マネーマーケットの方向性の変更は大歓迎

By Sawant Singh, Aditya Bhargava and Sristi Yadav, Phoenix Legal
0
159

インド準備銀行(RBI)は、2020年12月に、「発行者、投資家、その他の参加者の観点から商品全体に一貫性をもたらすことを目的とした」 および 「さまざまなマネーマーケット商品を対象とする既存の規制を合理化する」ために、コール、通知、タームマネー市場に関する指示案を導入しました。2021年4月の市場参加者からのフィードバックを受けて、RBIはコール、通知、タームマネー市場に関するマスターディレクションを発行しました。コールマネーとは、無担保資金を一晩で借りたり貸したりすることを意味します。 通知金は無担保資金で最大14日間借り入れまたは貸し出し、タームマネーは無担保資金で14日以上最長1年間借り入れまたは貸し出します。

Sawant Singh,Phoenix Legal
Sawant Singh
Partner
Phoenix-Legal

コール、通知、タームマネーの市場は、予定されている商業銀行、信用協同組合、プライマリーディーラーに適用されるRBIの2016年のマスターディレクションによって規制されていました。これらの方向性は、2018年には決済銀行と小規模金融銀行に、2020年には地方の地方銀行にまで拡大されました。2021年のマスターディレクションは、これまでのすべての指示を統合し、特に、予定されている商業銀行、決済銀行、小規模金融銀行、地方の地方銀行、信用協同組合銀行、プライマリーディーラーが借り手と貸し手の両方としてコール、通知、タームマネーマーケットに参加することを許可します。

2021年の方向性は2016年のバージョンとほぼ一致していますが、重要な変更が導入されています。コール、通知、タームマネー市場での借入取引には同様の健全性制限がありますが、参加者は取締役会の承認を得て、RBIが規定する規制の枠組み内で貸付取引に関する健全性制限を決定できるようになりました。2021年の指示では、コールマネー、通知マネー、およびタームマネー取引のキャンセルと終了が許可されています。通常、コール、通知、またはタームマネーの取引はキャンセルされるべきではありませんが、通知またはタームマネーの取引は、相互に合意した価格で満期前に終了できるようになりました。キャンセルまたは終了は、そのようなアクションから15分以内に、コール、通知、およびタームマネーマーケットでの取引の実行と報告のための電子取引プラットフォームである交渉済み取引システム-コール(NDS-CALL)プラットフォームで報告する必要があります。

2021年の指示により、RBIまたはRBIによって承認された人物は、コール、通知、およびタームマネーマーケットでの取引に関連する匿名データを公開できます。RBIは、他の制裁の中でもとりわけ、違反者が自らを弁護する機会を与えた後、最大1ヶ月間、コール、通知、およびタームマネーマーケット取引を行うことを禁止する場合があります。RBIはそのような行動を公表する可能性があります。2016年の方向性のように、参加者は、コール、通知、およびタームマネーマーケット取引の金利を自由に決定できます。参加者は、コール、通知、およびタームマネー取引に関して、インド債券市場およびデリバティブ協会とRBIによって規定された標準的な市場慣行、方法論、および文書に従わなければなりません。

Aditya Bhargava,Phoenix Legal
Aditya Bhargava
Partner
Phoenix Legal

コール、通知、タームマネーマーケットの参加者もNDS-CALLプラットフォームに参加する必要があります。NDS-CALLプラットフォームで実行されたもの以外のコール、通知、およびタームマネーマーケット取引は、取引の相手方または関連する電子取引プラットフォームによって実行されてから15分以内にNDS-CALLプラットフォームに報告される必要があります。RBIは、そのような取引に関与する人々からの追加情報を要求する場合があります。コール、通知、およびタームマネー取引は、NDS-CALLプラットフォームまたはRBIによって承認された電子取引プラットフォームを含む店頭市場で実行する必要があります。コール、通知、タームマネー取引の市場開放は、各営業日の午前9時から午後5時までです。

批評家は、変更は実質的で重要ではないと主張する可能性があります。ただし、統合された枠組みへの参加者の拡張セットを含め、キャンセルの許可など、コール、通知、およびタームマネーマーケット取引の一部の制御を緩和することは、金融セクターの成熟度が高まっていることをRBIが認めていることです。また、規制のパッチワークを体系化するためのRBIの意欲も示しています。2021年の方向性は、正しい方向への歓迎すべき一歩です。

Phoenix Legal

Phoenix Legal
Second Floor
254, Okhla Industrial
Estate Phase III
New Delhi – 110 020
India

 

Vaswani Mansion, 3/F
120 Dinshaw Vachha Road, Churchgate
Mumbai – 400 020
India

 

Contact details
Tel +91 11 4983 0000 / +91 22 4340 8500
Fax: +91 11 4983 0099 / +91 22 4340 8501
Email:

delhi@phoenixlegal.in
mumbai@phoenixlegal.in