新たな追加の主題に関する外国出願ライセンス(FFL)

By Piyush Sharma、LexOrbis
0
311

ンド特許法の固有の規定の1つは、居住の発明者を含む発明は、インド特許庁(IPO)の許可なく、インド国外で公開されないことです。特に、1970年のインド特許法第39条(法)は、インド特許法のこの規定を扱っています。インドで最初に出願された場合、申請者はIPOが発明の技術的性質を評価するまで6週間待つ必要があります。IPOは、本発明が防衛用途や原子力など、海外で公開された場合に国益に悪影響を与える可能性のある機密技術に関連するかどうかを決定します。IPOはそれに応じて、このような発明のインド国外への輸出を管理するため、秘密指示を出すことができます。IPOが異議を申し立てない場合、申請者は相当する特許出願を外国の管轄区域に自由に提出できます。

application
Piyush Sharma
マネージングアソシエイト
LexOrbis

申請者が最初にインド国外で特許出願を行うことを希望する場合、外国出願ライセンス(FFL)の取得をIPOに要求する必要があります。この要件は、インドで最初に申請された場合でも、申請者がこの6週間以内に外国の管轄区域で申請することを希望する場合も発生します。本発明が機密技術に関係しない場合、IPOは通常、2〜3週間以内にそのような要求を許可します。発明がそのような技術に関連していると思われる場合、IPOは承認のために国防省に申請を照会するでしょう。

現在、申請者が最初にインド国外で直接完全な申請書を提出したい場合、申請者がインド国外で申請する前にFFLを取得する必要があることは明らかです。ただし、申請者が最初にインド国外で仮出願を提出し、次にインド国外でその後の完全な暫定的(CAP)出願を提出する場合、FFLの要件に関しては不確実性があります。申請者が暫定申請を提出する前にFFLを取得する要求を出す必要があることは明らかですが、申請者がCAP申請を提出する前に2番目のFFLを取得する必要があるかどうかを確定するのは難しいです。

CAP出願の提出時に、実施例、図面、およびクレームの詳細の開示など、申請者が明細書に追加の内容を記載することは非常に一般的です。特に、このような追加内容がCAP申請に含まれる場合、FFLの要件は申請者にとって混乱を招きます。

この法律は、申請者がFFLの申請において発明の完全な開示を要求していないことに留意することが適切です。実際、発明の概要やタイトルなどの発明の簡単な詳細で、通常、IPOは発明が機密技術に関連するかどうかを判断するのに十分です。

これは、IPOがFFLを発行する前に審査するとき、申請者が発明の完全な開示を行う必要がないことを明確に示しています。したがって、申請者は、CAP申請を提出する前に追加内容の2番目のFFLを取得する必要はありません。これは、追加内容が機密技術に関連していないこと、およびCAP申請の内容全体が、IPOがすでにFFLを発行している暫定申請の範囲内であることを前提としています。

CAP申請に新たに追加された内容が暫定申請の範囲外である場合、または機密分野で使用可能な発明に直接ヒントがある場合にのみ、申請者は2番目のFFL要件の提出を検討する必要があります。これは、追加特許についてFFLを取得する要件に関しても同様に当てはまります。

理解をし易くするため、車両追跡システムに関連するFFLの取得要求に従って行われた開示で、IPOがFFLを発行した例を検討できます。CAP申請を提出する間、申請者は、戦闘時の戦車の動きを追跡する軍用車両にも本発明を応用できることを認識し、したがって、この実施例をCAP申請の説明に含めます。 この実施例は、防衛関連の応用に関連するため、そのような追加の内容は、IPOによる調査が必要です。このような場合、申請者はCAP申請を提出する前に2番目のFFLの申請を出す必要があります。

したがって、CAP仕様が暫定仕様の範囲内にあり、追加内容に機密技術の分野での本発明の実施例が含まれていない場合、申請者は2番目のFFLを取得する必要はありません。この戦略は、CAP申請を提出する全体的なコストを削減します。同時に、2番目のFFLの提出によるCAP申請に起因する遅延も解消します。

Piyush Sharmaは、LexOrbisのマネージングアソシエイトです。

application
LexOrbis
709/710 Tolstoy House
15-17 Tolstoy Marg
New Delhi – 110 001
India
Mumbai | Bengaluru
連絡先:
电话: +91 11 2371 6565
ファックス: +91 11 2371 6556
電子メール: mail@lexorbis.com
ウェブサイト: www.lexorbis.com