最近の変更に関するSEBIの厄介な2ステップ

By Sawant Singh and Aditya Bhargava,Phoenix Legal
0
250

ンド証券取引委員会(SEBI)は最近、上場発行債券の投資家を保護するための一連の変更を導入しました。これらの変更の前兆は、規制資本を目的とした銀行による上場非転換優先株式の発行に関する規制のわずかな修正でした。これらの商品には、元本の評価減などの機能が含まれています。このような機能が個人投資家に与える影響に関する最近の論争に照らして、SEBIの変更により、資格のある機関投資家のみがこのような商品の発行に参加できるようになりました。このような商品の最低オファーは1,000万ルピー(135,000米ドル)でなければなりません。

Sawant Singh,Phoenix Legal
Sawant Singh
パートナーです
Phoenix Legal

2020年10月13日、SEBIは、上場債券の発行者による債務不履行の場合の手続きについて、社債管財人にさらなる指示を出しました。これらは、発行者に対するより高い報告およびコンプライアンス要件、および社債管財人のより高い責任を規定しています。たとえば、債務不履行が発生した場合、社債管財人は、社債保有者に発生から3日以内に通知し、30日以内に会議を召集する必要があります。そのような会議では、すべての決定は、価値で75%と数で60%の社債保有者の同意が必要です。

さらに、1993年に改正されたSEBI(債券管財人)規則では、債券受託者は、担保付き資産の独立したデューデリジェンス評価を実施して、資産に負担がかからないこと、および他の料金保有者からの同意が得られていることを確認する必要があります。改正された社債管財人規則およびSEBIの10月13日の回覧により、社債管財人は、インド準備銀行(RBI)によって規定された解決枠に基づく解決計画に関して、社債保有者に代わって他の貸し手と債権者間契約を結ぶことを許しています。SEBIの回覧には、社債管財人が特定の事象の発生時に債権者間契約を終了できるようにする文言も含まれています。

2008年のSEBI(債券の発行および上場)規則は、上場債券のオファー文書における発行者の追加の開示要件を規定するように修正されました。2021年1月1日以降、上場債券の発行者は、発行サイズの0.01%に相当する金額を、上限250万ルピーで、現金または現金同等物として、指定証券取引所の回収費用基金に拠出することが義務付けられています。これは、債務証券の償還時に返金されます。債務不履行が発生した場合、社債管財人は、法定費用およびその他の執行費用に対する社債保有者の指示に基づいてこれらの金額を利用することができます。発行者に対する追加の報告およびコンプライアンス要件も、2015年の修正されたSEBI(上場義務および開示要件)規則の下で規定されています。

Aditya Bhargava,Phoenix Legal
Aditya Bhargava
パートナーです
Phoenix Legal

改正された社債管財人規則および債務上場規則では、社債信託証書を2つの部分に編成する必要があります。パートAは債務問題に関する法定および標準情報であり、パートBは商業および取引固有の詳細です。これらの変更は、投資家の保護と開示を改善するために導入された印象を与えますが、これは様式関連の変更であり、SEBIの他の変更を追加するようです。これは明らかな実質的な利益をもたらさず、おそらく再評価する必要があるでしょう。

SEBIによって導入された変更の背後にある意図は称賛に値します。ただし、これらは前向きではなく反応的に見え、目標型ではなく広範囲に及ぶように見えます。例えば、回収費用基金は上場債務資本市場の発行費用を増加させ、債務資本市場を深め、銀行から資本市場への借入の移行を促進する政府の措置を妨げる可能性があります。この措置が信用力の弱さの記録を持つ発行体に向けられていたならば、それはもっと有用だったでしょう。すべての発行者に適用すると、準拠している発行者にいくつかのエラーのペナルティを課す効果があります。SEBIの10月13日の回覧は、RBIの解決枠がすべての貸し手を拘束するために債権者間合意の下で行われる決定を要求し、貸し手に一方的に撤退する権利を与えていないように見えるため、理解の不整合またはRBIとの協議の欠如の可能性も反映しています。これは、RBIの解決枠への社債管財人の参加を評価する必要があり、その適用を導く追加の指示を提供する必要があることを意味します。

Sawant SinghとAditya Bhargavaは、Phoenix Legalのパートナーです。アソシエイトのSristi Yadavもこの記事を補佐。

Phoenix Legal

Phoenix Legal
Second Floor
254, Okhla Industrial
Estate Phase III
New Delhi – 110 020
India

 

Vaswani Mansion, 3/F
120 Dinshaw Vachha Road, Churchgate
Mumbai – 400 020
India

 

Contact details
Tel +91 11 4983 0000 / +91 22 4340 8500
Fax: +91 11 4983 0099 / +91 22 4340 8501
Email: delhi@phoenixlegal.in
mumbai@phoenixlegal.in