独創的なスペリングに対して独占権を主張できるか

By Aprajita Nigam and Aarushi Mishra, LexOrbis
0
62

PhonePe Private Limited 対 Ezy Services&Anrの最近の事例では、デリー高等裁判所は、意図的にスペルを間違えても、商標またはその一部が特別に見えたとしても、原告が描写的商標または商標の描写部分の独占権を主張することはできないとの判決を下しました。

Aprajita Nigam, Managing associate, LexOrbis
Aprajita Nigam
マネージングアソシエイツ
LexOrbis

原告と被告はどちらもオンライン決済サービスプロバイダーでした。原告は、被告による BharatPe 商標の使用と登録が、原告の登録商標 PhonePe を侵害し、詐称通用に相当すると主張しました。原告は、商標における同一の接尾辞-Peの使用を停止するよう、被告に対する恒久的な差し止め命令を求めました。

原告は、-Peは発明された単語であり、商標の最初の単語、つまり一般的な辞書の単語であるPhoneと組み合わせると、大文字のPで強調表示されている接尾辞-Peは、PhonePe商標全体の主要で際立った要素主張しました。原告は、2015年にPhonePeの商標を造り、採用し、それ以来使用していると主張しました。その為、その商標の先駆的ユーザーでした。原告はまた、使用の証拠の記録を提出しました。原告は、両商標に共通の接尾辞-Peは、特に両当事者によって提供されるサービスが同じであるため、平均知能と不完全な記憶の中で2つの商標の間に関連性の印象を生み出すと主張しました。

被告は、原告は接尾辞-Peの先駆者でも採用者でも無かったと主張しました。被告は、2016年8月からその商標 「BharatPe」 を使用していました。被告は、商標全体を比較しなければならないとし、そして、原告は、接尾辞-Peの使用に基づいて侵害と詐称通用を主張することはできないと主張しました。被告は、2つの商標の支配的な要素が Phone と Bharat で, 類似していないと主張しました、商標の全体的な比較はそれらが明確に異なると示しました。被告はまた、接尾辞-Peがまだ二次的な意味を得ていないとし、そしてこれは裁判で決定されるべき問題だと述べました。最後に、被告は、Google Pay、Amazon Pay、Samsung Pay、および Whatsapp の支払いなど、統一された支払いインターフェースベースのアプリによって証明されるように、接尾辞またはその変異のエンドワードは非常に一般的と述べました。

Aarushi Mishra, Associate, LexOrbis
Aarushi Mishra
アソシエイト
LexOrbis

裁判所は、Marico、Pidilite Industries、PPJewellers、Kaviraj Pandit Durga Dutt Sharma、PK Oveseas Pvt Ltd. のような事例と英国の in RE Pianotist Applicationの事例、および1999年の商標行為法, 第17,9,29及び34条などの規定に依存して、被告を支持しました。  裁判所は、独占権は商標全体に関してのみ主張することができるというよく知られた基本原則の出発点を採用しました。ただし、原告は、商標の一部がその商標の支配的または本質的な部分である場合、その部分の侵害を断言することができます。

高等裁判所はさらに、たとえスペルが間違っていたとしても、描写的な商標または商標の描写部分について独占権を主張することはできないと認めました。この原則の例外は、描写的商標または商標の描写部分が二次的な意味を獲得し、つまり、消費者の心が、商標またはその描写部分、またはその所有者に即座に繋がる場合です。しかし、原告は、裁判で証拠によってそのような二次的な意味を証明しなければなりません。

その後、裁判所はこれらの原則を事例に適用しました。原告が使用する接尾辞-Peの支払いを意味し、各当事者が提供したサービスを明確に説明しています。-Peの支払い適応スペルまたは間違ったスペルは、原告がそれに対する独占権を主張することを許可しませんでした。さらに、原告は、接尾辞が二次的な意味を獲得したことを示せませんでした。最後に、商標の全体的な比較は、不正な類似性がないことを示しました。したがって、原告の差止命令の申請は却下されました。

高等裁判所は、商標全体にのみ許可される独占権や解剖防止規則など、知的財産法のこの分野で確立された原則を支持し、さらに説明しました。また、重要な判決を下し、間違ったスペルのある描写的商標と商標の描写部分に関して、非常に重要な確認を提供しました。

Aprajita Nigam は Lex Orbis のマネージングアソシエイトで、Aarushi Mishra はアソシエイトです。

LexOrbis logo

LexOrbis

709/710 Tolstoy House

15-17 Tolstoy Marg

New Delhi – 110 001

India

Mumbai | Bengaluru

 

Contact details
Tel: +91 11 2371 6565
Email: mail@lexorbis.com

www.lexorbis.com