東京のレイサム アンド ワトキンスにM&A部門のパートナーが参画

0
91
東京のレイサム アンド ワトキンスにM&A部門のパートナーが参画
中川洋平
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

レイサム アンド ワトキンス外国法共同事業法律事務所は、M&Aやプライベートエクイティ業務の強化を図るため、東京オフィスのパートナーに中川洋平弁護士を指名しました。

中川弁護士は、アウトバウンドおよびインバウンド取引に関して、国内外の企業に助言してきた豊富な経験を持っています。レイサムに移籍する以前は、モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所でコーポレート部門のパートナーを務めていました。米国ニューヨーク州の弁護士および日本の外国法事務弁護士の資格を有しています。

中川弁護士は、企業、投資家、金融機関など、多様な顧客に向けて、戦略的な法務サービスを提供してきました。またそのプラクティスの対象は、戦略的投資から合弁事業まで、幅広いM&A活動に及びます。

レイサム アンド ワトキンスのアジア地域マネージングパートナー、Posit Laohaphan弁護士は中川弁護士について、次のように述べています。「日本は世界的な金融およびイノベーションのハブであり、当事務所のアジア戦略における重要な柱です。彼の幅広い経験は、アジア地域での私たちの既存のケイパビリティーを高度に補完するものであり、市場をリードする当事務所のトランザクション業務をさらに強化する、素晴らしい存在となるでしょう」

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link