金融取引におけるESG:オフショアの法的観点

By Peter Vass、Loeb Smith Attorneys
0
412
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

2021年には、ESG債務の発行が前例のないほど急増しました。これは、持続可能でグリーン関連の投資オプションに対する投資家の意欲の高まりに、間違いなく支えられています。英国の保険会社Avivaは、調査対象の500人を超える投資家の55%が、covid-19のパンデミックが、投資方法を決定する際にESGを検討する可能性に影響を与えたと報告しました。一方、国際金融協会(IIF)によると、2021年上半期の持続可能性とグリーン債務は毎年2倍以上の6,800億米ドルに達しました。

ESG関連金融の成長

Peter-Vas, 금융거래의 ESG와 여기에 참여하는 해외 기업들의 적법성
Peter Vass
パートナー
香港のLoeb Smith Attorneys

IIFは、2021年の前半6か月間で、前年度比、持続可能性関連の価格設定ラチェットにより、債券発行がほぼ4倍に増加して1,600億米ドルに達したと報告しました。市場参加者は、健全なESG戦略を実施することは、新しい資本プールへのアクセスと有利な価格設定を固定する機会を促進することを認めるため、ほぼ確実にこの増加を推進しました。

たとえば、最初の化石燃料のない鉄鋼生産者を目指すスウェーデン企業であるSSABは、満期日が2026年の2億3,000万米ドル相当の5年物の無担保の持続可能性に連動したシニア債を発行しました。関連する債券商品の条件に基づき、SSABが温室効果ガス排出に関連する特定の持続可能性パフォーマンス目標を達成できない場合、補償プレミアムが満期時に支払われます。持続可能性に関連した債券の量は、2022年も引き続き増加すると予想されます。

アジアにおけるESG関連の資金調達

IIFはまた、ESGに関連するすべての債務発行の約85%がヨーロッパと北アメリカで発生していると報告しています。しかし、ESG関連の債務が他の地域で勢いを増しているという証拠があります。たとえば、中国の不動産会社Minmetals Land、日本の不動産グループMori Hills、インドのAdani Electricity Mumbaiは、さまざまな持続可能なグリーン債を市場に投入したか、または導入する予定であると報告されています。

収益が特定のグリーンプロジェクトで使用されるグリーン債とは対照的に、一般的な持続可能性関連の資金調達は、さまざまな企業目的にも使用されており、限定された一連のグリーンプロジェクトではなく、特定のESG目標に基づいています。これにより、市場は発行者の幅広い広がりにさらに開かれ、この傾向は2022年も続くと予想されます。

標準とグリーンウォッシュ

ESG関連製品への注目が高まるにつれ、基準が強化されています。現在、グリーンローン原則、欧州グリーン債基準、持続可能な財務開示規則など、市場には多数の規制や提案がありますが、グリーンウォッシュは、ESG関連の本物の債務発行と便宜主義の区別を曇らせる可能性があるという懸念があります。

したがって、ESG目標の遵守を監視することを約束する貸し手およびその他の金融関係者は、関連する債務者グループと報告基準について合意し、適切な外部レビューメカニズムが実施されていることを確認する必要があります。

オフショア手段

英領バージン諸島(BVI)とケイマン諸島の企業は、ESG関連の投資要素を持つ企業を含め、国境を越えた金融取引で広く使用されています。これらの管轄区域には、貸し手やその他の金融関係者、およびESG関連の融資の借り手やその他の債務者にとって魅力的なさまざまな機能があります。これにはいくつかの理由があります。

· BVIとケイマン諸島は、執行において担保付債権者が利用できるさまざまな自助救済策により、債権者に優しい管轄区域として広く認識されています。BVIには、担保権の優先順位を保護する担保権を登録する簡単なシステムもあります。

· BVIおよびケイマン諸島の企業は、ESGイニシアチブ関連を含め、無制限の目標と目的を持っている可能性があり、資本構造、経営者の役割、株主の関与の観点から、そのような企業が構造化される方法に大きな柔軟性があります。

· BVIおよびケイマン諸島の企業は、継続的な維持費用が低く抑えられます。BVI金融サービス委員会またはケイマン諸島通貨当局によって規制されていない会社に関しては財務諸表を作成する必要はありません。

· BVI chargor (チャーガー)によって付与される担保権のオプションの申告に関連する名目申告手数料の支払いを除いて、所得税、法人税、キャピタルゲイン税、源泉徴収税、課徴金、登録税、または、BVIやケイマン諸島の会社や金融関係者による財務書類の実行、配信、履行に関連してBVIやケイマン諸島の会社に課せられるその他の同様の税金や料金はありません。

Peter Vass は、香港の Loeb Smith Attorneys のパートナーです。

loeb smith cayman

LOEB SMITH ATTORNEYS
1101 Beautiful Group Tower
77 Connaught Road Central Central
Hong Kong

連絡先:
電話: +852 5225 4920
Eメール: peter.vas@loebsmith.com

www.loebsmith.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link