インド

訴訟は、インドで紛争解決の最も一般的な方法であり続けています。しかし、それは時間と費用のかかる作業であり、訴訟当事者は対立を解決する別の方法を支持し始めています。この記事では、既存の司法の枠組みを検討し、covid-19のパンデミックが裁判所制度の通常の機能をどのように混乱させているかを分析します。また、現在の危機が国の訴訟および紛争解決シナリオに長期的な変化をもたらす可能性があるかどうかについても議論します。

司法の枠組み

インドの裁判所は大きな残務を積み増しています– 2020年の統計では、約3,800万件の保留中の訴訟を伝えています。これらは圧倒的な数ですが、近年の法改正の速度は、訴訟当事者により良い日の希望をもたらしています。

dispute resolution
Ashwin Julka
ニューデリーのRemfry&Sagarのマネージングパートナー
T: +91 124 280 6100; 465 6100
E: [email protected]

1つには、仲裁、交渉、調停、和解、法廷裁判(民事裁判所)を対象とする代替紛争解決(ADR)の方法を促進することに焦点が一致しています。2002年のインドの民事訴訟法の改正により、裁判所は調停による紛争解決を指示し、調停過程を管理するための適切な規則を作成することを裁判所に許可しました。2015年の1996年インド仲裁調停法の改正により、仲裁廷に暫定措置を付与する権限を与えることにより、ADRの仕組みがより効果的になりました。また、仲裁手続は、手続開始から12ヶ月以内に通過する裁定を義務付ける期限付きです。

2019年8月から発効したインド仲裁法は、ADRの仕組みの促進と奨励、および仲裁に関する統一された専門的政策と基準(仲裁機関及び仲裁人の格付けを含む)を担当するインド仲裁委員会の概念を取り入れる変更がなされました。

2015年の高等法院の商事裁判所、商務部および商事上訴部(2018年に改正)もまた重要な進展でした。契約の迅速な執行、金銭的請求の回復、被った損害賠償の裁定が重要な側面である「インドでのビジネスのしやすさ」を改善するようです。最初の審問日から議論の終了および略式判決まで6ヶ月の期間を必要とし、それは裁判所が(当事者による申請に基づいて)書面による訴答のみに基づいて判決を下すことが出来る、訴訟管理審問などの世界的な慣行が取り入れられました。申し立て、開示、発見、質問、異議申し立ての提出については、厳しいスケジュールが設定されています。

法的費用も、根拠のない訴訟をほしいままにする人への重い罰則を含め、非常に入念に扱われています。実際、引き延ばし戦術による訴訟当事者による根拠のない訴訟は、インドの裁判所を悩ませる風土的な遅延を引き起こす最大の原因の1つです。以前は、裁判所は通常、抑止力として機能する費用は課しませんでした。商事裁判所法はこれを修正しようとしました–法令の説明は、勝訴した当事者が根拠のない主張をしたことが明らかになった場合、敗訴した当事者でも、費用が負担される可能性があると述べています。また、勝訴した当事者に費用を支払う際に、「法的費用」と「証人の費用と経費」を検討する必要があることも具体的に述べています。

商事裁判所および上訴部門は、地方裁判所で 300,000ルピー(US $ 4,000)から、高等裁判所で 2,000万ルピーからの金銭的価値のある商事紛争を審理します。2018年の改正はまた、訴訟が緊急の暫定的救済を意図していない場合、当事者は制度前の調停の救済策を尽くさなければならないことの規定を通じて調停を促進しました。

2018年の商事法廷(制度前調停および和解)規則は、そのような調停手続を規制するために制度化され、裁判所によって強く奨励されています。多くの高等裁判所が調停センターを設置しており、多数の弁護士が調停人として訓練を受けています。

また、注目に値するのは、誤解を招く広告、テレマーケティング、eコマースなどから生じる脆弱性から消費者を保護するために1986年の消費者保護法を改正した2019年消費者保護法(2019年8月に通知)です。興味深いことに、ADRの仕組み、つまり消費者紛争の解決策としての調停を初めて発表しました。これにより、地区、州、国レベルでの調停セルの確立が可能になります。

covid-19の影響

covid-19の拡散に対抗するため、インド政府は2020年3月25日から厳格な全国的な封鎖を発表しました。それに応じて、裁判所は当初、機能を極めて緊急性の高い問題に限定し、裁判所の敷地内に弁護士、訴訟当事者、および裁判所職員の物理的な存在を減らすための措置が講じました。

最高裁は、前例のない課題にもかかわらず、司法へのアクセス,裁判の送達を維持する必要性を強調して、2020年4月6日にsuo moto事件でビデオ会議を通じて機能する裁判所のためのガイドラインを発表しました。適切な方式を採用することにより、テレビ会議(VC)技術を通じて堅牢な機能を確保するための対策の概要を説明しました。 そのような施設に個人的にアクセスできない訴訟者が、VC施設を利用できるようにすることを含みます。

詳細な指針は、VCを介して証拠を記録するために両方の当事者の相互の同意が必要になることを明記するなど、さまざまな状況を扱いました。滞りのない「仮想裁判所」を確保するために、すべての裁判所は、審問中および審理直後に、ビデオフィードおよびラインに関する苦情のヘルプラインを維持することも求められました。その後、訴訟の言及と電子ファイリング、およびビデオ会議を介した諮問の実施に関する詳細な標準的な運用手順が最高裁判所によって発行されました。その最新の手順は2020年7月4日に発行されています。

直後の時期は、新しい事件の法令は大きく減速し、処分率も深刻な影響を受けました。2020年4月に、インドで82,725件の訴訟が提起される一方、35,169件の訴訟が処分されました。これを2019と比較すると、1ヶ月あたりの平均訴訟件数は約140万件、1ヶ月あたりの処分件数は130万件でした。デリー(Delhi)高等法院のデータは、遠隔審問が通常の事件の10%のみ実施されたことを示しています。

ロックダウンは現在緩和されており、物理的な申告は再開されていますが、最高裁判所やデリー(Delhi)高等裁判所を含む特定の裁判所は、オンラインモードでのみ案件を審理し続けています。社会的距離の必要性は、2020年の第3四半期まで続く可能性があります。これは、満員の法廷の復活を阻害します。そのため、当事者は、本人出頭以外の紛争での解決する方法を準備する必要があります。

デジタル世界における裁判

インド政府が2004年12月に司法の電子委員会を設立して以来、全国の裁判所で電子インフラの着実な採用があります。これが、covid-19の状況に対して、さまざまな裁判所がオンライン機能にすぐに移行できる理由です。裁判訴訟におけるデジタルツールの使用の増加に対する大きな障害は、司法と法曹界の伝統主義者から来ています。
ただし、現在の危機は、オンライン訴訟過程を例外としてではなく標準とする機会と見なすべきであり、書面による提出は必然的に簡潔かつ時間内でなければならず、当事者は仮想の議論を提出する決められた時間枠を持つので、肉体的に出廷出来ない理由での延期(一般的な遅延の原因)は除外されます。仲裁や調停の過程では、オンライン手続きはすでに一般的です。また、仮想裁判所が公開法廷審問に完全に取って代わる可能性は低いですが、長期的には訴訟の仕残しに対処するため、オンライン手続きにすでに見られる勢いを利用しないのは残念です。

2020年6月6日、政府のシンクタンクであるNITI Aayogは、オンライン紛争解決(ODR)を進めるために、初めての主要な利害関係者会議を開催しました。それは、多くの場合、インターネットの速度と利便性を利用するADRの形式として参照されています。Eコマースは、特に、価値が低く、量が多い国境を越えた苦情を解決するためには、その適用には自然な分野です。例えば、EUのオンライン取引業者は、EUのODRプラットフォームへのリンクを提供しなければなりません。

ICANNが開発した統一紛争解決政策(UDRP)は、商標所有者が不法占拠に対抗できるようにする、もう1つの例です。Covid後の世界、特に貸付、信用、財産、商取引、小売で発生する可能性のある紛争の急増を念頭に置いて、インドの司法、政府、および法律専門家の会員は、彼らがインドで正式な法廷手続きに入る前でも、ODRの仕組みを利用して中小規模の問題を解決する方法について議論しました。これは心強い主導ですが、特にODRプロバイダーは民間の営利団体であるため、実施には強力な政策と規制主導のアプローチが必要になります。

では、現在の危機は、オンライン裁判だけでなく、代替裁判への移行を推進するでしょうか?そこから得られることは多いいため、著者はそう望みます。

dispute resolution

REMFRY & SAGAR
Remfry House at the Millennium Plaza
Sector 27, Gurugram – 122 009
National Capital Region, India
電話: 91-124-280-6100, 91-124-465-6100
メール: [email protected]
www.remfry.com


フィリピン

企業内紛争のための特別な規則と手続きが確立され、フィリピンで進化し続ける一方、 特定の紛争および企業それぞれに適用できる最善のアプローチを決定するためにさらに検証を必要とする潜在的な取引にもかかわらず、そのような訴訟の解決の実行可能な代替策として、仲裁に向けた新たな動きがあります。

迅速な手続き

企業とその株主、会員、アソシエイト、または株主間を含む企業関係から生じる訴訟の管轄権は、フィリピン証券取引委員会(SEC)の専属領域から、2000年に証券規制規約で可決され、通常の裁判所に移管されました。

dispute resolution
Augusto A San Pedro, Jr
マニラのVillaraza&Angangcoのシニアパートナー
T: +63 91 8896 4237
E: [email protected]

これに対応して、フィリピン最高裁判所は特定の裁判所の支部を専門商事裁判所(SCC)として指定し、企業内論争を統治するための暫定規則(暫定規則)を公布し、企業内紛争の訴訟手続きの実施を統治しました。

暫定規則はSCCの前で、企業内紛争の管理と迅速化に効果的でしたが、最近の訴訟では、SECが企業内紛争に対する権限を完全に放棄していないことが明らかになっています。とりわけ、企業内紛争が存在する場合でも、SECの権限を満たし、その規則や規制へのコンプライアンスを確保する目的でのみ行われる限り、詐欺の申し立てを特定することは可能です。

Pablo B Roman対証券取引委員会(2016年)の訴訟の場合、フィリピンの最高裁判所はSECの権限を維持し、株主からの苦情を受けて、企業とその資産の運営と管理を引き継ぐ管理委員会を任命しました。これは、暫定規則の下ではSCCのみにあると広く信じられていた救済策です。

dispute resolution
Dianne Marie V Roa-Oarde
マニラのVillaraza&Angangcoのパートナー
T: +63 99 8968 0495
E: [email protected]

2019規則に基づく仲裁

さまざまな形の代替紛争解決、特に仲裁は、企業内の争いを迅速に解決するための実行可能な仕組みとして、さらなる牽引力を獲得しています。企業内紛争は、その範囲から除外され、さもなければ仲裁不可として、2004年の代替紛争解決法(ADR法)の基で特定されたものではありません。したがって、企業内紛争の当事者は、SCCの前に訴訟を起こす代わりに、仲裁に同意することができます。このオプションは、機密事項の保護と当事者の商業的関係の維持に仕組みがより効果的であると考え、同じ企業または設立された合弁会社のパートナー投資家間の株主紛争にとって特に実用的です。

2019年改訂法人規則の公布により、企業内紛争を解決するための方法としての仲裁は、第181条を含めることで強化されました。その定款または細則の実施から、または企業内関係から生じる、企業、その株主または会員間の紛争を管理する非上場企業の定款または細則に仲裁合意が組み込まれることを明確に認めています。関与する当事者を考慮すると、第181条に基づく仲裁は国内仲裁であると合理的に予想されますが、この規定は特に、フィリピンを仲裁の本拠地とすることを要求していません。

dispute resolution
Rashel Ann C Pomoy
マニラのVillaraza&Angangcoのシニアアソシエイト
T: +63 99 8968 0509
E: [email protected]

181条と暫定規則

第181条は、企業内紛争の仲裁合意が企業の定款または細則に組み込まれている場合は、裁判所は訴訟に関する事前審理が終了する前に、その企業に関連する紛争を却下するでしょう。この点で、裁判所に訴えることを禁止する企業の定款または細則に仲裁合意を組み込むかどうかを決定する場合、第181条と暫定規則を比較検討することは重要な違いをもたらします。(表を参照)。

法律はまた、会社の定款または細則に盛り込まれた仲裁合意が「会社、その取締役、受託者、役員、および幹部またはマネージャーに対して」拘束力を持つことを明記しており、それにより、この合意は 会社の定款および細則の同意当事者として株主を拘束するのみという見方を妨げます。

暫定救済の利用可能性

おそらく、暫定的救済は、第181条により「仲裁に関する既存の法律に従い」規則を公布する権限をSECに付与することにより、裁判所に申請することもできます。これらの既存の法律の中には、裁判所との暫定措置の適用を規定するADR法、およびそのような適用が地方裁判所に提出されるべきであると規定する代替紛争解決に関する裁判所の特別規則(特別ADR規則)があります。特別なADR規則の下で、裁判所が許可する暫定措置の中には、仮差止、予備的な資金の差押または差押え通知、受領者の指名、および財産の留保、保存、配達または検査があります。「とりわけ」という言葉が使われているため、リストは全てではありません。暫定救済として管理委員会の設立を申請することもできます。

SCC

181 条

執行時

直ぐに執行

最終判決から15日経過後の執行

可能な暫定措置

次のの可用性を提供します、 (1)裁判所の規則に基づく通常の手続きに利用可能なすべての暫定的救済; (2)管財人による管理、および(3)管理委員会

暫定措置を付与するための法廷の権限への一般的な参照を提供する

裁判/裁定/暫定措置の執行

裁判所の法執行官によって執行される

既存の仲裁法に従って裁判所の支援が必要な場合があります

控訴

裁判所の規則の規則43に基づく上訴裁判所での再審査請求

示されていない

追加要件

最後に、第181条は、代替手段として仲裁を肯定する以上のものであることに注意してください。フィリピンの仲裁に関するADR法またはその他の既存の法律に基づいて課されない要件を以下に示します。

仲裁人の選任における当事者の不参加。第181条は、仲裁人を任命する概定の仕組みは当事者の手にかかる任命とする既存の仲裁法とは対照的に、仲裁廷を形成する仲裁人を任命する権限は「指定された独立の第三者に付与されなければならない」と規定しています。

任命機関としてのSEC。指定され独立した第三者が仲裁合意で指定された方法および期間内に仲裁人を指名できなかった場合、ADR法が仲裁合意に名前が記載されていないか合意された手続きに基づいて1人を任命しなかった場合に、第181条により、例えば、フィリピン統合弁護士会の全国会長を概定の任命機関として特定しても、当事者はSECに仲裁人の指名を要求することができます。

仲裁人の資格。第181条は、「いかなる場合でも、仲裁人は認定を受けるか、仲裁の目的で認定された組織に属している必要がある」こと、および概存の仲裁法の標準要件に加えて、仲裁人は次の要件を満たす必要があります。 法定年齢である。自身の公民権を完全に享受、 読み書きの方法を知っている。 どちらの当事者とも6等親以内の血統または結婚とは関係がない。そして、財政的、信用上やほかの利益の利害論争がない。公平で偏見のない裁定に対する当事者の権利を害する個人的偏見がない。

控訴の可用性。第181条はまた、裁定の執行を留める差し止め命令を出すことができる上訴裁判所に言及しており、新会社の第181条に基づいて企図された企業内紛争の仲裁は、大統領令1008号の基での建設紛争の仲裁と同類であると示唆し、仲裁判断が控訴裁判所に控訴される建設業仲裁法を示唆しています。行政事項第07-11-08-SC号または特別ADR規則に基づいて提供される救済策とは対照的に、初回の申請は国内仲裁を修正、変更、または撤回するため下級裁判所に提出することを要求しています。

前述の事項と、国内仲裁を規定する既存の法律および手続きとの調和は、SECの第181条の実施規則を通じて明確化されることが期待されていますが、まだ発行または発布されていません。

dispute resolutionVillaraza & Angangco
V&A LAW CENTER
11th Avenue corner 39th Street
Bonifacio Triangle, Bonifacio Global City 1634
Metro Manila, Philippines
電話: +63 8988 6088
メール: [email protected]
www.thefirmva.com


台湾

台湾での訴訟は、3層構造の裁判所制度で行われます。 第一審にいくつかの地方裁判所があり、少なくとも台湾のほぼすべての地方または市に1つあります(台北地域の3つの地方裁判所を含む)。

dispute resolution
Jackson Shuai-Sheng Huang
台北のFormosa Transnationalのシニアパートナー
T: +88 62 2755 7366
E: [email protected]

ほとんどすべての紛争は、第二審の裁判所として高等裁判所に控訴することができます。ただし、第二審の高等裁判所の判決については、第三審の最高裁に上訴できるのは、NTT 165万(56,000米ドル)以上の紛争額に関するものだけです。

当事者は、そのような判決が法律および規制に違反している、すなわち、適用される法律が適用されなかったか、誤って適用されたという理由でのみ、高等裁判所の判決に対して上訴することができます。司法院(政府の司法府)によって公布された規則に従って、各審の裁判所は特定の時間枠に従って事件を処理する必要があります。第一審は16ヶ月、 第二審は24ヶ月、 第三審は12ヶ月です。

暫定措置

台湾の裁判所から当事者が利用できる暫定措置には、次のものがあります。(1)暫定的な差し押さえ。 (2)暫定的差し止め命令。 (3)一時的な現状維持のための差し止め命令。

債権者は、執行手続を通じて賠償を確保するために、金銭的請求、または金銭的請求と交換可能な請求に関して暫定的な差し押さえを申請することができます。暫定的な差し押さえは、債権者が一応の証拠の有る不可能性、または将来の執行を通じて請求を満たすことが、その債権者にとって極端に困難である事を証明している場合に付与されます。

上記の不可能性または極端な困難の予備的実証が不十分である場合、債権者が担保を提供する意思も示しており、裁判所がそれを適切であると判断した場合、裁判所は、債権者による担保提供額を査定し、債権者によるその担保の提供により、暫定的差し押さえ命令を発効します。

裁判所が査定する担保額は、通常、債権者が示した請求額または価値の3分の1です。ただし、債務者もまた、暫定差し押さえの取り消し、または免除のため、暫定差し押さえの判決に示されている金額に対抗的担保を差し出すことができます。債権者が暫定的な差し押さえを申請する場合、債務者は裁判所に、裁判所が指定した期間内に、債権者の請求に対する訴訟を開始するよう債権者に命令するように請願することができます。債権者がその訴訟を起こさない場合、裁判所は暫定的な差し押さえ決定を取り消すことができます。

この制度は、債権者を保護すると同時に、債権者が未成熟な請求で暫定的な差し押さえ制度を悪用することを防ぎ、他人が資産を自由に処分することを抑制します。

別の暫定措置は暫定的差止命令で、これは「非金銭的請求」の担保に適用されます。たとえば、不動産の所有権紛争では、所有権に対する債権者の申し立ての賠償を、代替の補償としてお金を受け取るのではなく、債権者が所有権を取り戻す能力を確保するために、判決が下される前に、債務者が対象不動産の処分をすることを禁ずる、暫定的差止命令を申請することができます。

最後に、債権者は、紛争中の法的関係に関して、「一時的な現状維持のための差止命令」を申請することもできます。差止命令は、会社の支配のための株主間の紛争および知的財産(IP)紛争において頻繁に使用されます。そのような差し止め命令のまさにその目的は、何らかの重大な危害または差し迫った危険を防ぐために現状を維持することを目的としています。

差止命令の注目すべき特徴は、紛争の法的関係に関する判断が最終的なものとなる以前に、裁判所は当事者に支払いを要求する場合があることです。(たとえば、労働争議では、裁判所の手続き中、従業員は雇用主に毎月の賃金を支払うよう要求することができます。)

差し止め命令のもう1つの特徴は、裁判所が当事者に判決を出す前に意見を聞く機会を与えることです。

著者の実務経験では、裁判所は、差止命令を出す前に、相手方(差止命令が命令される当事者)にその主張を提示するための要約を提出するように要求することがあります。裁判所は、同じ目的を達成するために公聴会を開催することもできます。ただし、裁判所は、裁判所がそうすることが適切であると判断した場合、申請の受領時に差し止め命令を直接拒否または許可することもできます。

裁判手続き

異議申し立てにはさまざまな種類の訴訟があり、異議申し立ての金額と紛争の種類に応じて、少額訴訟(紛争額はNT $ 100,000以下)、略式手続き(紛争額はNT $ 500,000以下)、または特定の種類の紛争(たとえば、雇用期間が1年以下の労働争議)および通常の訴訟を含みます。

少額訴訟および略式手続きでは、民事訴訟法(CCP)で認められているように、裁判所は簡略化されたアプローチを採用することができます。例えば、裁判所は、原則として、1回の審問が行われた後に訴訟を終わらせることができます。

CCPの下では典型的な集団訴訟はありません。ただし、共通の利害関係を持つ複数の当事者は、複数の当事者に代わって訴訟を起こす、または訴訟を起こされるために、一人又は1人以上の人物を任命することができます。

特に、そのような事件の当事者は、自身に代わって弁護士を雇うことなく参加することができます。 ただし、第三審(最高裁判所)では、上訴人は、法定代理人が弁護士として行動する資格がある場合を除き、高等裁判所の判決からの控訴において弁護士をその代理人として指名する必要があります。

代替紛争解決

法廷での調停。紛争が特定の種類の紛争(例:不動産境界紛争、不動産賃貸、交通事故、医療、雇用契約、パートナーシップ、および価格または 紛争中の対象物の価値がNT $ 500,000未満の所有権から生じる紛争)。この場合、紛争は、訴訟手続きを開始する前に裁判所による強制的な調停の対象となります。

当事者は自発的に調停を申請することもでき、その申請は時効を妨害することが出来ます。(ただし、当事者は、申請日から6か月以内に紛争を裁判所に持ち込む必要があります)。紛争当事者が相互に承認した解決策の調停の成功は、最終的な裁判所の判決と同じ効果があります。

調停センター。台湾には、調停サービスを提供する調停センターまたは協会がいくつかあります。中国仲裁協会(CAA)は、自発的で拘束力のない私的ADRプロセスとして2003年に調停センターを設立しました。すべての調停者はいくつかの分野の専門家であり、紛争当事者が友好的な解決に達するのを助けます。仲裁法の第45条に従って、調停合意は仲裁裁定と同じ法的効力を持ちます。

仲裁。CAAは、台湾と香港で仲裁サービスを提供しています。CAAによって出された仲裁判断は台湾の裁判所で執行可能ですが、台湾がニューヨーク条約の契約会員と認められていないため、台湾で発効された仲裁判断が執行可能であるかどうかは、関連する異なる管轄区域で適用される仲裁法によります。

ただし、仲裁法に従い、そしてニューヨーク条約の精神に基づき、台湾の裁判所は通常、外国の仲裁判断を執行または承認します。異なる管轄の裁判所が台湾で発行された仲裁判断を承認するかどうかを決定する際に相互主義の原則を採用する場合、台湾の裁判所は通常、外国仲裁判断を承認し、執行します。香港、マカオ、中国からの仲裁判断は、原則として、台湾地域と中国本土地域の人々との関係および香港とマカオに関する法律と規制に関する法律に関する関係統治法に準拠して、台湾でも執行可能です。

専門裁判所:知的財産権および商業紛争。司法院は、台湾の「専門裁判所」の考え方を長年推進してきました。裁判所には、労働、建設、医療など、特定の種類の訴訟を扱う特定の部門があります。知的財産紛争は、知的財産(IP)紛争を解決するために設立されました。最近、商事紛争手続き法が公布され、司法院は今後2年間で知財および商事高等裁判所を設立する予定です。

商事問題の場合、企業、担保問題のみを知財(IP)および商事裁判所に提起できます(一部の紛争では、紛争額は1億台湾ドル以上でなければなりません)。知財および商事裁判所は、裁判所の手続きの効率を高める2層構造の裁判所制度です。商事紛争の当事者は、訴訟を処理するために資格のある弁護士を雇う必要があります。商事裁判所の手順には、過程に専門家の証人が追加されます。最後に、裁判所は、裁判官が紛争のさまざまな商事問題を決定するのを支援するために、商事調査員を採用するでしょう。

dispute resolution

FORMOSA TRANSNATIONAL ATTORNEYS AT LAW
13/F, 136 Jen Ai Road, Sec. 3, Taipei
電話: +886 2 2755 7366
ファックス: +886 2 2755 6486
www.taiwanlaw.com


タイ

爆発的技術革新のこの時代は、人工知能が多くの従来の人間の役割、国際貿易や他の商業取引の方法に取って代わり、商業紛争を解決する方法もこれらの変化に対応する必要があります。商業紛争を裁判所で訴訟する従来の方法は、依然として解決のための、主要な方法であり続けるでしょうが、遅かれ早かれ、裁判所はこれらの紛争を裁判にかけるためのフォーラムの非便宜者になります。変化に迅速に適応する柔軟性により、裁判所が残したこの空白を埋める調停と仲裁が普及してきています。

dispute resolution
Jayavadh Bunnag
バンコクのILCTタイのマネージングパートナー
T: +66 0 2679 6005
E: [email protected]

当事者が期待したよりも少ない結果となったとしても、当事者が相互の合意に達する調停によって紛争を解決することはより説得力があります。調停が成功しない場合は、仲裁が他の選択肢です。訴訟に対する仲裁の明確な利点は、当事者が紛争を解決するために中立者を任命できることです。さらに、法廷手続きの厳格な規則に身を委ねる代わりに、仲裁手続きを統治する規則を選択できる柔軟性があります。

仲裁法の概要

仲裁に関する現在の法律は、国際商事仲裁に関するUNCITRALモデル法に大半準拠している2002年仲裁法(AA)です。AA採用に従い、タイの裁判所は、国際協定に基づくタイの関与の範囲で、外国の仲裁裁定を執行します。

タイは、無条件で、1958年の外国仲裁裁定の承認および執行に関する条約(ニューヨーク条約)の会員になりました。ニューヨーク条約により、AAを介して外国仲裁裁定がタイで施行され、それらの加盟国による条件に従って、タイで発行された仲裁裁定が164の加盟国で実施されます(2020年6月現在)。

条約やそれを可能にする国際協定がないため、タイの裁判所の判決はタイ国外の案件として執行できないため、ニューヨーク条約の加盟国の間でタイで発行された仲裁判決を執行できることは、タイにおける訴訟で仲裁の顕著な利点となります。

したがって、タイの裁判所の判決を執行することが求められ、そして互恵、礼譲、その他に基づいてそれらを執行するかどうかは、その国の裁判所次第となります。同じ理由で、タイでは外国裁判所の判決を執行することはできません。実際に、外国の裁判所の判決は、請求の証拠として提出することはできますが、これには最初から訴訟を起こす必要があります。

1987年の旧仲裁法とは異なり、AAは国内と国際仲裁を区別していません。旧法に基づく仲裁は民事紛争に限定されていましたが、AAにはそのような制限は含まれず、契約関係に起因するかどうかにかかわらず、すべての紛争を対象としています。AAはまた、国家と民間の当事者間の契約から生じるすべての紛争も取り扱います。

残念ながら、政府の行政部門は、国の契約に仲裁条項を含むことを推奨していませんので、政府機関と国営企業は、実施する前に、大臣評議会に許可を求める必要があります。この背後にある理由は、政府機関と国営企業が私的当事者に対する多くの仲裁事件で敗訴し、その結果、それらに対して実質的な裁定をもたらしたためです。

タイはまた、二国間および多国間で多くの国と投資協定を締結しています。多くの条約には仲裁条項が含まれており、それぞれの条約に基ずき、民間投資家やホスト国は仲裁手続を開始して、紛争を解決することができます。

規制の促進

タイを国際仲裁の場として推進するため、外国の仲裁人およびタイで仲裁手続で当事者代表として行動する人々を容易にするため、ビザおよび就労許可法が緩和されました。

「スマートビザ」と特別な労働許可は、通常、外国の仲裁人に、審理が完了するまで職務を遂行できるように付与されます。通常タイでの実務が禁止されている外国弁護士は、仲裁手続において当事者代理人として行動する場合、法律の特別な適用免除を受けることが許可されています。

地域の仲裁機関

タイには3つの主要な仲裁機関があります。

  • タイ貿易委員会の仲裁廷
  • 司法府のタイ仲裁協会(TAI)、および、
  • 法務省の後援によるタイ仲裁センター(THAC)。

タイ商工会議所(タイおよびタイの外国商工会議所の連合)が運営する仲裁センターは、群を抜いて古い機関です。ICCタイの機関がある場所でもあります。 タイ貿易委員会は、1960年代からタイの商事仲裁規則を管理しています。 センターはタイの貿易委員会によってサポートされ、政府機関から切り離されています。

1990年に設立されたTAIは、国内での紛争解決を促進するため、司法府が成功した試みです。TAIは進行中の仲裁手続の数が最多の協会です。協会は裁判所の行政部門である司法府の一部で、監督されていますが、機関も裁判所も仲裁人の審議や決定を妨害しません。TAIは、国と民間の当事者間の契約から生じる紛争が仲裁される主なフォーラムです。

TACと混同しないように、THACは2007年に議会法によって設立され、2015年に運用を開始しました。THACは、一般的な仲裁を推進する最前線であり、国際的な仲裁センターとしての地位を確立しています。近代的な設備が整っており、バンコクの繁華街にあり、有名なホテルやショッピングセンターから数分の場所に位置します。

THACの一部は法務省から資金提供を受けていますが、省はセンターの規則に基づき仲裁手続きに干渉しません。法務省とTHACの繋がりは、法律や規則の変更を先導する特別な機会を提供し、タイを仲裁のより友好的な場所にしています。

その他の仲裁センター

3つの主要な仲裁センターとは別に、特定の分野または業界に関連する独自の仲裁規則を管理する他の4つのセンターがあります。これらには以下が含まれます。

保険長官の機関の仲裁センター。センターは、受益者と保険会社の間の紛争を解決するためにその仲裁規則を管理します。

証券委員会の機関の仲裁センター。センターは、資本市場投資家と証券会社の間の紛争を解決するためにその仲裁規則を管理します。

知的財産に関する紛争の防止と解決のための機構。その名前が示すように、このセンターは知的財産部門に所属しており、仲裁規則を管理して、知的財産の問題(商標、特許、著作権など)に関する紛争、およびライセンスや、その他の契約から生じる紛争を解決します。

タイ損害保険協会の仲裁センター。センターは、メンバー間の紛争を解決するために仲裁規則を管理しています。

最終的な視点

長い間、仲裁は紛争解決の代替手段として推進されてきましたが、その更なる普及は、特にその柔軟な性質により、急速に変化するビジネス環境に適応することができます。

タイはニューヨーク条約の会員であり、よって、外国の仲裁裁定をその領域内で承認および執行することができます。逆に、タイで行われた裁定は、それらの国による条約に従い、世界中の164の加盟国で実施されます。タイの仲裁法は、大部分がUNCITRALモデル法に従い、国際仲裁フォーラムとしてのタイをさらに強化しています。外国の仲裁人と弁護士がタイの仲裁手続に参加するのを容易にするため、特定の法律と規制を緩和するさらなる努力も行われています。

現在、タイには多くの仲裁機関があり、紛争の解決を求める当事者の必要に応えることができます。タイは、UNCITRAL規則に基づくICCおよび特別仲裁において、長い間承認されてきた場所です。現在、国際仲裁のハブになることを宣言しています。

dispute resolution

International Legal Counsellors Thailand Ltd. (ILCT)
18th Floor, Sathorn City Tower
175 South Sathorn Road, Tungmahamek,
Sathorn, Bangkok 10120, Thailand
電話: +66 (0) 2679 6005
メール: [email protected]
www.ilct.co.th


UAE

アラブ首長国連邦(UAE)は、ドバイ、アブダビ、アジュマーン、フジャイラ、ラスアルハイマ、シャルジャ、ウムアルクウェインで構成される7つの首長国連邦です。

dispute resolution
Abdulla Galadari
ドバイのGaladari Advocatesのシニアパートナー
T: +971 55 911 1999
E: [email protected]

UAEの連邦司法制度は、シャリア法に由来し、エジプトの法律と法学の影響を受けた民法制度に基づいています。

しかし、UAE憲法は、首長国が連邦司法制度から抜け出ることを許可しています。首長国連邦は独自の司法制度を設立することができます。現在、アブダビ、ドバイ、ラスアルハイマには独自の独立した司法制度がありますが、他の首長国連邦は引き続き連邦司法制度の一角です。

すべての首長国には、第一審裁判所と控訴裁判所で構成される2層の制度(本土の裁判所)に基づく裁判所があります。上記に加えて、アブダビ、ドバイ、ラスアルハイマには首長国連邦の最高裁判所である大審院裁判所があります。他のすべての首長国では、最終の控訴はアブダビの大審院裁判所になります。

ドバイ国際金融センター(DIFC)裁判所とアブダビグローバルマーケット裁判所(ADGM裁判所)は、UAE内のオフショア裁判所です。DIFCは、慣習法制度と独立司法制度に基づく独自の法律体系を持つ独立機関として機能します。契約にDIFC管轄を追加すると、当事者は紛争解決のためにDIFC裁判所を選択できます。同様に、2016年に設立されたADGM裁判所は、民事および商業紛争を裁定する、英国の裁判所制度に基づく慣習法裁判所です。イギリスの慣習法の直接適用により、ADGMはシンガポールと香港と同様の取り組みを採用した中東初の管轄となります。

dispute resolution
Manish Narayan
ドバイのGaladari Advocatesのパートナー
T: +971 55 414 7028
E: [email protected]

UAEは国際ビジネスの地域ハブとしての地位を確立しており、仲裁は紛争解決の手段として受け入れられて来ています。

ドバイ国際仲裁センター(DIAC)は、1994年にドバイ商工会議所の一部として設立された地域仲裁センターです。DIFC内に、LCIAと協力してDIFC-ロンドン国際仲裁裁判所(DIFC-LCIA)センターが設置されました。DIFC-LCIAセンターでは、国際的に有名なLCIA規則を適用できます。LCIAの基準、機能、規則は、商業団体や国際投資家から信頼されています。

DIFC-LCIAの当事者が仲裁の場としてDIFCを選択した場合、DIFC裁判所は仲裁判断を承認し、被告の資産に対する執行を命じることができます。さらに、アブダビには国際商事紛争解決のための世界有数の仲裁機関である国際仲裁裁判所(ICC)の地方事務所が設置されています。

ロックダウン中の紛争

covid-19の拡散は、世界中で事業を展開する企業に深刻な法的影響を与えています。不可抗力条項を発動する契約の終了、納品の遅延、会費の未払いに関する問い合わせが大幅に増加しています。

2020年4月にUAEで発表されたビジネスと公共生活の完全な封鎖は、ビジネスへの影響をさらに悪化させました。その結果、商事紛争が急増しており、いくつかの公聴会が延期され、裁判所や仲裁センターは機能方法を変更したため、紛争の当事者は、社会的距離プロトコルの中で法的選択肢に慎重になっています。

そのため、UAEの裁判所や仲裁センターなどの他の裁判所は、デジタルトランスフォーメーションを実施して、健康リスクを軽減し、封鎖や検疫の際にも機能を維持しています。

UAEのオンショアおよびオフショアの裁判所と仲裁センターは、訴訟の性質に関する懸念に対処するために努力してきました。裁判所と仲裁センターが「新しい通常」に適応する能力は、仮想聴聞を促進する規則の柔軟性とそれがサポートできるデジタルインフラの範囲に直接関連しています。

本土の裁判所

ドバイ第一審、控訴裁判所、および大審院裁判所の審理は、3月22日から4月16日まで延期されました。4月19日、ドバイの裁判所は、Microsoft Teamsソフトウェアを使用しての仮想公聴会の規定を発表しました。

私たちの経験では、仮想公聴会は順調で成功しています。スムーズな移行の理由は、アラブ首長国連邦政府機関が、Covid-19発生前に、ドバイ警察のウェブサイトを通じて刑事、交通および行政違反の報告や、ドバイ法廷のオンラインプラットフォームを介した訴訟の提出などのいくつかの機能をすでにデジタル化していたためです。

ドバイに続いて、アブダビの裁判所は3月30日、すべての民事および刑事訴訟手続きは、裁判所の電子システムを通じて電子的に行われると発表しました。他の首長国連邦の裁判所も革新的な戦略を採用しています。ラスアルハイマの裁判所は電子裁判所サービスシステムに基づいて審理を行っており、アジュマーンの裁判所もcovid-19のパンデミックに対応して「電子裁判」を開始しました。

オフショア裁判所

DIFC裁判所でのすべての公聴会は、テレビ会議を通じて開催されています。ファイリングは、「e-登録」を通じて利用可能なe-バンドルプラットフォームを使用して実行されます。DIFCの遺言状サービスセンターは、ビデオ会議で遺言状の登録を行っています。これにより、遺言者と2人の証人がアップロードされた遺言に電子署名を付けることができます。

ADGMの裁判所は、サービスの中断があまりなかったため、2018年から「e裁判所」プラットフォームを運用しています。すべての提出書類は、このプラットフォームを通じて提出できます。

仲裁センター

DIACは、仲裁と書類の提出で新しい要望をオンラインポータルから行うことを許可しています。事前に予定されていた審問は、仲裁人または裁判所の決定に従い、ビデオ会議を介して、延期または保留することができます。

DIFC-LCIAは電子公聴会を開催するか、法廷と当事者が同意した場合に延期を許可します。ICCは、他の主要な仲裁センターと同様に、仲裁の要望を電子的に提出することを許可しています。世界中のICCオフィスは現在、仮想会議と公聴会を実施しています。

遠隔操作に適応するための裁判所制度と仲裁センターの俊敏性は、この前例のない時代に、運用がほとんど影響を受けないことを確認しました。制限が緩和され、事業が通常に戻れば、裁判所制度と仲裁センターは、物理的な審問と並行して仮想審問を維持するよう、進化し続けると考えています。

私たちの最近の経験では、紛争の当事者がコミュニケーションを取り、新しい現実の文脈で、合意の条件を再交渉するよう努力することを推薦します。当事者が訴訟を選択すれば、当初は不便かもしれませんが、公聴会が適切な技術インフラによってサポートされている場合、仮想法廷は紛争解決過程の効率を向上させる可能性があります。

dispute resolution

Galadari Advocates & Legal Consultants
Galadari Building
P.O. Box 7992, Dubai, UAE
電話: +971 4377 8100
メール: [email protected]
www.galadarilaw.com