EUのデジタル市場法とビッグテックへの影響

By Ashima ObhanとSamridhi Poddar、 Obhan & Associates
0
80

2022年3月25日に発表された声明によると、欧州理事会と欧州議会は、デジタル市場法(DMA法)に関する暫定的な政治的合意に達しました。この法律は、欧州連合(EU)のプラットフォームを、少なくとも75億ユーロ(82億米ドル)の収益を生み出すか、少なくとも750億ユーロの市場価値を持ち、月間エンドユーザーが4500万人以上の場合、ゲートキーパーとして分類します。

この法律は、ゲートキーパーとして機能する主要なプラットフォームによる特定のアクションを禁止します。これにより、欧州委員会(以下、委員会)は市場調査を実施し、違反行為に罰則を科すことができます。委員会は2020年12月に、デジタルサービス法とDMAを含むデジタルサービスパッケージを導入しました。この法律は、Amazon、Facebookの親会社であるMeta、Googleの親会社であるAlphabetなどのプレーヤーに影響を及ぼします。

EUのデジタル市場法とビッグテックへの影響
Ashima Obhan
シニアパートナー
Obhan & Associates

毎月4500万人のエンドユーザーがいることとは別に、プラットフォームがゲートキーパーとしての資格を得るには、EU内に1万人のビジネスユーザーがいる必要があります。さらに、プラットフォームは、少なくとも3つの加盟国で1つ以上の重要なプラットフォームサービスを管理する必要があります。報道発表によると、マーケットプレイスとアプリストア、検索エンジン、ソーシャルネットワーク、クラウドサービス、広告サービス、音声アシスタント、Webブラウザは、プライマリプラットフォームサービスの定義に含まれます。

特別な状況を除いて、中小企業はゲートキーパーとしての分類から除外されます。この法律は、競争力のある地位を確立しているものの、まだ利益を挙げていない事業に対して、委員会が特定の義務を課すことを可能にする、新たなゲートキーパー分野を規定しています。

DMAに基づくゲートキーパーは、インスタントメッセージングシステムの基本的な機能の相互運用性を確保し、アプリ開発者にはスマートフォンの補助機能への平等なアクセスを提供、さらにベンダーにはプラットフォームのマーケティングや広告パフォーマンスの統計へのアクセスを提供するとともに、合併・買収の際には委員会に通知する必要があります。

EUのデジタル市場法とビッグテックへの影響
Samridhi Poddar
アソシエイト
Obhan & Associates

DMAはさらに、ゲートキーパーが自社の商品やサービスを他社よりも優先することは許可されない、と規定しています。また、あるサービスで収集された個人情報を別のサービスで使用すること、商用ユーザーにとって不利な条件を作成すること、限られた数のソフトウェアアプリをプリインストールすること、アプリ開発者がアプリをアプリストアに掲載されるために、決済システムやIDプロバイダーなどの特定のサービスを使用するように要求することなども許可されません。

ゲートキーパーがこの法律の制限に違反した場合、全世界の収益の最大10%の罰金が科せられます。2回目の違反では、会社の全世界の収益の最大20%の罰金につながる可能性があります。ゲートキーパーが一貫して違反した場合、たとえば8年間に少なくとも3回違反した場合、委員会は市場調査を開始し、適切であれば行動的、構造的な矯正策を課す場合があります。ゲートキーパーであるという仮定に対して、プラットフォームは反対する自由があります。委員会がそのような主張が真実かどうかを調査できる仕組みによって、その指定に異議を唱えることができます。

この法律は、インド全般、特にインド競争委員会(CCI)の立場に影響を与える可能性があります。ダイナミックな経済では、CCIは急速に変化する規制環境に備える必要があります。インドのデジタル経済はまだ初期段階にあることを考えると、独占禁止法の規制当局は、一方では規制と介入のバランスを取り、他方ではイノベーションを阻害しないようにする必要があります。CCIは、国際的な対応機関と歩調を合わせようとしていますが、デジタル市場に関わる絶えず進化する懸念に対処する上で、既存の競争法や独占禁止法の有効性に関する世界的な議論は、日々勢いを増しています。

DMAを制定することにより、ヨーロッパはビッグテックの最も積極的な規制当局としての地位を確立しつつあります。ヨーロッパの基準は、CCIを含め、世界的に準拠・反映されることがよくあります。新しい法律は、プライバシーとデータ保護を管理するのと同様に、広範な規制の時代に企業をさらすことにより、基準をさらに高く設定しています。CCIが米国やヨーロッパのアプローチを採用するのか、それとも将来のデジタル経済の課題に対処するための独自の枠組みを開発するのかを知ることは、興味深いところです。

Ashima ObhanはObhan&Associates のシニアパートナーで、Samridhi Poddar はアソシエイトです。

Obhan & Associates

Obhan & Associates

Advocates and Patent Agents

N – 94, Second Floor

Panchsheel Park

New Delhi 110017, India

連絡先の詳細:
Ashima Obhan
電話: +91-9811043532
Eメール: email@obhans.com

ashima@obhans.com

www.obhanandassociates.com