紛争解決策の進展の比較 – UAE

    By Abdulla Galadari and Manish Narayan, Galadari Advocates
    0
    439
    LinkedIn
    Facebook
    Twitter
    Whatsapp
    Telegram
    Copy link

    アジアにおける、訴訟の新たな傾向と代替えの紛争解決の考察

    导航


    インド

    フィリピン

    台湾

    タイ

    UAE

     

    アラブ首長国連邦(UAE)は、ドバイ、アブダビ、アジュマーン、フジャイラ、ラスアルハイマ、シャルジャ、ウムアルクウェインで構成される7つの首長国連邦です。

    UAEの連邦司法制度は、シャリア法に由来し、エジプトの法律と法学の影響を受けた民法制度に基づいています。

    dispute resolution
    Abdulla Galadari
    ドバイのGaladari Advocatesのシニアパートナー
    T: +971 55 911 1999
    E: abdulla@galadarilaw.com

    しかし、UAE憲法は、首長国が連邦司法制度から抜け出ることを許可しています。首長国連邦は独自の司法制度を設立することができます。現在、アブダビ、ドバイ、ラスアルハイマには独自の独立した司法制度がありますが、他の首長国連邦は引き続き連邦司法制度の一角です。

    すべての首長国には、第一審裁判所と控訴裁判所で構成される2層の制度(本土の裁判所)に基づく裁判所があります。上記に加えて、アブダビ、ドバイ、ラスアルハイマには首長国連邦の最高裁判所である大審院裁判所があります。他のすべての首長国では、最終の控訴はアブダビの大審院裁判所になります。

    ドバイ国際金融センター(DIFC)裁判所とアブダビグローバルマーケット裁判所(ADGM裁判所)は、UAE内のオフショア裁判所です。DIFCは、慣習法制度と独立司法制度に基づく独自の法律体系を持つ独立機関として機能します。契約にDIFC管轄を追加すると、当事者は紛争解決のためにDIFC裁判所を選択できます。同様に、2016年に設立されたADGM裁判所は、民事および商業紛争を裁定する、英国の裁判所制度に基づく慣習法裁判所です。イギリスの慣習法の直接適用により、ADGMはシンガポールと香港と同様の取り組みを採用した中東初の管轄となります。

    UAEは国際ビジネスの地域ハブとしての地位を確立しており、仲裁は紛争解決の手段として受け入れられて来ています。

    ドバイ国際仲裁センター(DIAC)は、1994年にドバイ商工会議所の一部として設立された地域仲裁センターです。DIFC内に、LCIAと協力してDIFC-ロンドン国際仲裁裁判所(DIFC-LCIA)センターが設置されました。DIFC-LCIAセンターでは、国際的に有名なLCIA規則を適用できます。LCIAの基準、機能、規則は、商業団体や国際投資家から信頼されています。

    DIFC-LCIAの当事者が仲裁の場としてDIFCを選択した場合、DIFC裁判所は仲裁判断を承認し、被告の資産に対する執行を命じることができます。さらに、アブダビには国際商事紛争解決のための世界有数の仲裁機関である国際仲裁裁判所(ICC)の地方事務所が設置されています。

    ロックダウン中の紛争

    covid-19の拡散は、世界中で事業を展開する企業に深刻な法的影響を与えています。不可抗力条項を発動する契約の終了、納品の遅延、会費の未払いに関する問い合わせが大幅に増加しています。

    2020年4月にUAEで発表されたビジネスと公共生活の完全な封鎖は、ビジネスへの影響をさらに悪化させました。その結果、商事紛争が急増しており、いくつかの公聴会が延期され、裁判所や仲裁センターは機能方法を変更したため、紛争の当事者は、社会的距離プロトコルの中で法的選択肢に慎重になっています。

    そのため、UAEの裁判所や仲裁センターなどの他の裁判所は、デジタルトランスフォーメーションを実施して、健康リスクを軽減し、封鎖や検疫の際にも機能を維持しています。

    UAEのオンショアおよびオフショアの裁判所と仲裁センターは、訴訟の性質に関する懸念に対処するために努力してきました。裁判所と仲裁センターが「新しい通常」に適応する能力は、仮想聴聞を促進する規則の柔軟性とそれがサポートできるデジタルインフラの範囲に直接関連しています。

    dispute resolution
    Manish Narayan
    ドバイのGaladari Advocatesのパートナー
    T: +971 55 414 7028
    E: manish@galadarilaw.com

    本土の裁判所

    ドバイ第一審、控訴裁判所、および大審院裁判所の審理は、3月22日から4月16日まで延期されました。4月19日、ドバイの裁判所は、Microsoft Teamsソフトウェアを使用しての仮想公聴会の規定を発表しました。

    私たちの経験では、仮想公聴会は順調で成功しています。スムーズな移行の理由は、アラブ首長国連邦政府機関が、Covid-19発生前に、ドバイ警察のウェブサイトを通じて刑事、交通および行政違反の報告や、ドバイ法廷のオンラインプラットフォームを介した訴訟の提出などのいくつかの機能をすでにデジタル化していたためです。

    ドバイに続いて、アブダビの裁判所は3月30日、すべての民事および刑事訴訟手続きは、裁判所の電子システムを通じて電子的に行われると発表しました。他の首長国連邦の裁判所も革新的な戦略を採用しています。ラスアルハイマの裁判所は電子裁判所サービスシステムに基づいて審理を行っており、アジュマーンの裁判所もcovid-19のパンデミックに対応して「電子裁判」を開始しました。

    オフショア裁判所

    DIFC裁判所でのすべての公聴会は、テレビ会議を通じて開催されています。ファイリングは、「e-登録」を通じて利用可能なe-バンドルプラットフォームを使用して実行されます。DIFCの遺言状サービスセンターは、ビデオ会議で遺言状の登録を行っています。これにより、遺言者と2人の証人がアップロードされた遺言に電子署名を付けることができます。

    ADGMの裁判所は、サービスの中断があまりなかったため、2018年から「e裁判所」プラットフォームを運用しています。すべての提出書類は、このプラットフォームを通じて提出できます。

    仲裁センター

    DIACは、仲裁と書類の提出で新しい要望をオンラインポータルから行うことを許可しています。事前に予定されていた審問は、仲裁人または裁判所の決定に従い、ビデオ会議を介して、延期または保留することができます。

    DIFC-LCIAは電子公聴会を開催するか、法廷と当事者が同意した場合に延期を許可します。ICCは、他の主要な仲裁センターと同様に、仲裁の要望を電子的に提出することを許可しています。世界中のICCオフィスは現在、仮想会議と公聴会を実施しています。

    遠隔操作に適応するための裁判所制度と仲裁センターの俊敏性は、この前例のない時代に、運用がほとんど影響を受けないことを確認しました。制限が緩和され、事業が通常に戻れば、裁判所制度と仲裁センターは、物理的な審問と並行して仮想審問を維持するよう、進化し続けると考えています。

    私たちの最近の経験では、紛争の当事者がコミュニケーションを取り、新しい現実の文脈で、合意の条件を再交渉するよう努力することを推薦します。当事者が訴訟を選択すれば、当初は不便かもしれませんが、公聴会が適切な技術インフラによってサポートされている場合、仮想法廷は紛争解決過程の効率を向上させる可能性があります。

    dispute resolution

    Galadari Advocates & Legal Consultants
    Galadari Building
    P.O. Box 7992, Dubai, UAE
    電話: +971 4377 8100
    メール: info@galadarilaw.com
    www.galadarilaw.com

    LinkedIn
    Facebook
    Twitter
    Whatsapp
    Telegram
    Copy link