガス排出量と人為的除去または温室効果ガスの相殺とのバランスを取り、正味の効果がゼロ排出量になるようにすることを指します。簡単に言えば、これには2つの異なるアプローチが必要です。1つは、よりクリーンで環境に優しい効率的な技術を採用することによる排出量の削減に焦点を当て、もう1つは、炭素吸収源を作成することによって排出される温室効果ガスを除去することです。

    産業革命以前のレベルと比較して地球温暖化を摂氏1.5度に制限することを目的とするパリ協定に署名したインドは、CoP26会議で2070年までに正味ゼロの炭素排出量を達成するという野心的な誓約をしました。ネットゼロになるには、さまざまな分野やさまざまなレベルで多大な努力が必要になります。しかし、そのような目標を設定することは、世界で2番目に人口の多い開発途上国に必要な経済成長を無視することなく、具体的かつ効果的な方法を採用することによって、カーボンニュートラルを準備し達成するための時間の必要性です。

    気候変動に関する政府間パネル(IPCC)からの報告によると、人間の活動は、産業革命以前の時代からすでに地球を摂氏1度まで暖めています。インドは常に気候変動の課題に取り組むことを約束しており、20年以上にわたってそれを国家の重要な優先事項と見なしてきました。国は2008年に気候変動に関する国家行動計画(NAPCC)を開始し、持続可能な開発に焦点を当てるために8つの異なる国家ミッションがさまざまな分野で広がっています。

    Pradeep Kumar Kamal
    ニューデリーの Lex Orbis マネージングアソシエイト
    T: +91 9889003585
    E: pradeep.kumar@lexorbis.com

    さまざまな使命の下での多数の行動とプログラムは二酸化炭素排出量を軽減および中和するために開始されました。その中には、太陽エネルギー、風力エネルギー、グリーンエネルギー回廊プロジェクト、国際ソーラーアライアンス、電化製品のエネルギー効率基準、省エネビルディングコード、燃料消費基準、全国スマートグリッドミッション、エネルギー効率の高い経済開発の枠組み、エネルギー効率融資プラットフォーム、全国植林プログラム、 国のクリーンエアプログラム、気候変動行動プログラム、スマートシティミッション、バイオ燃料に関する国の政策、燃料効率基準、国の電気モビリティミッション計画、インドでの(ハイブリッドおよび)電気自動車のより迅速な採用と製造、鉄鋼スクラップ リサイクル政策、および国家グリーン法廷の設立があります。

    これらのミッション、ポリシー、プログラムはすべて、さまざまな省庁を通じて実施され、環境森林気候変動省によって調整されています。新たな気候変動の現実を踏まえ、連邦政府は、適応、緩和、能力開発に必要な行動を強化することに焦点を当ててきました。そして、すべての国家ミッションの絶え間ない見直しのために、気候変動に関する首相評議会と執行評議会を構成するような新しいイニシアチブを計画し、立ち上げています。

    インドの気候変動に対する責任とコミットメントは、インド企業の意識的な行動に明らかに反映されています。政府は国が決定する貢献(NDC)を提出する前でさえ、多くのインド企業はカーボンニュートラルを達成するための措置と戦略を採用することを約束しました。他の多くの企業は、2050 Pathways Platform、Climate Neutral Now、RE100、EP100、EV100と同期して、二酸化炭素排出量の影響を最小限に抑え、軽減し、他の企業が従うべきモデルを考案しています。

    インドは温室効果ガスの4番目に大きな排出国として予測されています。ただし、一人当たりの温室効果ガス排出量を考慮すると、インドは134位であることを理解することも同様に重要です。他のすべての事実、特に過去1世紀の経済発展中に各国が排出した温室効果ガスを無視しているため、この予測には根拠がないようです。

    1870年から2019年まで、世界の温室効果ガス総排出量に対するインドの貢献は4%未満でした。現在でも、世界人口の17%を占めるにもかかわらず、インドは世界の排出量の7%しか排出していません。インドは人口が非常に多いため、1人あたり2.5MT(メートルトン)のCO2を排出しました。これは、2018年の温室効果ガスの他の主要な排出者よりも少ない量です。米国、ロシア、中国からの温室効果ガスの排出量は、それぞれ18.4MT、17.6MT、8.9MTでした。

    NDCの一部として、インドには3つの目標があります。(1)GDPの排出原単位を2005年のレベルから2030年までに33-35%削減する。 (2)2030年までに非化石燃料ベースのエネルギー資源から約40%の累積電力設備容量を達成する。 (3)2030年までに、追加の森林と樹木被覆により、25〜30億トンのCO2に相当する追加の炭素吸収源を作り出します。

    インド政府はグラスゴーのCoP26でこれらの目標を修正し、ナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相はNDCの目標を達成するための5つの戦略を宣言しました。これらの5つのポイントは次のとおりです。(1)2030年までに500GWの非化石エネルギー容量を達成する。 (2)2030年までに再生可能エネルギー源から国のエネルギー要件の50%を満たす。 (3)2030年までに予測される総炭素排出量を10億トン削減する。 (4)2030年までに経済の炭素強度を45%未満削減する。 (5)インドはカーボンニュートラルになり、2070年までに正味ゼロの排出量を達成するでしょう。
    環境の専門家は、インドが排出量を削減し、2070年までにネットゼロの目標を達成するために他の国よりも多くのことを行っていると信じており、インドのNDCを「実際の気候変動対策」と見なしています。専門家は、新しいNDCによると、インドは2030年までに摂氏1.5度の残りのIPCC 400Gt(ギガトン)炭素収支の9%、この10年間の世界排出量の8.4%、1870年から2030年までの世界排出量の4.2%を占めると考えています。

    エネルギー部門からの炭素排出量が大幅に削減されない限り、インドのような発展途上国の経済発展と低炭素経済を考えることは非現実的です。インドは、将来を目指し、気候変動の目標に準拠するために、エネルギーシステムに大規模な変革を選択しました。エネルギーは多様な形態の開発活動の原動力であり、インドの炭素排出量のほぼ4分の3はエネルギー部門からのものです。CO2排出のない再生可能エネルギー源を使用したエネルギー生産に焦点を合わせ、2030年までに再生可能資源からのエネルギーの50%を目標とすることは重要なステップです。

    持続可能な開発を伴うこの方向へのインドの意識的かつ継続的な取り組みは、さまざまな制定法にも表れています。たとえば、2001年の省エネ法は、省エネによるエネルギー安全保障を対象としていました。そして、2005年の国家電力政策であるエネルギー効率局の設立は、非従来型の電力源からの電力のシェアを増やすことと、補償的植林基金法を目的としていました。これらはすべて、気候変動のより広い目標を達成することを目的としています。

    推定によると、インドでは2030年に2兆5,180億ユニットの電力が必要になります。再生可能エネルギーからのエネルギー要件の50%を満たすために、インドはその容量を700GWに増やす必要があります。予測によると、再生可能エネルギーの大部分は太陽光発電から供給されます。

    2030年に予測されるCO2排出量から1Gtを削減することを目標にすると、インドの1人あたりのCO2排出量の予測は、IPCCが推奨する2030年の世界のCO2排出量制限である18.22Gtによる1人あたりのCO2排出量の寄与と調和します。

    炭素強度を45%削減するために、インドは運輸部門とエネルギー集約型産業部門からの排出量を削減するための強化された措置を講じる必要があります。セクター間での石炭と原油の使用を大幅に削減し、太陽光や水素などのよりクリーンで効率的な代替品に置き換える必要があります。他の分野で増加する温室効果ガス排出量を中和するための適切な対策を講じることも同様に重要です。

    圧縮点火エンジンからの大気汚染物質の排出を規制するための厳格なバーラト(Bharat)段階の排出基準、およびインドでのハイブリッド車と電気自動車のより迅速な採用と製造は、そのような取り組みの例です。農業、土地利用、土地利用の変化、林業、廃棄物は、対処する必要のある他の分野です。

    インドがより環境に配慮した効率的な技術の価格設定など、そのような技術を大規模に採用する際の障壁として常に機能するような、困難なネットゼロ目標を達成できるように、いくつかの問題に真剣に取り組む必要があります。石炭から再生可能エネルギー源への移行に関係する地政学的および社会経済的要因、および代替エネルギー源と技術の採用に関連するトレードオフは、検討を必要とする他の要因です。

    さらに、インドは、効率的な気候ガバナンス、およびさまざまな分野間の強力な制度的および公的参加と調整に基づいて構築し、最終的にすべての人々にとってクリーンで手頃な開発を実現する必要があります。

    インドのネットゼロエネルギーシステムを達成することは技術的に実現可能な目標ですが、この目標を達成するための移行は困難です。国はすでに必要な変革を採用するために迅速に行動していますが、本質的には、人々の生活、資源、特にエネルギー資源の使用と管理の方法を変更し、人間の介入のすべての分野にわたって意識的かつ継続的な努力を投資する必要があります。

    LexOrbis
    709-710 Tolstoy House
    15-17 Tolstoy Marg
    New Delhi – 110001, India
    Tel: +91 11 2371 6565
    Email: mail@lexorbis.com
    www.lexorbis.com