JERAのフィリピンでの取引に立ちはだかる厄介な規制手続き 

0
752
electricity power

フィリピンの再生可能エネルギープロバイダーであるAboitiz Powerへの出資について、日本のJERAに助言を行う主要な弁護士は、この取引を利用して、新しい分野に乗り込む国々の熱意と同時に、残念ながらこの地域において、数多くの同様のプロジェクトが長引いている理由に、複雑な規制に関する形式的な手続きの存在があることを説明しました。

King & SpaldingのパートナーであるSimon Cowled氏は、これらの地域の規制の枠組みは、進めていくほどに複雑になる可能性があると語っています。同氏の事務所は、日本最大の電力生産者であるJERAに、フィリピン証券取引所に上場しているコングロマリット Aboitiz Equity Ventures(AEV)から、Aboitiz Power の25%の株式を11.4億米ドルで購入するよう助言しました。

Aboitizファミリーが管理するAEVの持ち株会社であるAboitiz & Company も、Aboitiz Powerの1.99%の株式を追加で売却し、JERAの取引後の株式の合計をJERA Asiaを通じて27%に、購入価格の合計を16億米ドルにすることに合意しました。取引が完了すると、AEVは52%の株式を所有し、AboitizPowerの支配権を保持します。

King & Spaldingとフィリピンの事務所SyCip Salazar Hernandez & GatmaitanがJERAの代理を務め、Skaddenとフィリピンの事務所Cruz Marcelo & TenefranciaがAEVに助言しました。

「アジアでの再生可能エネルギー投資の見通しは明るいままであり、地域全体で電力需要が大幅に増加し、その需要を満たすために太陽光、蓄電、洋上風力、水力などの利用可能な技術が増えています。必要とされる投資の資金調達に熱心な、戦略的な金融投資家からの流動性の深い投資資金によって、すべて支援されています」とCowled氏は Asia Business Law Journal に語りました。

「フィリピンは良い例です。現職のプレーヤーと新規参入者は、石炭火力発電への歴史的な依存から、より環境に優しい技術への移行を支援しています。炭素集約度を削減し、雇用を創出し、その過程で増加する人口に持続可能な電力を提供します」

しかし、インフラストラクチャへの外国投資の魅力にもかかわらず、東南アジアの多くの管轄区域と同様に、現地の法規制の枠組みと現地の商業的ダイナミクスは複雑になる可能性があると、Cowled氏は述べています。

「この複雑さのかじ取りは難しくなる可能性があり、OECD市場での同等の取引よりも、取引の実行に時間がかかることがよくあります」と同氏は語ります。「JERAのような成功した投資家は、忍耐強く長期的な見方をし、地元のパートナーの選択やコンプライアンスの問題に優先的に焦点を合わせ、国内のプロジェクトの開発、運用、資金調達のための国際的なベストプラクティスをもたらすなどの投資に付加価値を与える方法を探す傾向があります」