アジア全域のトップ女性弁護士の収集は、成功、戦略、闘争、喪失の個人的なストーリーを、より包括的に司法のプロとして共有します。Putro Harnowo レポート

曹は長い間、凝り固まった「少年クラブ」の精神に対して批判を受けてきました。しかし、Linklaters、Herbert Smith Freehills、Freshfields Bruckhaus Deringerなどの多国籍企業が、グローバルな事業を主導する最初の女性弁護士を選出するという最近の動きは、確かに目覚ましい変化です。

問題は、そのような進歩は、アジアの複雑な法的および文化的エコシステム内でのより広範な飛躍の始まりを世界的に示すものかです?

多くの研究で、性別と民族の多様性がビジネスと意思決定に適していることがわかっています。McKinsey&Companyは、2020年のレポート「多様性が勝つ」で次のように述べています。包含がどのように重要かは、性別が多様な経営陣が上位4分の1の場合は、最も多様性の低いチームよりも平均以上の収益性に貢献する可能性が25%高いことがわかりました。経営幹部の30%以上が女性である企業は、女性の幹部が少ない、またはまったくいない企業より、業績が優れている可能性が高いです。多くの報告はまた、包括性に就いての数字のゆっくりとした改善を指摘しています。

それでも、女性はリーダーシップのトップで過小評価されたままです。フォーチュン500企業を経営する女性の数は昨年37の記録に達し、その数は増え続けていますが、それでも雑誌が毎年まとめている企業の7.4%にすぎません。アジアの法的な状況は、性別格差は良くありません。

次の特集は、アジアの管轄区域全体で法にたずさわる女性の個人的な話を提供すると同時に、それらにある豊富な共有体験を描いています。特集は、従っている人たちへの忠告、体験、励ましです。


Naomi Koshi

[ 日本 ]

先駆者

越直美、元大津市長、東京の三浦法律事務所のパートナー

越直美が滋賀県の県庁所在地である大津市の市長に選出されたのはわずか36歳で、日本で最年少で、女性市長の2%の1人になりました。2012年から2020年までの任期4年、2期の間、彼女は、育児へのアクセスの改善を含む、産後も女性が労働力にとどまるための男女参画平等措置を提唱しました。

弁護士から公職への長い道のりの中で、この日本における女性の権利の擁護者は、多くの機会に、他の人が従う道を切り開く必要がありました。これは、国の保守的な文化における男女平等のゆっくりとした発展でした。

越は2002年に西村あさひでアソシエイトとしてキャリアをスタートし、その後ハーバード大学ロースクールで学び、Debevoise & Plimptonに勤務しました。彼女は現在、三浦法律事務所のパートナーとして個人実務に戻り、日本のコーポレートガバナンスと新興企業エコシステムにおける性別の多様性について顧客に助言を行っています。

「私の本当の最低点は、2000年に司法試験に合格する前に、日本の司法試験に3回失敗したときでした」と彼女は回想します。「北海道大学を卒業しました。景気後退の影響で、女性が就職するのは非常に難しく、司法試験に合格するしかありませんでした。男性の卒業生は、日本の大企業で比較的簡単に良い仕事を見つけることができました。

「女性として、私は司法試験を通過する以外に多くの選択肢がありませんでした。男女の職業上の不平等に気づいた最初でした。また失敗したらどうしようかと毎日不安でした。それが私の最低点でしたが、それは日本の女性の平等に向けて働くことを私の心に植え付け、後に、最終的に私の勇気とモチベーションに貢献しました。」

越のもう一つの転換点は、2009年にハーバード大学ロースクーを卒業した後に起こりました。「次のキャリアステップに迷いました」と彼女は言います。「私はすでに10年間法律で働いていましたが、同じ仕事を続けるべきか、それとももっと大きなリスクを冒して市長に立候補するべきかわかりませんでした。日本の女性の状況を改善することを強く望んでいましたが、日本の政治家に忠告を求めたところ、落胆した人もいました。彼らは私が若すぎて経験が浅くて市長になれないと言いました。その時点で私は自分自身をひどく疑いました。しかし、私の友人の一人が私に言いました:「あなたは幸運です。世界のほとんどの人は、どこに住むか、何をするかを選ぶことができません。 あなたには選択の自由があります。」

「これは恐ろしい時期でしたが、このような大きなリスクを冒して転職することは、私の人生の最高のポイントの1つになりました。私には選択肢と自由があり、そのリスクを冒す勇気を発見しました。また、その勇気を見つけるのを手伝ってくれた協力的な友人がいたことも幸運でした。

過去10年間で、法曹界の女性に対する態度は改善されましたが、その変化は小さすぎると越は言います。2008年、日本には3,599人の女性弁護士がいましたが、全体の14%に過ぎませんでした。2018年には、女性弁護士のその数は7,474人に増加し、2倍以上になりましたが、それでもこの分野の19%にすぎません。女性弁護士の総数は2倍になったものの、この比率は5%しか増加しておらず、まだ女性は、日本の弁護士で少数派であると彼女は言います。

「私の観察では、女性弁護士にとっての主要な障壁の1つは、育児を取り巻くより大きな社会問題と、子育てに関して女性に向けられる推測に関係しています」と彼女は言います。「日本の女性は依然として子どもの主介護者であることが期待されており、子どもを持つ女性労働者への不十分な育児サービスと相まって、職場の女性にとって最大の障壁となっています。一般的に長い時間を必要とする法曹界では、障壁はさらに大きくなる可能性があります。

「他の業界の女性と同様に、女性弁護士は子供たちの世話をするための保育園を見つけるのに苦労することがよくあります。    保育園を見つけることができたとしても、遅くまで働かなければならないことが多いため、閉園時間前に子供を迎えに行くことができない場合があります。また、日本では、乳母は弁護士にとっても高価です。したがって、女性弁護士が法律を実践し、子育てをすることは難しくなる場合があります。これが私が市長に立候補した主な理由でした。日本で働く女性の状況を変えるためです。」

新人で選出された市長として、越は、彼女の部下のほとんどすべてが彼女より年上の男性であり、多くは50代で、生涯の公務員の地位にある事に気付きました。「ある日、従業員との会議で、自分の政策の1つを採用するように説得しようとしました。マネージャーの一人が怒って、叫び、机を叩きました。彼らは時々、私に直接ではなく、市民に、私のリーダーシップは「強すぎる」と言いました。彼らは私は自分で決断し、他人の言うことを聞かないと言いました。しかし、彼らは前市長を同じように扱ったのでしょうか?もちろん、彼らはそうしませんでした。元市長は70歳の男性でした。その前の市長は80歳の男性でした。従業員は若い女性の話を聞くのが好きではありませんでした。」

彼女が2期目の選挙運動をしたとき、2016年に事態は激しくなりました。「駅でチラシを配っていました。50歳くらいの男性が私に話しかけ、高校の経歴について不平を言い始め、それから私を蹴りました。同じく50歳くらいの別の男性が私に向かって叫びました。「あなたは悪くて強すぎる。あなたは年配の人の言うことを聞かない。」日本では、強い女性に対する抵抗がたくさんあります。多くの人々は依然として、男女の間の時代遅れで不公平な不平等に固執しています。」

この性別による偏見にかかわらず、越には目標と約束があり、それを達成することを決意しました。「市役所の職員に、育児制度の改善などの私の方針と、それが女性労働者と地域社会全体にとってなぜそれほど重要なのかを理解してもらいたいと思いました」と彼女は言います。「徐々に、彼らは私の方針と私の性格を理解するようになりました。また、多くの打ち合わせを通じて、一部の従業員や市民が私の方針に反対した理由を理解するようになりました。それぞれの問題や政策目標について話し合い、話し合う内に、人としてお互いをより良く理解するようになり、状況は改善しました。

「私は保育システムの改善に注力し、約3,000人の子供たちのために54の保育園を建設しました。5歳未満の子供を持つ働く母親の数は70%増加し、今では働き続けることを選択できます。」

越は、法律事務所内の女性弁護士、特に大企業の弁護士にとっての新たな課題は、多くの場合、深夜までの長時間労働に起因すると述べています。その結果、子供を持つ女性弁護士は、代わりに社内弁護士として働くことを選択します。

「市長を辞任した後、次の質問は、女性が働き続けても、女性は会社の男性と同じ立場にあるのかということでした。女性は男性と同じ給料をもらえますか?答えはノーです。 私の次の目標は、取締役会に参加し、指導的立場にある女性を増やすことです。

「法律の実務に加えて、三浦法律事務所の同僚の松澤香と一緒に、日本の企業の取締役会を多様化するために新会社OnBoardKKを立ち上げました。女性の取締役と候補者を訓練し、女性の取締役を探している企業と候補者にマッチングサービスを提供します。」


Jaclyn Tsai

[ 台湾 ]

選択による成功

台北のLee TsaiPartnersの共同創設者、JaclynTsai

地方裁判所の裁判官から多国籍企業の顧問弁護士、法律事務所の設立、政府の大臣まで、Jaclyn Tsaiはキャリアの中で複数の頂点に達し、台湾の真の男女共同参画に必要な変化についての観察をさらに力を入れています。たとえば、彼女は女性弁護士の数が増えていることを勇気を持って見ていますが、指導的立場にある女性の決定的な不足をすぐに批判しています。

Tsaiは、法務省が発表した統計によると、台湾の司法試験に合格する女性の数は、2015年の34.9%から今日では40%近くまで、過去数年間で徐々に増加していると指摘しています。さらに、女性は台湾の人口の45%を占め、大学院の学位を取得しているものがいます。

「女性弁護士の数はまもなく男性弁護士の数と同じになるでしょう」とTsaiは言います。「しかし、リーダーシップと起業家の立場には男性と女性の間に違いがあります。法律事務所の経営パートナーと創設者は依然として主に男性であり、これは他の業界でも同じで、台湾のCEOのわずか8%を女性が占めています。

「私の観察では、この現象は、女性がまだ仕事と家庭生活のどちらかを選択しなければならないためです。多くの女性は、急増する訴訟に取り組み、ネットワークの構築に時間を費やさなければならない法律事務所の経営パートナーまたは創設者であることは、家族を築くのに役立たないと感じるかもしれません。そのため、多くの女性が社内弁護士の立場を選択しているのを目にします。そこでは、ワークライフバランスをより多く持つことができると感じています。

「多くの女性と同じように、私は自分のキャリアの中で、大規模な多国籍企業の家族生活と企業生活の岐路に立っていました。多国籍企業の幹部である私は、世界中を旅するのにかなりの時間を費やしました。そのため、家族と過ごす時間は不足していました。当時、私の子供たちはまだ若かったので、私は、法律事務所を始めるために台湾に戻るために、より高い地位の追求をあきらめることにしました。」

Tsaiは、IBM Greater Chinaの顧問弁護士を辞任した後、1998年にパートナーのLee Chung-tehと共にLeeTsai&Partnersを設立しました。2013年に、彼女は再び移動し、今回は政治で、デジタル関連政策の無任所大臣に任命されました。彼女の任期中、彼女は仮想世界の開発、eコマース、共有経済、デジタルコンバージェンス、スタートアップ環境、オープンデータ、およびデータガバナンスに関連する法律の改革を担当しました。

「私のキャリアの最高点は、無任所大臣に任命されたことでした」と彼女は言います。「私は、多くのハイテク企業や新興企業で法曹業界の弁護士として働いた実際的経験と知識から、業界のプレーヤーにとって意味のある政府の政策を主導することまで、実際的経験と知識を得ることが出来ました。それは私のキャリアの中で最も挑戦的な立場の1つでしたが、同様に最もやりがいのある立場の1つでした。

「私のキャリアの最低点は、IBMでのキャリアの追求をあきらめなければならなかったことと言えます。そうは言っても、私は物事は最善に成し遂げると信じています。非常にやりがいのある旅であった法律事務所を立ち上げる道を選択しなかったとしたら、私のキャリアの中でその最高点に到達することはなかったでしょう。」

Tsaiは、台北市政府のスマートシティ委員会とデータガバナンス委員会の委員を務めながら、2016年に法律事務所に戻りました。彼女は現在、台湾女董事協会および台湾 フィンテック協会の議長も務めています。


Lorna Chen

[ 香港 ]

人材パイプライン

Lorna Chen、アジア地域経営パートナー、ShearmanSterlingのグレーターチャイナ責任者

同社のエグゼクティブグループのメンバーである Lorna Chen はアジアでの資産管理と投資ファンドの実務を設立し、主導しています。彼女は投資ファンドと未公開株式投資の分野で20年以上の経験があり、オルタナティブ投資商品と共同投資構造の構築、再構築、および運用に就いて、お客様に助言しています。

Chenは、2008年に香港に移転する前に、同社のニューヨークオフィスで8年間働いていました。彼女は、メディアや主要な業界会議を通じて、この地域の投資動向について頻繁に市場コメンテーターを務めています。

彼女は「女性の人材パイプラインの開発に対する意識と強調が高まっていると思います」と述べます。「女性の法律専門家が直面する問題についてよりオープンな議論があり、進歩を遂げるために不可欠なそのような話し合いに積極的に参加する男性の支持者が増えています。    性別の多様性の取り組みはますます制度化され、企業文化に組み込まれるようになりました。

「Shearman&Sterlingでは、多様性と包括性が私たちの組織の一部であり、私たちが誰であるか、そしてグローバルなエリート法律事務所として私たちが行うすべてのことに織り込まれています。私は2018年に専任の世界的多様性&包括的タスクフォースを設立し、そのメンバーになっています。私たちの女性パートナーまたはアソシエイトメンタリングサークルは、私たちの女性アソシエイトに、メンタリングを自己選択し、女性パートナーや仲間と共鳴する方法で関与する機会を提供します。

「私の観察によると、態度の前向きな変化は、法律で長期的なキャリアを追求するより多くの女性に貢献しています。しかし、法律事務所の女性リーダーは依然として不釣り合いに少ないため、改善の余地はまだたくさんあります。私たちは、女性が職場や社会で直面し続けている体系的な障壁を研究し、対処する必要があります。

「私の努力がお客様や会社に認められ、常に私のキャリアを前進させて上級管理職に就くことは、信じられないほど充実しています。しかし、私の業績よりもさらにやりがいのあることは、社内およびより広範な法律コミュニティで後輩の女性弁護士を支援および育成することです。最高のレベルを目指すために、もっと多くの人に刺激を与えたいと思います。

「後輩の弁護士への私の助言は、オープンマインドを保ち、さまざまな分野について学ぶことです。柔軟でさまざまな種類の作業を試すことは、自分が最も楽しんでいることを理解するのに役立ちます、なぜなら、最終的には、あなたの仕事はあなたに喜びをもたらさなければならないからです。成功するキャリアは、常に慎重な設計によって実現するのではなく、新しい機会を受け入れることによって実現します。私の別のヒントは、あなたが現在の状況に満足していない場合、率先して、あなたがなりたい場所に向かってあなたを動かすための変更を求めることです。尋ねるまで、何が可能かはわかりません。」


Tiziana Sucharitkul

[ タイ ]

トップからの視点

バンコクの TillekeGibbins の紛争解決および訴訟グループの共同経営パートナー兼ディレクターのTizianaSucharitkul

「法務業界の女性に対する態度は確かに過去10年間で良くなっています。それは、改善への長い努力の継続だと思います」とTiziana Sucharitkulは言います。「過去10年間の変化の多くは、特に法務業界の女性が利用できる機会のレベルに関連して、はるか前に始まった勢いの結果です。世界中の法律事務所の経営に女性が加わったことをうれしく思います。1980年代から1990年代に始まった男女共同参画の改善は、2000年代と2010年代に成熟し始めました。

「もちろん、いくつかの障壁はまだ存在します。特に、女性が家族を養い、法律事務所を経営することはできないという仮定はナンセンスですが、これらはより平等主義的なリーダーシップによって設定された新しい例ごとに薄れています。」

Sucharitkulは、法曹界のリーダーシップを発揮する女性に関するアジアで最も尊敬されている声の1つであり、専門サービスの多様性と平等に関する世界的なイベントで定期的に講演を行っています、それは、注意が必要な場合でも、彼女の観察は励みになります。

「多くの企業では、女性は上級管理職レベルで少数の存在ですが、女性が上級管理職または経営職のパートナーの役割を担っているのを見るのはもはや驚くべきことではありません」と彼女は言います。「その傾向は進展し続けるはずです。新たに資格を取得したレベルでは、これまで以上に多くの女性が職業に就き、法科大学院では女性が過半数をたびたび占めています。最新のコーホートがパートナーシップレベルに達するまでには、バランスははるかに均一になると期待しています。

「態度と労働文化の前向きな変化はそれに伴いますが、不思議なことに、はるかに大きな障壁が打ち破られたとしても、それは継続しているように見える小さなことです。例えば、私は今でも、良い意味で、「女性弁護士」または同等の用語で呼ばれる上級の女性パートナーと単に語彙を更新していない進歩的な年配の弁護士をまだ目撃します。それが次の大きな変化だと思います。

「ガラスの天井はしばらくの間ひび割れていきますが、それが粉々になったとしても、もう少し時間がかかる文化の変化があります。また、一部の法域での変更は、他の法域よりも必然的に時間がかかることも注目に値します。」

2021年、Sucharitkulは、国際法曹協会の法律事務所経営委員会のメンバーとして2年間の任期を開始しました。彼女はまた、2018年から2019年まで、Tilleke&Gibbinsがメンバーとなっている独立した法律事務所の主要なグローバルネットワークである Lex Mundi の取締役会の議長を務めました。現在、彼女は LexMundi の ProBono Foundation の理事を務めており、ネットワーキングの成功のための女性のイニシアチブに積極的に関わっています。

「私はキャリアのほとんどで Lex Mundi に深く関わってきました。世界規模で指導的立場に立つ機会は、私にとって非常に感謝です」と彼女は述べています。「とはいえ、私のキャリアにおける最大の満足は、Tilleke&Gibbins の二人の共同経営パートナーの一人としての私の役割から来ています。2006年にこの職に就任して以来、私はチームと協力して、2つのオフィスから,6ヵ国で7つのオフィスに会社を成長させ、お客様サービスを継続的に改善し、東南アジアのマーケットリーダーとしての地位を確固たるものにしています。それは個人的なポイントではなく、キャリアの長い努力の結果ですが、間違いなく私が最も誇りに思っているのはキャリアの成果です。

「共同経営パートナーであることは、社内で事務所を最大限に強化する方法を見つけ出すことであれ、covid-19パンデミックなどの世界的な危機を乗り越えて会社を導くことであれ、私の最大の課題のいくつかを提供します。これらの課題を乗り越えて会社を導くことは確かに一連のハイポイントであり、今後さらに多くの課題が発生すると確信しています。

「確かに、他の人よりも多くの仕事をしなければならないと感じたことがあります。特に、国際的な設定では、法律上の女性の数と年功が劇的に変化する可能性があります。しかし、私は自分のキャリアのほとんどを、多様性を尊重し、優れた能力を持つ可能性のある従業員に平等な機会を与える会社で過ごすことができて非常に幸運です。現在、Tilleke&Gibbinsの共同経営パートナーとして、すべての事務所の人材に平等な競争の場を提供する取り組みを支えるこの実力主義の環境を維持および強化しようとしています。」


Rahayu Ningsih Hoed

[ インドネシア ]

死傷者を請求する戦い

Rahayu Ningsih Hoed、ジャカルタの MakarimTaira S のシニアパートナー

すべてに価格があるようで、時にはその値札が高すぎるかもしれません。Rahayu Ningsih Hoedの戦いは、他の法律に従事する女性に多くの点で馴染みのある男性優位の職業リングで行われましたが、彼女にとって苦いひねりは浄化であり、悲劇でした。

「特にアジアでは、キャリアを積むことと、忠実な娘、成功した妻、または母親になることの間で、働く女性をめぐる戦いが常にあります」と彼女は言います。「女性は家族の世話をし、男性は稼ぎ手であるという伝統的な期待がありました。多くの女性が法曹界で男性と同じくらい成功していることが証明されていますが、危機の際には、私たちはしばしば自分のキャリアと家族のどちらかを選ばなければなりません。

「私は以前にそのような難しい選択に直面しました。私はかつて、咳を訴える夫と一緒にいるのではなく、さまざまな国の多くの政党との重要な会議を主導することを選びました。私は前日にすでに彼を医者に連れて行っていました。私が会議中に彼は心臓発作で亡くなりました。罪悪感で麻痺していて、私は何ヶ月も機能することができませんでした。

「したがって、私のアドバイスは、あなたが自分のキャリアと家族のどちらかを選択しなければならないことに直面した場合は、最初に家族を選択することです。     私たちの仕事は確かに自尊心と経済的側面からやりがいがありますが、あなたのキャリアはまだそこにあり、あなたはいつでも他の場所でそれを再開することができます、あなたの家族がいなくなったり、あなたの子供が引っ越したりする可能性があります。すべての成功した女性の後ろには素晴らしい家族がいます。」

Hoed、または彼女の友人への「Yayuk」は、法務業界の女性が男性とは異なって扱われているとは感じていないと彼女は言います。「伝統的に、インドネシアの女性は家族を助けたり、夫を支えたりするのが一般的です」と彼女は言います。「しかし、70年以上にわたって女性の裁判官、検察官、訴訟担当者がいるにもかかわらず、訴訟にはより多くの男性弁護士がいます。

「ほとんどの女性弁護士は、企業、商業、銀行、金融の問題に取り組んでいます。おそらく彼らは対立が好きではないので、彼らは支援的な役割を果たし、取引が計画通りにうまくいくのを容易にすることを好みます。それはまた、女性弁護士がより忍耐強く、勤勉で、回復力があり、徹底的であり、企業や商業、銀行や金融の仕事に必要なすべての資質があるためかもしれません。

「過去10年間の変化は、法曹の特徴である長時間労働が若い世代にとってもはや魅力的ではなくなったことです。彼らはよりバランスの取れた生活を望んでいます。過去には、女性弁護士は主な稼ぎ手ではないため、子育てと家計の管理を優先すべきだと主張して、女性弁護士に長時間労働に反対した両親や夫からの挑戦がありました。しかし、今日では、一見野心的な弁護士でさえ、社交をし、クラブに行き、夜遅くまで働きたくないと思っています。

30年前、女性弁護士は、私たちの仕事の中で出会った異性にしばしばからかわれました。それは虐待的ではありませんでしたが、不適切な褒め言葉や汚いジョークが含まれていました。おそらく彼らはそのような行動はお世辞になるだろうと思ったのかもしれませんし、あるいはセクハラは当時は苦情ではなかったので、友情の精神で行われたのかもしれません。私は彼らの発言を無視して仕事を続けることで課題を克服し、彼らが行き過ぎた場合は他の場所に行くように言いました。」

HoedはMakarim&Taira Sに30年以上在籍しており、同社の最上級パートナーです。彼女はジャーナリストおよびパラリーガルとしての経歴があるため、法律実務のほぼすべての側面で豊富な経験を持っています。

彼女は、企業およびM&A取引、仲裁、雇用、およびプロジェクト金融で広く認識されています。彼女は、多くの外国大使館、発電所開発者、リゾート所有者、石油およびガス会社、製造業者、および鉱業のための用地取得の交渉に成功しています。

「私のキャリアの最高のポイントは、数年間、時には10年以上も続いていた取引を閉じることができたときでした」とHoedは回想します。「私は緑野からインフラプロジェクトを処理したので、遅延は避けられないことがよくありました。お客様の土地利用権が延長されたり、長期ローンが返済されて債券が償還されたりしたとき、私は仕事をうまく遂行する勝利を感じました。私のキャリアの中で最低のポイントは、健全で堅実な抗弁の欠如のためではなく、残念ながらインドネシアではまだ一般的である超法規的措置のために、判決を失した時です。」

Covid機密

「パンデミックでは、私たちは減速し、健康や家族など、私たちの生活の中で重要なことを優先する必要があることを思い出させます。弁護士としての私たちの生活は、ジェットコースターのようなものです。期限は非常に多く、時間は限られています。お客様は昨日仕事を完了することを要求し、女性弁護士として、私たちは家族生活と職業生活を処理しなければなりません。

「突然、covid-19のため、私たちは家にいなければなりませんでした。プロジェクトが延期されたため、当初は休暇のように感じましたが、その後パンデミックが蔓延し、不安になりました。最初に消毒剤をスプレーせずに何かに触れることは決してありません。また、他の人が部屋にいるときはいつでもマスクを外すことはありません。しかし、在宅勤務の数か月後、私は自分のリズムを見つけました。重要なのは、朝から働き始めるなどの規律です。」