AIを訴えるには、人間の法律の進化が必要

By Sumathi Chandrashekaran、Essenese Obhan,Obhan & Associates
0
296
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

開からわずか数週間しか経っていませんが、ChatGPTは最新のクールな話題となっています。このチャットボットが登場したのは、同じOpenAI社の製品であるDALL-Eの公開からわずか数カ月後です。DALL-Eは、テキストから画像を生成するニューラルネットワークを使って構築されています。想像力さえあれば、このようなツールの用途は無限に広がります。

ChatGPTは、大規模言語モデル(LLM)と呼ばれる人工知能(AI)ツールを使用して構築されたチャットボットで、大規模な言語データベースを利用することで、会話の文脈から人間が作成したような文章を生成します。チャットボットとして、人間の入力に反応し、自然な会話をするように設計されています。その直接的な影響は、私たちが電話やテキスト入力で使用する、チャットボット、バーチャルアシスタント、自動接客アプリケーションを利用するさまざまな場面に及ぶでしょう。さらにChatGPTのディスラプティブな(創造的破壊をもたらすような)用途として、コンテンツ生成が考えられます。事実に基づいた記事や占星術コラムのような定型文章が、ChatGPTのようなツールを使って作成されるのも、遠い将来のことではないかもしれません。

AIを訴えるには、人間の法律が進化する必要がある
Sumathi Chandrashekaran
コンサルタント
Obhan & Associates

法曹界にとって、ChatGPTやDALL-Eのようなツールは、法に関連する、また法律専門職にも影響を及ぼし得る、複雑でありながらも興味深い問題を提起しています。特に目を引くのは、著作権や責任に関する問題です。これについては、すでにさまざまな文脈で議論されてきましたが、なかでもDABUS-Thaler事件については、特許のオーサーシップとオーナーシップが議論されました。インドでは、ある出願が特許庁で審査中であると報道されているものの、その位置付けはまだ定まっていません。

AIと特許性については、これ自体に解決されていない問題がありますが、著作権や責任に関する問題は他の分野にも及んでいます。たとえば、大規模言語モデルが行っているような大量のテキストデータの利用には、著作物の利用が含まれる可能性があります。同様に、DALL-Eが、著作権で保護されている芸術作品を模倣した画像を生成するよう、指示される可能性もあります。このような場合、誰が侵害の責任を負い、誰に対して著作権者が救済を求めればよいのでしょうか。より一般的な例として、ChatGPTを使用して生成された文章が、後に使用され個人や法人に損害を与えた場合が考えられます。この場合、誰がその責任を負うことになるのでしょうか。ChatGPTを使って文章を生成した個人や法人に、責任を負わせることは可能でしょうか。

他には、不当表示の問題があります。LLMは実在の人物の言葉と間違われるような文章を生成できるため、生成された文章が個人の見解や意見を偽って表示しているとみなされれば、不当表示に該当する可能性があります。生成された文章によって他者が欺かれたり、誤解したりし、詐害行為が関わるような法的問題に発展することも考えられます。また、生成された文章が、本人の同意なしに個人になりすますためのものとみなされるかもしれません。ソフトウェアシステムのトレーニングに使用されるデータベースに秘密情報や機密情報が含まれている場合、そのデータの悪用が問題になる可能性もあります。あるいは、名誉棄損訴訟です。生成された文章に、名誉毀損の訴えの根拠となるような、人を害する虚偽の記述が含まれていたらどうなるでしょうか。

AIを訴えるには、人間の法律が進化する必要がある
Essenese Obhan
マネージングパートナー
Obhan & Associates

規制という点では、規制対象の特定という複雑な問題が生じます。コンテンツ生成はLLMの中核的用途であるため、ソーシャルメディアやオンラインプラットフォームを、自動生成したコンテンツで容易に氾濫させることができるかもしれません。ネット上の言論やコンテンツに関する規制では、誰を規制するべきなのかという問題に直面せざるを得ません。仲介者責任に関する私たちの理解が覆されるかもしれません。

LLMは、法曹界自体にも問題を突き付けています。膨大な量の判例や法令などの法的根拠を迅速かつ正確に整理し、説明することを通じて、信頼性が得られ、確立されます。ChatGPTが法的な調査や要約といった、低レベルの作業をすぐにでも代替して行うようになるかもしれず、その結果、法律専門職の一部が不必要になるかもしれません。そうなると、優れたオリジナリティと、対人スキルや営業力、より高度な感情的知性を要する業務を実施する能力などのソフトスキルが評価され、認められるようになるでしょう。未来の働き方を早急に再構築する必要があります。

結局のところ、これらのツールが私たちの慣れ親しんだ環境の境界線を突き破ろうとしているとしても、OpenAIのCEOであるSam Altman氏の言葉には耳を傾けるべきです。彼は、これらのツールは、現在の開発段階では、せいぜい「楽しい創造的インスピレーション」を提供できるに過ぎないと述べています。過大な期待や不要な恐れを抱くべきではありません。しかし、私たちは、国際社会の一員として、これを正当に評価できるほど成熟しているのでしょうか。

本稿の一部はChatGPTを使用して生成され、適切に編集されています。

Sumathi ChandrashekaranはObhan & Associatesのコンサルタント、Essenese Obhanはのマネージングパートナーです。

Obhan & Associates

Obhan & Associates

Advocates and Patent Agents

N – 94, Second Floor

Panchsheel Park

New Delhi 110017, India

連絡先の詳細:
Ashima Obhan
電話: +91-9811043532
Eメール: email@obhans.com

ashima@obhans.com

www.obhanandassociates.com

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link