最終的には活動を制限される権利侵害者

By Manisha Singh と Dhruv Tandan、LexOrbis
0
80
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

最近のHavells India Limited対Azad Singhの事件で、デリー高等裁判所は原告に有利な暫定的差止命令を下し、被告Azad Singhは原告に帰属する登録商標である「Reo」の使用を一切禁止されました。

Havellsは、ケーブルおよびワイヤ、モーター、送風機、モジュラスイッチならびに家庭用品等の幅広い製品を取り扱う、日用消費財・電気製品を扱う会社です。Havellsは低圧ケーブル用に「REO/」という登録商標を保有しています。また、Havellsは異なる様式での商標の出願を行っており、第7類、第9類および第11類について出願中であり、商品に張られたラベル上に表示されます。商標「REO」は原告のブランド名と強い関連性があります。

Manisha Singh, LexOrbis
Manisha Singh
パートナー
LexOrbis

Havellsは、被告が使用している同一のまたは欺瞞的に類似している商標「Reo-LT/」および「ReoLT」により損害を被っており、後者の商標は原告のラベル上の様式と似た様式で表示されています。さらに被告は、第9類での商標登録を出願していました。

原告は、被告の商標が原告の商標である「Reo」を完全に組み込んだものであると主張しました。被告の商標は、Reoの末尾に、低圧(low tension)の略語であるLTを付け加えただけのものでした。原告はまた、自己の関連製品の説明にこの語を使用していたため、この語は記述的商標でもあります。また、被告の製品は模造品であり、一般市場では入手できないと主張されました。被告の製品は詐欺的方法で販売されており、被告が原告と関係を有しているという印象を作り出していました。

裁判所は、商標の侵害および詐称通用を判断する際、消費者への詐欺手段の可能性を判断するために、三重の同一性テストに依拠しています。申立人が満たす必要のある要素として、両商標が類似または欺瞞的に類似しているか否か、両商標が同一の商品に関連して使用されているか否か、および商品が同じ取引経路を通じて販売されているかまたは流通しているか否かの3つが挙げられます。

本事件における事実は、競合者の商標が欺瞞的に類似しており、同一の商品に関連して使用されており、同一の取引経路を通じて販売されていることから、このテストの対象範囲に入っています。

Dhruv Tandan
Dhruv Tandan
アソシエイト
LexOrbis

商標の先使用は、商標侵害訴訟において被告が最も頻繁に利用する防御方法です。1999年商標法(Trademarks Act, 1999)第34条では、登録商標と同一または類似の商標を、その所有者または前権利者が、登録出願者による登録商標の使用より前に継続的に使用していた場合、登録商標の所有者または登録使用者は同一または類似の商標の使用を妨害または禁止することができないと規定されています。今回の事件では、原告は2012年以降、商標「Reo」を広範囲で継続的に使用していると主張しています。被告の弁護士は、正当な説明の欠如を理由として、当該申し立てに対する弁論を進めませんでした。

裁判所は、この2組の商標を比較し、被告の商標は原告の商標の模倣であるとし、原告の商標権の虚偽表示および侵害の可能性は明らかに存在していると、Havellsに有利な判断を下しました。裁判所はさらに、低圧ケーブルを表す説明的な略語LTを「REO」の接尾語として追加しても、被告の商標をHavellsの商標と区別するには、ほとんど役に立たないと判断しました。この最小限の変更によって、消費者の間で混乱を招く可能性がなくなることはなく、さらに、差止命令による救済の必要性が生じました。裁判所は、被告が自己の商品に関して異議申し立ての対象となる商標の使用を証明することができなかったため、比較衡量についても、原告に有利となる判断を下しました。問題の商標の被告による使用を禁止しなければ、Havellsに回復不能の損失が生じると考えられます。

裁判所は申し立てを認め、被告が「Reo-LT」という商標および商号、またはHavellsの商標である「Reo」に欺瞞的に類似する、他の商標を使用することを禁止する命令を下しました。原告の申し立てに関し、裁判所は権利を侵害している商標が付された商品を差し押さえるために、地域検査官を指名しました。原告は、被告が商品を処分して、その後、商品との関係を否定するだろうと主張しました。この事件は、いかなる商標も違法な利用から安全なわけではないことを示しています。商標の所有者は、自身の知的財産の悪用に対して用心し、貴重な財産を守るために速やかに対策を講じなければなりません。また、被告が非協力的であることも予期しておく必要があります。

Manisha SinghはLexOrbisのパートナーであり、Dhruv Tandanは同事務所のアソシエイトです。

LexOrbis LogoLexOrbis
709/710 Tolstoy House
15-17 Tolstoy Marg
New Delhi – 110 001
India
www.lexorbis.com
Mumbai | Bengaluru

連絡先の詳細:
電話: +91 11 2371 6565
電子メール: mail@lexorbis.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link