商標法の最新比較 – フィリピン

    By Editha R Hechanova, Noemi P Rivera and Joy Marie Gabor-Tolentino, Hechanova Group
    0
    875
    LinkedIn
    Facebook
    Twitter
    Whatsapp
    Telegram
    Copy link

    商標の保護は、現在のパンデミックの中、実際の問題に直面しています。たとえば、オンライン取引への大幅な移行、訴訟の提起の難しさ、物理的な執行の課題などです。 政策立案者や規制当局が急いで適応するに伴い、多くのアジアの管轄区域は、貴重な知的財産と公共の利益を保護するための体制を回復させてきました。


    インド

    日本

    フィリピン

    台湾

     

    フィリピンの商標を管理する主要な法律は、フィリピンの知的財産法としても知られる共和国法です。フィリピン知的財産庁(IPOPHL)、特に商標局(BoT)は、フィリピンで商標を登録することを任務とする政府機関です。

    ファイリング。パンデミックの前は、出願人は、手動、郵送、またはオンラインで、IPOPHLに商標登録の申請を提出することができました。ただし、健康プロトコルの遵守とcovid-19感染を回避するための予防措置を確実にするために、IPOPHL覚書通達No. 2020-036を通じて、2020年9月1日にオンラインでの提出と支払いが義務付けられました。

    手動で提出されるのは、1回の取引あたり100,000フィリピンペソ(2,200米ドル)以上の支払いを伴う申請のみです。商標出願は、フィリピンを指定することにより、国内ルート(直接出願)またはマドリッドシステム(世界中の複数の管轄区域での商標登録を容易にするための国際システム)を介して提出することができます。

    Editha Hechanova id
    Editha R Hechanova
    社長 マネージングパートナー
    マカティ市の Hechanova Group
    Tel: +63 8812 5545
    Email: editharh@hechanova.com.ph

    検査

    欧州知的財産庁の成功事例に触発されて、IPOPHLは合同審査トラック(JET)手続きを採用しました。この手続きでは、上級審査官のグループが絶対的な理由にもとずき商標の登録可能性を即座に決定します。JET審査官によって許可された場合、商標出願は30日間異議申立のために公開され、異議申立がない場合は31日目に登録されたと見なされます。

    商標が許可されない場合は、申請者に速やかに通知されます。JETの手続きは、相対的な理由で異議を唱えられている商標には適用されません。同一または類似の商標と混同される可能性がある場合は、出願は定期的な商標審査を受けます。現在、条例では、3次元、配置、ホログラム、モーションマークなどの非伝統的な商標を含め、目に見える商標のみが保護されています。

    異議と取り消し

    IPOPHL内の法務局は、異議申立と取消訴訟、要約手続きについて独自の管轄権を有しています。競合する商標間の争いを決定し、混乱の可能性を決定する際に、判例法は、優位性テストと全体的または総合的テストの2つのテストを開発しました。

    優位性テストは、混乱や欺瞞を引き起こす可能性のある競合する商標の一般的な機能の類似性に焦点を当てています。より大きな考慮が払われるのは、一般の人々の心の商標によって作成された聴覚的および視覚的印象です。

    一方、全体的なテストでは、商標全体を検討する必要があります。優位性テストは条例で明示的に規定されていますが、判例法も全体的なテストを適用しています。驚いたことに、Kolin Electronics Co 対 Kolin Philippines International(2021)で、最高裁判所は、全体的テストが放棄されたことを明確に示しました。

    Noemi P Rivera, Principal and Vice President of Trademarks, Hechanova Group in Makati City
    Noemi P Rivera
    商標の プリ ンシパル 副社長
    マカティ市の Hechanova Group
    Tel: +63-8888-4293
    Email: noemi.rivera@hechanova.com.ph

    事前使

    フィリピンは先願主義に従います。 過去の多くの決定において、事前使用のユーザーは誠意を持って最初の出願人の権利を誠実に打ち負かし、登録商標を無効にすることさえしました。Zuneca 対 Natrapharmの画期的な判決において、最高裁判所は、条例の122条を引用して、商標の所有権は登録によってのみ取得されるとの判決を下しました。これは、「商標の権利は、この法律の規定に従って有効に成った登録によって取得されるものとする」と規定しています。

    ある裁判官は、条例の124条2が商標の登録所有者に実際の使用の宣言(DAU)を提出することを明示的に義務付けているため、「使用」が商標の所有権を取得する方法として放棄されたことを受け入れることができないと反対しました。このような登録証明書は、登録の有効性と登録者の商標の所有権を示す一応の証拠です。

    多数意見を書いたAlfred Benjamin Caguioa 判事は、DAUは商標の取得方法について言及していないが、商標の所有権を維持するための要件であると述べました。彼はまた、登録証明書の一応の性質は、以前の使用が依然として条例の下で所有権を取得する認識された方法であることを反映していないと書きました。

    むしろ、次のような場合に、登録証明書が所有者の所有権を反映していない例を認識することを意味します。

    (1)最初の登録者が登録を通じて商標の所有権を取得したが、その後、不使用または放棄により商標の所有権を失った。

    (2)登録が悪意を持って行われた。

    (3)商標自体が一般的になった。

    (4)商標が条例に反して登録された。(例えば、何らかの理由で一般的な商標が正常に登録された場合)または

    (5)登録された商標が、登録者によって、または登録者の許可を得て、商標が使用されている上または関連して製品またはサービスの出所を偽って伝えていた。

    Joy Marie Gabor-Tolentino
    商標担当副社長 ジュニアパートナー
    マカティ市の Hechanova Group
    Tel: +63 8812 6561
    Email: joymarie.tolentino@hechanova.ph

    決定はさらに、誠意を持って以前のユーザーがその商標を使用し続けることはできるが、それに関連する事業で商標を譲渡または割り当てることしかできないと述べました。

    商標登録の維持。国のルートを介して提出された商標の登録証明書の発行、またはマドリッド制度を介して提出された商標の保護の付与の声明は、商標保護を確保するための最終的なステップではありません。

    使用証拠の提出は登録の付与の前提条件ではありませんが、商標の有効なステータスを維持するために、指定された期間内にIPOPHLに同じものを提出する必要があります。登録からの商標の削除の一般的な原因は、DAUが提出されていないこと、または使用要件に準拠していないことです。

    Birkenstock Orthopaedie GmbH&Co KG 対 Philippine Shoe Expo Marketing Corp の場合、最高裁判所は、必要な期間内にDAUを提出しなかったことで、商標の登録が自動的に取り消されたと判断しました。同様に、そのような失敗は、登録者が商標に対して持っていた権利または利益の放棄または撤回に等しいものでした。

    ライセンス

    フィリピン市場に参入するためのより簡単な方法の1つは、ライセンス供与によるものです。商標およびその他の知的財産権を含むライセンス契約は登録する必要はありませんが、技術移転契約(TTA)と見なされ、禁止条項および必須条項に関連する条例の規定に準拠する必要があります。ライセンサーは通常、次の条項について質問します。

    競業避止条項。法学は、競業避止条項が1年を超えない限り、許可される可能性があることを示しています。

    フィリピンの法律が契約の解釈に適用され、訴訟の場合、裁判地はライセンシーの住居の適切な裁判所とします。 そして

    ライセンサーは、ライセンス契約から生じる税金を負担するものとします。ライセンシーに譲渡できる付加価値税(VAT)などの例外がありますが、その免税を要望する必要があります。

    商標権の行使

    侵害および/または不公正な競争などの行為には、行政、民事、または刑事が含まれる場合があります。IPOPHLは、行政措置を管轄し、損害賠償を与えることができ、仮差止命令などの暫定的救済を発行する権限を持っています。

    IPOPHLは差し押さえ命令を発行できますが、別個の手続きとして、または訴訟の係属中に発行することはできません。民事訴訟または刑事訴訟でそうすることができるのは通常の裁判所です。パンデミックのため、一部の裁判所は、審理を実施し、オンラインでファイリングを受け取ることを選択しました。

    IPOPHLは、異議申立や取消などの当事者間訴訟について、始めとその他すべての訴状のオンライン提出を義務付けています。そうしないと、不利を伴わない訴訟の却下につながります。パンデミックにもかかわらず、執行機関と商標所有者の代表者は必要なマスク、フェィスシールドを着用、そして社会的距離を観察しながら、手入れなどの執行措置を継続しています。

    国境警

    偽造品と戦う比較的安価な方法は、偽造品を押収する権限を持つ税関局(BoC)を通じてフィリピン市場への参入を阻止することです。BoCによる商標の記録は安価であり、偽物に注意するように局の審査官に継続的な警告を提供します。さらに、BoC検察官は、適切な税金と関税が支払われていない可能性のある輸入品の疑いのある商品を検査および押収するための権限書を発行できます。通常、これらは偽造品です。パンデミックにもかかわらず、当局はこのサービスを提供し続けています。

    Editha R Hechanova。マカティ市の Hechanova Group の社長 マネージングパートナー

    Noemi P Rivera。マカティ市の Hechanova Group の商標の プリ ンシパル 副社長

    Joy Marie Gabor-Tolentino。マカティ市の Hechanova Group の商標担当副社長 ジュニアパートナー

    HECHANOVA GROUP

    HECHANOVA GROUP
    (Hechanova & Co Hechanova Bugay Vilchez & Andaya-Racadio)

    GF, Salustiana D. Ty Tower,Paseo de Roxas Ave.

    Makati City — 1229, Philippines

    Contact details

    Tel: +632 8893 4878

    Email: mail@hechanova.com.ph

    www.hechanova.com.ph

    LinkedIn
    Facebook
    Twitter
    Whatsapp
    Telegram
    Copy link