インフラプロジェクトの財務モデルを探る

By HSA Advocates、Sharmil BhushanとJyoti Punjabiによる寄稿
0
188

インフラ分野はインドの発展にとって重要です。もしインドが2025年までに5兆ドルの経済になるという目標を達成するためには、インフラに約1.4兆ドルを費やす必要があり、インフラの資金調達は今後数年間で急激に増加すると予想されます。インフラプロジェクトは長期的であり、建設、試運転、運用の各段階で、全ての、または橋渡しの資金が必要です。したがって、均衡の取れた資金調達モデルが不可欠です。

financing
Sharmil Bhushan
パートナー
HSA Advocates

グリーンフィールドプロジェクト。建設中のプロジェクトの評価は通常BB以下であり、これらのプロジェクトへの資金提供におけるリスクが高いことを示しています。年金基金や保険会社などの大規模な投資家は控えめに投資し、紙面でAA未満の格付けの投資を制限します。グリーンフィールドプロジェクトは、債券市場を通じて資金を調達すること、または現金を生み出していないため、株式資本、疑似株式資本またはストラクチャード投資を調達することは困難です。通常、グリーンフィールドプロジェクトへの融資は、政府、銀行、開発金融機関(DFI)による債務融資に限定されます。ただし、プロジェクトが運用可能になり、キャッシュフローが生成されると、リスクは大幅に減少し、他の資金調達オプションが利用可能になります。

financing
Jyoti Punjabi
アソシエイト
HSA Advocates

ブラウンフィールドプロジェクト。インフラ部門は長い間資本不足に直面してきました。銀行やノンバンキング金融会社(NBFC)などの従来の貸し手は、インフラ部門のストレス資産へ高い露出をしています。これらのストレス資産は、いくつかの主要な貸し手にとって適正資本問題を引き起こし、貸し出す能力を制限しているため、これらのプロジェクト、特にブラウンフィールドプロジェクトに資本を提供することにおいて選択的になります。資産負債ミスマッチ(ALM)問題など、長期貸出に関連する従来のリスクも、リスク回避を大きくしています。

これらの課題に対処するために、政府は2016年倒産破産法(IBC)、ストレス資産の解決のための用意周到な枠組み、資本調達基準の改正などの取り組みを導入しました。投資家や伝統的な貸し手がIBCの枠組みの内外で魅力的な評価でストレス資産を取得する機会が今存在します。企業、金融機関、代替投資ファンド(AIF)、インフラ投資信託(InvIT)、インフラ負債ファンド(IDF)などの投資家は、融資の性質に応じて異なる仕組みを使用します。

伝統的且つ革新的融資。伝統的な資金調達源には、銀行、DFI、多国間および二国間機関による外部資金、外国投資が含まれます。革新的な資金調達手段には、資本市場、AIF、IDF、インフラNBFC、InvITなどがあります。利息、配当、キャピタルゲインに関して100%の課税控除があるため、ソブリンウェルスファンド(SWF)は、インフラおよびグリーンフィールドプロジェクトへの投資を増やし、国内SWFおよび機関投資家とリスクを共有するでしょう。

両方のモデルでのプロジェクトの資金調達は、通常、プロジェクトが組み込まれている特別目的事業体(SPV)にクレジットを拡張することによって行われます。これは、ノンリコースまたは限定ノンリコース貸付が特徴であり、主要なセキュリティパッケージは、エスクロー口座に保持されているプロジェクトキャッシュフローに対する最初の請求、官民パートナーシップ契約に基づく権利、およびプロジェクト資産に対する最初の請求から構成されます。セキュリティには、SPVの株式の誓約およびプロモーターによる保証が含まれるでしょう。機構によっては、グループ会社が不足分を負担する場合があります。

プロジェクト資金調達の前提条件はマージンの資金調達です。これは、土地の取得またはSPVへの初期資本の投資のいずれかによって、プロモーターまたはスポンサーから事前に提供される必要があります。証券および契約によって提供される快適さに加えて、証券カバーレシオ、債務株式レシオ、ローン対バリューレシオ、支配の変化、重要な悪影響および事業計画からの逸脱などの財務契約が資金調達契約に記載されるでしょう。

プロジェクト融資機関にとっては、試運転前の段階まで資金を提供することが理想的です。プロジェクトが委託された後、グリーンフィールドの金融機関は、債券またはIDFやInvITなどの長期投資家を通じて債務を借り換える必要があります。このような借り換えにより、かなりの銀行資金が解放され、新しいプロジェクトへの再開発が可能になります。この資金調達モデルにより、銀行はALMに適切に対処でき、他の投資家は安定したキャッシュフローで良質の長期資産にアクセスできるでしょう。ローンの証券化、InvIT、IDFやDFIの参加の増加などの革新的なメカニズムの使用を奨励する必要があります。これには、外国のポートフォリオ投資家の参加を増やすための規制改善と、インフラに長期的な資本を提供するためのIDF、DFI、証券化市場への外国直接投資の流れが必要になります。

HSA AdvocatesのSharmil Bhushanはパートナー、Jyoti Punjabiはアソシエイトです。

policy

HSA Advocates
81/1, Adchini, Sri Aurobindo Marg
New Delhi – 110 017
India
Construction House 5/F Walchand Hirachand Marg, Ballard Estate
Mumbai – 400 001
India
Contact details
電話: +91 11 6638 7000 ファックス: +91 11 6638 7099
電話: +91 22 4340 0400 ファックス: +91 22 4340 0444
メール: mail@hsalegal.com
ウェブサイト: www.hsalegal.com