Asia Business Law Journal は、日本の主要な民間弁護士を公表します。 Lim Miran と Putro Harnowo レポート

世界的な健康危機の着実な回復は、日本への被害を抑えるのに役立っています。世界第3位の経済大国は、経済刺激策と政府と産業界の間の強力な協力によって支えられてきました。それでも、継続的な緊急事態宣言により、国は立ち直ることが難しい道のりを歩んでいます。

日本のGDPは今年の第1四半期に3.9%縮小し、昨年の全体的な年間減少率4.6%からわずかに改善しました。政府は緩和のために3兆米ドルを導入しました

パンデミックの影響は、主要な工業国で既に最大の債務の山を加え、その経済規模の2.5倍になっています。

明るい面として、6月16日に財務省が発表した調査によると、5月の同国の輸出は49.6%と最も速いペースで増加しました。この傾向は主に、昨年の急落からの出荷の回復によって引き起こされており、パンデミックの初期の影響からの回復のペースを示しています。

法的な状況では、日本政府はより多くの海外弁護士を引き付けることに熱心であり、昨年、外国弁護士法を改正しました。この改正により、外国人弁護士が日本で登録するために必要な経験レベルが下がり、日本と登録された外国人弁護士で構成される合弁会社と呼ばれる新しいカテゴリーの法人化法律事務所が可能となり、全国に支店を開設できるようになりました。

この改正はまた、登録外国弁護士および有資格の外国弁護士が国際仲裁および調停の当事者を代表できる範囲を拡大します。さらに、今年3月、法務省の諮問機関は、国際商事紛争を解決するためのフォーラムとしての同国の地位を高めるために仲裁法を改革するための暫定案を発表しました。

このような背景の中、Asia Business Law Journal は、日本で実務を行うトップ100の弁護士(外国の法律顧問、顧問、弁護士を含む)のAリストを紹介します。(100人の弁護士全員のリストと、この記事によって承認されている主要な実務分野をご参照ください)。このリストは、日本およびその他の国に拠点を置く社内弁護士、および国外に拠点を置く国際法律事務所の日本にフォーカスしているパートナーに実施された広範な調査と推薦に基づいています。

Aリストの弁護士のほとんどは、国内最大の経済地域および金融センターである東京に在住しています。これは、最高の弁護士が首都におり、金融および分野固有の規制当局間の動向や、さまざまな国際企業、大学、研究機関が本社を置くビジネスセンター内での進展に注視していることを反映しているでしょう。

金融と国境を越えたアドバイザー

日本の金融分野は、世界的な景気減速の中、堅調に推移しています。世界最大の銀行のいくつかの本拠地として、国は活気に満ちた金融活動と国境を越えた買収を見てきました。

この点で、東京の新生銀行のエグゼクティブダイレクターである實川忍氏は、森・濱田松本法律事務所のパートナーである江平享氏が「国内の金融規制に精通し、ストラクチャードファイナンスの分野に深い知識を持っている」と称賛しています。彼はまた、すべてのプロジェクトのゲートキーパーとしてのアドバイザーでもあります。」

東京、りそな銀行のチーフマネージャーである藤沢元将氏も同意します。[江平氏]は、深い金融知識に基づいて、常に顧客の期待を超える答えを提供します。」

藤沢氏はまた、顧客のニーズを把握し、ストラクチャードファイナンスの分野で卓越した知識を持っていることで、江平氏の同僚であるパートナーの小林高大氏も称賛しています。「彼は、プロジェクトの構成において、特に顧客が間違った決定を下そうとしているときに、顧客に利益をもたらす助言を提供します。彼の助言を参考にして、何度も何度も正しい決断を下すことができました。」

森・濱田松本のもう一人のパートナーである大西信治氏は、東京のUBS証券ジャパンの佐藤はるな取締役から称賛されています。「大西氏は弁護士としての専門知識が豊富であるだけでなく、日本の通常の商慣習もよく知っています」と佐藤氏は言います。「彼は日本の商習慣に従って私たちに助言をします。彼はビジネスセンスがよく、常に私たちの必要を満たすことを考えており、時には私たちの必要に合わせてサービスを変更します。」

東京のGoldman Sachs Japan のマネージングディレクターである鳥山しんさく氏は、Linklatersのパートナーである藤田元康氏がデリバティブとストラクチャードファイナンス規制の専門知識を持っていることを称賛します。「最近の例として、彼は業界の参加者や規制当局を含むさまざまな利害関係者との話し合いを通じて、多数の複雑な国境を越えた法的問題を含む証拠金規制の実施プロセスで業界を大いに助けました」と鳥山氏は言います。「彼は顧客にフォーカスし、非常に役に立ちます。」

東京のソシエテ・ジェネラル証券ジャパンの法務部長である酒井のぶはる氏も同じ意見を持っています。「藤田元康氏は間違いなく日本で最高のデリバティブ弁護士であり、デリバティブ取引について外部の弁護士を雇う必要があるときはいつでも、彼は常に頼りになる人物です」と酒井氏は言います。「彼は私たちが達成したいことを理解し、彼の深い知識を使って法的リスクを軽減する方法で解決策を提供することができる弁護士です。彼の解決指向の技能は、新しいタイプの取引を実行したいときに特に高く評価されます。」

エネルギーおよび建設プロジェクト

世界市場が順応し、回復し続けるにつれて、投資家は、多くの日本の弁護士が非常に忙しい、エネルギーと建設プロジェクトに目を向けています。

Baker McKenzie 東京オフィスのパートナー兼不動産グループの責任者である池田成史氏は、長年のクライアントである北海道倶知安町ニセコ不動産の不動産取引マネージャーである森広こうじろう氏から推薦されています。

「池田氏は、さまざまな投資家や開発プロジェクトにおいて、ニセコ不動産に10年以上にわたり、貴重な、計り知れないレベルのサポートを提供しています」と森広氏は言います。「彼の一流の専門家としての助言は、多くの大規模な成功した開発プロジェクトを効率的かつ自信を持って完了する会社の能力に貢献する重要な要素であり、彼の豊富な経験と知識は不可欠です。」

東京の不動産会社パシフィック・センチュリー・プレミアム・デベロップメントの代表取締役である東福寺なおみ氏も同意します。「成史はあらゆる面で連絡を取り合う人です」と東福寺は言います。「彼は非常に顧客志向であり、法律でカバーされていないガイドラインと詳細を完全に理解するために時間を費やしていますが、それは顧客が求ているものを完全に満たすために正確な助言とサービスを提供するために必要です。」

池田の同僚でパートナーの Gavin Raftery も、再生可能プロジェクトの開発者であり、アジアのクリーンエネルギー事業に投資しているシンガポールのドリームプロジェクトインキュベーターの創設者兼最高経営責任者である金當一臣から、彼の専門的技能を称賛されています。「[Rafteryの]買収とプロジェク金融をカバーする多様な実務と豊富な経験、そして彼の幅広いネットワークは、わが社のようなグローバル企業が法律上および財務上の複雑さに対し、より良い戦略を持ち、プロジェクト開発を円滑に実行するのに役立ちます」と金當氏は言います。「私はいつも彼の仲間の仕事を完了する技能、創造性、そして粘り強さに感謝しています。」

エネルギープロジェクトでの彼の仕事で称賛されているもう1人の弁護士は、King&SpaldingのパートナーであるMark Daviesです。彼は、アジア開発銀行(ADB)、国際協力銀行(JBIC)、およびタイのチョンブリにある2,500MWの発電所への融資に関する商業貸し手に助言する会社のチームを率いました。

マニラのADBの主任弁護士である Nicholas Moller は、Davies の専門知識が、プロジェクトの複雑な迷路をうまく通り抜け、タイムリーな決算を達成したと述べています。「Markは、日本とその地域で長年にわたって開発されたアジア太平洋地域の市場に関する深い知識と高度な技能を持つ弁護士です」とMoller氏は言います。「彼は自分の仕事に対して非常に商業的なアプローチをとっており、常に全体像を見ることができます。これは、プロジェクト金融取引を効率的に完了するのに役立ちます。」

風力発電所の開発者である日本風力開発の東京のゼネラルマネージャーであるJohn Popham氏も、Davies氏 の商業的考え方を認めています。彼は、交渉において非常に重要であり、「他の方法で得られるよりも良い契約条件をもたらします。」と述べています。

「さらに、彼は非常に熱心で、顧客に有益な結果をもたらすことに意欲的です」とPopham氏は言います。「要するに、重要な契約を交渉するときに私のそばにいて欲しいと思う弁護士は彼以外いないのです。」

東京にある日本の不動産会社ユニゾホールディングスの社長兼最高経営責任者である山口雄平氏は、TMI総合法律事務所のシニアパートナーである岩倉正和氏について次のように述べています。「当社の現状を深く理解するために常に努力を惜しまず、状況に応じた法的な助言をタイムリーかつ適切に提供できる人物です。」

香港では、アジアに本拠を置く民間投資会社Pacific Century GroupのゼネラルカウンセルのDerek Fong氏も、同社の法律顧問を長年務めてきた岩倉氏に満足を表明しています。「彼のチームは、不動産取引から保険および金融サービス部門への投資機会に至るまで、多くの問題について私たちと緊密に協力しています」とFong氏は言います。「彼は強力なリーダーであり、敏感に反応し、日本の規制の枠組みに関する最新の知識を持っています。」

大物

法律業界で働くことは決して容易ではなく、トップに立つことはさらに困難ですが、一部の人は自分たちの事務所を率いたり設立したりして本当に名をなしました。

そのうちの一人は、キャストグローバルグループの創設者兼最高経営責任者である村尾龍雄氏であり、神戸のレストラン兼フランチャイズオペレーターであるトリドールホールディングスの顧問弁護士である新隈さとし氏から国境を越えたスキルで指名されています。「彼は中国語に非常に堪能で、コモンローに精通した香港の弁護士です」と新隈氏は言います。「彼は私たちに提案をするのに非常に積極的です。」

ただし、優れた法的洞察力だけでは、顧客から信頼されるには不十分な場合があります。   東京の独立系ベンチャーキャピタルであるグローバルブレインの顧問弁護士の島津寛司氏が、サウスゲート法律事務所の創設パートナーである木下万暁氏を述べるように、彼らには創造性が必要です。

「木下万暁氏は、デューデリジェンス、交渉、レビュー文書、契約締結など、30日以内に国境を越えたM&A契約を締結することができました」と島津氏は言います。「大きな取引ではありませんでしたが、買い手と売り手は複数の国にまたがり、かなり複雑です。彼の創造性がなければ完了することは出来なかったでしょう。」

東京の日本の特殊効果スタジオの円谷プロダクションの法務および企業戦略部門の責任者である森あきら氏は、Quinn Emanuel Urquhart&Sullivanのパートナーで東京オフィスの責任者である Ryan Goldstein 氏について次のように述べています。「Ryan と彼のチームは、米国での法廷裁判で判決を勝ち取る最も重要な結果をもたらしました。彼らは私たちの手続きに自信を持たせるという点で非常に信頼でき、理解していないことや疑問を持っていることに何でも説明してくれました。」

東京のブレインキャピタルのマネージングディレクターである末包昌司氏は、Ropes & Grayの東京オフィスのマネージングパートナーである今井毅氏を称賛しています。「毅は、技術的な知識と交渉力だけでなく、取引の全体像における法的または構造化関連の問題のリスクとリターンのプロファイルを評価するための優れた商業的判断力を備えた優れた弁護士だと思います」と彼は言います。

女性候補者

日本のビジネスで保守的な世界で女性が強力な役割を果たしているのを見るのはまだ珍しい光景であり、国の法律業界についても同じことが言えます。日本の社会が開かれ、より多くの人々が男女共同参画を支持するにつれて、私たちのAリストに載っている14人の女性弁護士を含め、より多くの女性が専門職に就き、顧客から尊敬を集めています。

東京の日本の採用担当会社パソナグループのコーポレートガバナンス計画、法務および契約コンサルティング部門のゼネラルマネージャーである村上いずみ氏は、森・濱田松本法律事務所のパートナーである高谷千佐子氏の労働関連の紛争と人員システムの設計についての助言を称賛しました。「彼女は私たちのビジネスと私たちの社会的地位を深く理解しています」と村上氏は言います。「彼女のアドバイスは明確で信頼できます。彼女は心強い弁護士です。」

西村あさひのパートナーである伊藤真弥氏は、テルアビブにある国際法律事務所 Pearl Cohen のシニアパートナー兼日本実務グループの議長である Guy Lachmann から称賛されています。「真弥は非常に専門的で、反応が良く、やる気があり、日本でビジネスをする外国の顧客、または日本のビジネスマンとビジネスをするのに優れています」とLachmann氏は言います。

Aリストに載った他の著名な女性は次のとおりです。渥美坂井のシニアパートナーである丹生谷美穂と由布節子。 TMI総合法律事務所のベテラン弁護士である藤本美枝、相澤光江、宮川美津子。 Clifford Chance の共同経営パートナー崎村玲子。 Baker Mckenzie のパートナー、末富純子。 外苑法律事務所のパートナーの桑原聡子。 森・濱田松本のパートナー、小澤絵理子。 長島・大野・常松のパートナーの石黒美幸、服部薫、玉井裕子。

Aリストの編集

Aリストは、Asia Business LawJournal が実施した広範な調査に基づいています。日本のトップ100の弁護士を特定するために、私たちは日本および世界中の何千人もの社内弁護士、および国際的な法律事務所のパートナーに相談し、どの弁護士が目的に達しているか、そしてその理由を教えてもらいました。

推薦は、以下を含む幅広い日本企業およびグローバル企業、金融機関、法律事務所の専門家によって行われました。アジア開発銀行, ベインキャピタル, Citi, Credit Suisse, Deloitte Tohmatsu Financial Advisory, ドリームプロジェクトインキュベーター, East Bridge Renewable, Farallon, Global Brain, Goldman Sachs 日本伊藤園, 日本風力開発, Lone Star Funds, MARKTEC Corp, 三菱UFJ信託銀行, ニセコ不動産, Pacific Century Group, Pacific Century Premium Developments, パソナグループ, Pearl Cohen, Remixpoint, ルネサスエレクトロニクス, りそな銀行, Romulo Mabanta Buenaventura Sayoc & De los Angeles, Shardul Amarchand Mangaldas & Co, 新生銀行, Societe Generale Securities Japan, 三井住友銀行, 高見, 東京スター銀行, トリドール ホールディング, 円谷プロダクション, UBS証券、日本, ユニゾホールディング、等徹底的な編集調査が推薦プロセスに従いました。

最終的なリストは、アジアの法務市場の文書化と分析におけるAsia Law Journalの編集チームの豊富な経験と組み合わせて受け取った推薦を反映しています。日本に拠点を置くすべての日本の民間弁護士および外国人弁護士は、自動的に推薦プロセスに含まれる資格があり、通常、費用やその他の要件は不要でした。

次のページには、100人のAリスト弁護士全員の名前と写真が掲載されています。さらに、各Aリスト弁護士には、掲載費用が必要ですが、経歴と連絡先の詳細を含める機会が与えられました。

Aリストの編集は独立した編集調査のみに基づいていますが、リストの多くと一緒に表示される経歴と連絡先の詳細は参加弁護士によって書かれており、内容に関しては、Asia Business Law Journalによる独立した検証はされていないことにご留意ください。

Japan A-list 2021 - layout design_banner-01