デジタル通貨を発行する偽アプリ

By Manisha SinghとSimran Bhullar、LexOrbis
0
55

ジタル通貨取引の出現によって、新たな課題が生まれました。詐欺師によって、偽のプラットフォームが提供され始め、そうしたプラットフォームでは、多くの場合、本物と見せかけるために、定評ある信頼性の高いデジタル通貨取引プラットフォームのマークやロゴが使用されています。こうした状況は、初めて利用する人にとっても、経験豊富な業者にとっても非常に危険であり、間違った事業者に送金する可能性があります。

Manisha Singh, LexOrbis
Manisha Singh
パートナー
LexOrbis

最近のBombinate Technologies Pvt Ltd v KOO Coin and orsの訴訟では、原告であるBombinateが2019年から登録し、所有しているKOOという商標と、それに関連する鳥の図柄の侵害者に対して、デリー高等裁判所が仮差し止め命令を出しました。

原告は、インドで人気のある多言語ソーシャルメディアのAndroid向けモバイルアプリ、VokalとKooの所有者です。これらのアプリは、1000万人以上のユーザーを誇るマイクロブログプラットフォームとして使用されており、Google Playストアからダウンロードできます。この2つのアプリは、KOOという商標、鳥の図柄、ならびにドメイン名であるkooapp.comを所有しています。この商標や図柄は、2019年に両アプリが採用しました。原告は、1日に1回、アプリにチェックインするアクティブユーザーへの報酬プログラムとして、Koo Coinという名称の計画にも着手しました。これらのコインは換金可能であり、現金として使用することができました。

Simran Bhullar
シニアアソシエイト
LexOrbis

原告は、ブロックチェーン取引やマイクロブログに関して、被告らが作成した複数のウェブサイトに気づきました。これらのサイトは、www.koo.money、www.minekoo.com、Koo Network、およびKoo Tweet Social Mediaです。被告らは2022年に、これらのウェブサイト上で、Koo Coinという名称の通貨を発行しました。さらに、複数のAndroid向けモバイルアプリパッケージのプロバイダーによって、被告らのウェブサイトへのリンクが提供されていました。被告らは、デジタル通貨の取引を装って、不正行為を行っていた可能性があり、それによって善良なユーザーを欺いたとも主張されました。被告らは、これらの取引において原告の商標を使用していました。これらのドメインを登録した人物の詳細が明かされておらず、また原告の商標が大量に不正使用されていたため、ウェブサイトやサービスの全般的な運営が不明瞭でした。

この訴訟は、Koo Coin、Koo Network、Indian Creatives Koo Tweet Social Mediaの3つのプラットフォーム、ならびにドメイン名プロバイダーであるGoDaddy LLCに対して提起されました。その他の被告は、さまざまなインターネット・サービス・プロバイダー、政府電気通信局、および複数の正体不明かつ未確認の侵害者でした。また、原告は、国家サイバー犯罪報告ポータル(National Cyber Crime Reporting Portal)、電子情報技術省(Ministry of Electronics and Information Technology)、連邦取引委員会(Federal Trade Commission)などの機関にも、苦情を申し立てました。

原告の申し立てを審理した後、裁判所は、ソーシャルメディアプラットフォーム上でオンラインで提供されているサービスに関して、原告が、明らかに当該商標の正当な所有者であると判断しました。被告らのウェブサイトは紛らわしく、原告の商標権を侵害していると判断されました。紛らわしいウェブサイトのうちの一つは、英国に拠点を置くと主張していましたが、デジタルマネーはインドルピーに両替されていました。別の被告はモバイルアプリを運営していましたが、「偽物であるらしい」とするレビューがいくつもありました。さらに別の被告は、ソーシャルメディアプラットフォームを模倣し、Kooという名称で運営していました。

被告らが原告の商標を不正に利用して、原告に関連する本物の暗号通貨取引プラットフォームを提供するように見せかけ、顧客を欺いたことは明白でした。善良な顧客が、被告らを本物であると信じて騙されることのないよう、裁判所は差し止め命令を出しました。電子情報技術省は、そのような紛らわしいウェブサイトをブロックすることを決定し、インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)にそのように指示しました。被告らは、原告の商標を使用すること、また原告の商標を用いてデジタル通貨取引を提供することを禁止されました。ドメイン名プロバイダーは、こうした詐欺的なウェブサイトの所有者について、詳細を公表するよう命じられました。本事件の次回の審理は、2022年10月6日です。

裁判所からの命令には、商標の所有者と顧客を守るという2つの目的があります。押し寄せるデジタル通貨の波は両刃の剣です。金融詐欺師にとっては格好の隠れみのになっています。デジタル通貨の匿名性があだとなり、詐欺事件の背後にいる犯人の特定をさらに困難なものにしています。しかし、商標の所有者、政府規制当局、ISP、ドメイン名プロバイダーが連携して取り組むことによって、犯罪者を阻止し、知的財産権を行使し、顧客の財産および情報を保護することができます。

Manisha Singhは、LexOrbis.のパートナーであり、Simran Bhullarは、同事務所のシニアアソシエイトです。

LexOrbis logo

LexOrbis

709/710 Tolstoy House

15-17 Tolstoy Marg

New Delhi – 110 001

India

Mumbai | Bengaluru

連絡先の詳細
電話: +91 11 2371 6565
Eメール: mail@lexorbis.com

www.lexorbis.com