暗号資産を越境して追跡するために必要な基準

By Ashima Obhan、Aparna Amnerkar,Obhan & Associates
0
305
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

号資産などのオルタナティブ(代替)投資の普及と、それに伴う暗号資産関連の犯罪の増加を受け、税務当局は暗号資産に関する取引への監視を強化するでしょう。暗号資産の概念自体が、それを裏打ちする技術と同様に、常に進化しています。現時点の共通認識では、暗号資産には、伝統的な金融仲介機関を介することなく、分散的に保有・移転できる資産が含まれるとされています。

国境を越えて追跡
Ashima Obhan
シニアパートナー
Obhan & Associates

ただし、国際規制機関が認識しつつあるように、国境をまたいだ暗号資産取引の追跡は極めて困難です。従来の金融取引は、経済協力開発機構(OECD)が策定した共通報告基準(CRS)を用いて追跡されており、膨大なデータが収集・保管されています。それには、口座名義人の身元、口座残高、口座への送金・入金額などの情報も含まれます。これらのデータは、加盟国の税務当局に送付され、各国・地域のコンプライアンスと執行のために必要に応じて利用されます。しかし、暗号資産の取引においては、伝統的な金融仲介機関の関与を排除し、規制当局の目から逃れることが可能なため、税務当局はこのような資産に関する取引を十分に追跡することができません。

このような状況を受け、OECDは暗号資産に関連して新たに生じた問題に対処するため、CRSを改正するとともに、補助的な暗号資産報告フレームワーク(CARF)を創設しました。CRSと同様に、CARFには個々の国・地域で導入可能なモデル法と、その実施を支援するための解説が含まれています。CARFは、対象となる暗号資産の特定、データ収集・報告の対象となる事業者および個人、報告の対象となる取引および報告すべき情報、暗号資産の利用者および支配者を特定するためのデューディリジェンス手続きを規定しています。また、報告および情報交換の目的で、税務管轄権を持つ国・地域を決定します。現時点では、CARFで想定されている報告の対象は、該当する暗号資産と不換通貨の交換、該当する暗号資産間の交換、該当する暗号資産の譲渡です。

国境を越えて追跡
Aparna Amnerkar
アソシエイト
Obhan & Associates

CARFの導入に伴い、CRSについても大幅な改正が実施されました。最も重要な点は、新しいデジタル金融商品が新規にCRSの対象になることです。これは、このようなデジタル金融商品が、現在CRSの報告対象となっている従来の金融資産を代替し得る、信頼に足るものだと認められたということを意味します。CRSのもとで、報告制度は拡充されてきました。この改正の目的は、CRSとCARFの間の情報チャネルが重複することなく効率的に運用されると同時に、両フレームワークの運用上の柔軟性が適切な水準に維持されるよう図ることです。

インドではまだ、暗号資産は規制の対象になっていませんが、2022~23年の会計年度予算において、仮想デジタル資産(VDA)から生じる利益と所得に課税するための新制度が公表されています。このようなVDAには、暗号通貨、非代替性トークンおよび類似のトークンが含まれます。この新制度では、1961年所得税法に基づき、VDAの譲渡に対して税率30%での税金、追加税、地方税を課すことが提案されています。しかし、この法律はまだ施行されていません。VDAの定義には、分散型台帳技術(DLT)全般も、個別のものとしてブロックチェーンも含まれていません。また、同法は、居住者がそのような譲渡を行う場合、対価の支払い責任者に対し、対価の1%を所得税として源泉徴収するよう義務付けています。

CARFについては、さらに議論を重ねることができますが、インドはすでにCRSに参加しています。インドが来年議長国を務める予定のG20では、暗号資産課税の問題が規制当局や外交官によって活発に議論されることでしょう。暗号資産取引の報告に関して、インドがOECDの提案を受け入れるのか、それとも独自の基準を策定するのかについては、十分に議論されるべきです。

CARFを通じて、政府機関、取引所、個人は暗号資産取引を標準的な形で相互に報告することができ、協力と執行を効率的に世界規模で行うことが可能になります。また、暗号資産をどのように規制するか、この分野の課税の公平性をどのように確保するかについて、各国・地域が迅速に検討を進めるよう促すことにもなります。

Ashima ObhanはObhan & Associatesのシニアパートナーであり、Aparna Amnerkarはアソシエイトです。

Obhan & Associates

Obhan & Associates

Advocates and Patent Agents

N – 94, Second Floor

Panchsheel Park

New Delhi 110017, India

連絡先の詳細
Ashima Obhan
電話: +91-9811043532
Eメール: email@obhans.com

ashima@obhans.com

www.obhanandassociates.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link