この地域は意欲的な経済目標を達成する準備を整えているため、エネルギー需要の供給は、資源、環境、および規制メカニズムに緊張を起こしています。エネルギー法の主要な地域的発展を探ります。

航法

インド

フィリピン

シンガポール/東南アジア

インド

ンドの電力部門に関連する包括的な法律の枠組みは、2003年の電力法によって規定されており、電力の販売料金を含め、電気の発電、送電、配電、および取引を管轄しています。

2003年の電気法に基づく制度的枠組みは、中央および州レベルの電気規制委員会で構成されており、電気法の下でつくられた上訴裁判所(APTEL)に提出され、そして、APTELからインドの最高裁への控訴の控訴規定で構成されています。

2019年に最高裁判所は、特定の法律問題が提示されない限り、APTELの決定、または電力法に基づいて設立された規制委員会の決定のいずれにも干渉しないことを明らかにしました。さらに、法の問題を伴わない関税決定の要素などの問題に干渉しないことを明確にしました。

energy
Piyush Joshi
ニューデリーのClarus法律事務所のパートナー
T: +9111 4546 9100
E: [email protected]

インドの天然ガス部門の上位部門(すなわち、探査と生産、またはE&P)は、特定の法律によって管理されておらず、代わりに、インド政府の全体的な執行権限と執行機関、つまりE&P事業の実施を監督する炭化水素(DGH)の局長、の対象となります。 ただし、上位運用の一部の側面は、1948年の油田(規制と開発)法や1934年の石油法などの特定の法律によって管理されています。

天然ガス部門における液化天然ガス(LNG)の役割は着実に増加しており、2019年9月にはインドの天然ガスの総需要の57%(つまり、27億2800万メートル標準立方メートル、またはMMSCM 4,754 MMSCMの総需要のうち)は、再ガス化されたLNGによって満たされました。

LNGの輸入は規制されておらず、オープンな一般ライセンス制度の下で実施されています。LNGターミナルは、2006年石油天然ガス規制委員会法(PNGRB法)の規制機関である石油天然ガス規制委員会(PNGRB)に登録する必要がありますが、登録方法を規定する規則はこれまでに通知されていません。ただし、LNGターミナルの建設/設置/運用に携わる事業体は、PNGRBに通知して、適正なコンプライアンスを確保する必要があります。

energy
RV Anuradha
ニューデリーのClarus法律事務所のパートナー
T: +9111 4546 9100
E: [email protected]

天然ガスの送配電部門は、天然ガスパイプラインおよび都市ガス供給(CGD)ネットワークを法的に管轄するPNGRBによって規制されています。規制の枠組みは、特に境界が定められた地理的領域に対して単一の事業体に許可を与えることによってのみ、CGDネットワークの開発の権限を与えています。認定された事業体には、8年間のマーケティングの独占権と、ネットワークの経済的寿命(通常25年と見なされます)のインフラの独占権が付与されます。

インド政府が全体的な経済発展を可能にするために特定の事業体に認可を付与する特定の方針指示を発行しない限り、CGDネットワークの認可はPNGRBによって、通常は競争入札プロセスを通じて授与されます。このような政策の方向性は、インド政府がパイプラインの実行可能性を確実にするため、特定の天然ガスパイプラインのルートに沿ってCGDネットワークを開発する権限を付与するよう政府系企業GAIL Indiaを指示し、2018年に一度だけ発行されました。

政府が管理する会社、または政府との特定の契約条項に基づく会社が生産するガス以外の天然ガスの価格は規制されていません。

エネルギー部門のFDI

energy
Sumiti Yadava
ニューデリーのClarus法律事務所のパートナー
T: +9111 4546 9100
E: [email protected]

自動ルートの下での最大100%の外国直接投資(FDI)は、従来のエネルギーと再生可能エネルギーの両方に関して、電力の発電、分配、または送電へのアクセスを求める投資家に対して、電力部門で許可されています。これの唯一の例外は、原子力部門です。2010年の中央電力規制委員会(電力市場)規制に基づく電力交換のFDIは、自動ルートでは49%に制限されています。

エネルギー部門の動向

LNGおよび天然ガス部門では、2016年以降、長期契約ではなく短期および中期契約に移行する傾向があり、これは過去1年間続いています。2018-2019年のインドの重要な発展は、分散型LNGプロジェクトの可能性の増加です。

パイプライン接続によって以前は制限され、または可能であったことは、LNGトラック車両による仮想パイプラインの開発、および大型商用車のLNGベース燃料への置き換えを可能にした小規模で低資本集約型の分散LNGプロジェクトによって可能になりました

もう1つの重要な成長分野はCGD部門です。特定の地理的領域内でのマーケティングおよびインフラの独占権の提供は、CGDプロジェクトに民間セクターから関心を生む為の重要な要素です。

2018年の第9回CGD入札ラウンドと2019年2月の第10回CGD入札ラウンドの完了により、CGDネットワークは今から、インド27州の136の地理的領域(GA)で開発されるでしょう。

これらの入札ラウンドでは、AdaniやTorrentなど、GAの最大数を獲得した大規模な民間企業が参加しました。Indian Oil Corporation、GAIL India、Bharat Petroleum Corporation、Hindustan Petroleum Corporationなどの公共部門も参加し、いくつかのGAを獲得しました。

現在、CGD部門では、多国籍企業からインドのエネルギー部門への多額のFDIが行われています。フランスの多国籍企業Totalは、Adani Gas Limited(AGL)の議決権と管理を取得するための取引を進めており、これにより、取引完了時には合計約6億ドルのTotalの子会社となります。

AGLは、CGDネットワークの開発、運用、および保守のみを請け負う事業体であり、19のGAの全てに対して権限をもちます。AGLはまた、Indian Oil Adani Gas Privateと呼ばれるIndian Oil Corporationと50:50の合弁を持ち、別の19 GAのCGDに対して権限を持ちます。

Total によるAGLの買収により、フランス多国籍企業が、インドの15州、71の地区、68の町、およびインドの人口の約7.5%で小売ガス部門を管理できるようになります。Total-AGL取引は、CGD開発のために承認された各GAの価値で約2,100万米ドルの大まかな評価と言えます。

CGDセクターでのもう1つの重要な進展は、2019年1月のインド最高裁判所の判決でした。Adani Gas Limited 対 India and Ors 連合の場合、裁判所はPNGRBに、2007年10月1日以前のCGDネットワークの開発に着手した事業者に対し「みなし許可」の条項を検討するよう指示しました。

この法律の立場はまだ検討中ですが、2007年10月1日以前にCGDネットワークの開発を行っていた少数の事業者を刺激します。

取り残された天然ガスプラント

Reliance Industriesに率いられたコンソーシアムによるKG D-6流域での大規模な天然ガス埋蔵量の発見に基づいて、これはDGHと政府によって承認され、政府は天然ガスベースの発電容量の開発の提案を求めました。

しかし、深海貯留層からの天然ガスの抽出における技術的困難を含むさまざまな理由により、天然ガス生産は不足し、その結果、試運転が済、又試運転の準備が整ったプラントを含む、天然ガスベースの発電能力、27,123MW が取り残されて非稼働状態になり、その合計のうち14,000MWの発電能力のガス供給が全く行われていません。

これの理由の1つは、特に州の電力規制委員会がドル指数のLNG燃料価格から電力価格への移行を許可していないため、再ガス化LNGは発電用の天然ガスの実行可能なソースでないためです。

政府は、そのようなプラントの貸し手の利息対応を可能にするため、そのような取り残された発電所の運転を補助するための短命スキームを実施しましたが、これはほとんど役に立ちませんでした。過去数年間のこの分野のプロジェクトの主な懸念の1つは、問題資産が不良資産(NPA)として宣言されることへの恐怖です。

2018年2月12日にインド準備銀行が発行した指示(RBI指示)は、債務の更なる再編を妨ぎ、破産手続きの開始を検討するよう銀行に指示しました。ただし、2016年破産および倒産法の下で企業の破産処理プロセスを実施することは、天然ガスの実行可能な供給源なしではそのような資産を引き継ぐ市場がないため、実行可能であるとは見なされません。

インド最高裁判所は、2019年4月の判決において、任意的であるという理由でRBIの指示を脇に置きました。これは、出来上がった天然ガス発生能力の差し迫った廃棄と清算に対する望まれた救済でした。

ただし、2022年までにKG D-6の修正フィールド開発計画が結果をもたらし、国内の天然ガス生産が増加するまで、取り残されたガスベースの発電能力の運用を助けるための政策を実施する必要があります。

energy

Clarus Law Associates
3rd Floor, Vijaya Building
17 Barakhamba Road, Connaught Place
New Delhi 110001
電話: +9111 4546 9100
電子メール: [email protected]
www.claruslaw.com


フィリピン

ネルギーはあらゆる経済にとって極めて重要で不可欠な資源です。東南アジアで最も急速に発展している国の一つであるフィリピンの場合、非石油産出国としての必要を満たすために、従来のエネルギー源ではなく代替エネルギーを模索する方向にあります。

現在、フィリピンの主な発電源は石炭であり、これが総電力構成の49.6%を占め、次に24.6%の再生可能エネルギー(RE)、天然ガス(11.8%)、地熱エネルギー(10.9%)、そして石油ベース資源(3.8%)が続きます。フィリピンは輸入エネルギーに大きく依存しており、これは総エネルギー構成の49%を占めています。

この背景には、フィリピンのエネルギー消費の着実な増加があります。これは、2016年の3,220万トンの石油換算(MTOE)から2017年の33.9 MTOEへの上昇から明らかです。アジア開発銀行は、2035年までにフィリピンのエネルギー消費が49 MTOEに達するであろうと推定しています。成長は主に輸送部門に起因し、これは総エネルギー消費量の34.9%を占めます、一方住宅部門は27.1%、産業部門は23.55%、商業部門は13%、農業、漁業および林業部門は1.5%です。

持続可能なエネルギーへの取り組み

energy
Patricia A. O. Bunye
マニラのCruz Marcelo & Tenefranciaのパートナー
T: +63 2810 5858
E: [email protected]

より持続可能な電力供給を確保するために、フィリピンは、エネルギー源を多様化し、特に再生可能エネルギー(RE) 部門を開発することにより、石炭への依存を減らす試みをしています。フィリピン政府は、国のエネルギー自給率、エネルギー安全保障、および環境の持続可能性を達成する手段としてREを促進するために、長年にわたってさまざまな計画を導入しています。

2011年、エネルギー省(DOE)はエネルギー改革計画を導入しました。これは再生可能エネルギー部門の発展を促し、現在国内で唯一の天然ガスの供給源であるマランパヤ(Malampaya)ガス田の枯渇に直接対処しました。マランパヤの埋蔵量は2020年までに大幅に減少し、2027年までに完全に枯渇すると予測されています。

DOEのフィリピンエネルギー計画(PEP)2017–2040は、予想される変化の概要を示し、2040年までのエネルギー部門の目標を設定しています。政府の議題の主な項目の一部は次のとおりです。(1)REの設置容量を少なくとも20,000メガワット(MW)に増やす。 (2)国内の石油、ガス、石炭の貯蔵量と生産量を増やす。 (3)品質、信頼性、手頃な価格で安全な電力の提供をする。 (4)全国的な電力利用を提供する。

関連する開発の中には、2018年のDOEによるグリーンエネルギーオプションプログラム(GEOP)の規則導入の発布があります。GEOPは、消費者がRE生産者からの供給を探すオプションを提供し、その導入により、さまざまなエネルギー供給者間の競争を促進することが期待されています。

DOEは、その再生可能エネルギー管理局を通じて、次のような新しい発布でRE部門を活性化する手段を模索しています。

  1. 再生可能エネルギーサービス契約の授与と管理、および再生可能エネルギー開発者の登録を管轄するオムニバスガイドライン。
  2. 再生可能エネルギー市場規則。
  3. 2019年末までに発布が予定されているGEOPの下での再生可能エネルギー供給者の運転許可の発行を管轄するガイドライン。
  4. RE政策のネットメータリングへの強化。
  5. 再生可能エネルギーの安全、健康、環境に関する規則および実践の規範。
  6. RE機械、機器、材料、スペア部品の使用の免税輸入および監視に関するガイドライン。
  7. RE信託基金の収集、送金、利用に関する運用ガイドライン。 そして
  8. 2020-2040年の国家REプログラム。

上記のDOE発布とは別に、他の重要な法律および規制が制定されました。第一に、エネルギー仮想ワンストップショップ(EVOSS)法は、2019年の第1四半期にフィリピン議会によって法律として可決され、EVOSS法の規則と規制(IRR)の実施がDOE省の通達番号DC2019-05-0007の発布によって直ぐに行われました。

法律とそのIRRの通過は、EVOSSと呼ばれるオンラインプラットフォームを介した発電、送電、配電プロジェクトの許可過程を合理化することが期待されています。EVOSS法は、発電料金を削減することで国のエネルギー使用を改善し、国のRE産業への投資を奨励することが想定されています。

フィリピン議会は、建物におけるエネルギー効率の高い技術の使用を整えることを目的とする共和国法第11285号、エネルギー効率および省エネルギー法も制定しました。エネルギー効率と省エネルギーの最良の方法に取り組むための財政的および非財政的インセンティブを提供することにより、エネルギー効率と省エネルギー対策の標準化を目指しています。

さらに、大統領は2017年にエネルギー投資調整協議会(EICC)を創設する大統領令(EO)No. 30を発行しました。 EO No. 30は、EPNSの場合に「許可および規制認可の取得に関与するすべての政府機関の関連する規則および規制を調和させ,簡略化された承認プロセスを確立する」ことにより、国家重要エネルギープロジェクト(EPNS)を優先します。興味のある申請者や賛同者は、どの様に自分のプロジェクトがEICCがEPNSの証明書を発行するためにPEP 2017ー2040の目標および目的と調和しているかを「はっきりと明快な方法で」正当化しなければなりません。

フィリピン議会では、REの使用を強化および促進するさまざまな法案が現在保留中です。それらは次の法案を含みます。

  1. 下院法案第01481号、太陽エネルギー開発局の設立とそのための予算充当は2019年7月24日以降、政府再編に関する議会委員会で保留中です。
  2. 下院法案02099および02427、その官僚制度の拡大および合理化、従業員の能力向上、給付の増強、およびそのための予算充当によるエネルギー規制委員会の強化法。又 エネルギー規制委員会のガバナンス構造を強化する法律。どちらも2019年7月29日以来、エネルギーに関する議会委員会で保留中です。
  3. 上院法案第990号、石油パイプラインの運営に関するエネルギー省の管轄権および権限を強化するための法律、そしてこの目的のために、石油パイプラインコードを提供、液体石油パイプラインの設計、建設、運用、保守、廃棄及びその目的の為、適切な予算の充当の基準を規定が、2019年9月2日以降、上院のエネルギー委員会で保留されています。

期待

フィリピンのREへの取り組みに加えて、液化天然ガス(LNG)の開発も望まれています。バタンガス州の南ルソン州にある発電所内にLNG輸入ターミナルを建設するため、First Gen Corporationに発行された着工通知書は2019年3月にDOE事務局長Alfonso Cusiによって署名され、政府からEPNSステータスが付与されました。

2019年7月31日、25年間のフランチャイズがSolar Para Sa Bayan Corporationに付与され、RE駆動のマイクログリッドを使用して、特定の州の未供給/未整備地域に電力を供給します。これはフランチャイズを付与された最初の太陽エネルギー企業であり、フィリピンの世帯の10.4%、または推定1,200万人のフィリピン人が電力へのアクセスを欠いていることを考えると、主要な国家問題に取り組むための第一歩になる可能性があります。

ここでも、フィリピンの甚だしい電力コストを引き下げるために、より費用対効果の高いエネルギーミックスを確立する必要があります。輸入石炭への国家の強い依存は、電気の増大価格の主な原因の一つと見られています。

中央政府は、原子力エネルギーの使用を含め、これに対処するためのあらゆる可能性を模索してきました。DOEのCusiは最近、「核エネルギーは、特に長期的なエネルギー計画を実施するための集団的探求に照らして、国益に大きな期待をもたらす」と述べました。

しかし、中央政府は原子力に関する公式な立場を公表していません。これは、原子力施設を含む他の国々での事故により、引き続き強い抵抗がある可能性があるためです。

原子力の地域開発での課題も未解決のままであり、これには国民の了承、政治的意志の欠如、考えられる高額なインフラコスト、核廃棄物の処理方法の問題が含まれます。

enery

Cruz Marcelo & Tenefrancia
One Orion, 11th Avenue corner University Parkway
Bonifacio Global City 1634
Metro Manila, Philippines
PO Box 3525 Makati Central
電話: +632 8810 5858
ファックス: +632 8810 3838
電子メール: [email protected]
www.cruzmarcelo.com


シンガポール/東南アジア

生可能資源への移行がますます重視されるようになったため、エネルギー部門は過渡期にあり、シンガポールは大きな意味で東南アジア地域のエネルギー考察の指導的立場の中心にあります。

シンガポールのエネルギー規制を担当する主要機関は、エネルギー市場局(EMA)です。これは、以下を目的とするシンガポールの通商産業省の法定委員会です。(1)エネルギー市場での効果的な競争を促進する。 (2)信頼できる安全なエネルギー供給を確保する。 (3)動的エネルギー部門を開発する。

EMAはかなり進歩的なスタンスを採用しており、シンガポールのエネルギー課題を促進するために業界と積極的に協力しています。シンガポールのエネルギーの必要性は近隣諸国のそれと比べて見劣りする一方、国内の焦点は増大するエネルギー効率の向上、新しい技術の活用、および非政府参加者のための平等な場の創設に大きな重点を置いています。

シンガポールの発電は、主に輸入天然ガスによって賄われており、国の必要の95%に寄与しています。輸入されたLNGは発電のために再ガス化され、EMAの電力システムコントロールセンターはシンガポールのガスから電気への行程で重要な役割を果たします。規制の観点から、EMAによって実施されたさまざまな規制、実践規範、およびライセンスは、2008年に発効したガスネットワーク規範を含み、ガス産業を管理しています。

energy
Babita Ambekar
シンガポールのDWFパートナー
T: +65 9186 8236
E: [email protected]

2018年4月1日からのシンガポール政府による小売電力市場の開放は、より競争力のあるユーティリティ部門の促進に向けた重要なステップと見なされています。この取り組みが可能になるような積極的な消費者主導の動きとは別に、電力市場の開放は、エネルギー効率の取り組みを採用することを目的として、顧客が自分の使用フットプリントを検討することを奨励しています。

この取り組みは力強く、2019年8月31日現在、世帯の40%が選択した小売業者からの電力購入に切り替えています。グリーンクレジットの取引を促進するためのデジタル市場の創設や対等なエネルギー取引など、より革新的なコンセプトに加えて、スマートメータリングおよび同様のエネルギー管理手法を活用することで、この計画がさらに強化されます。

シンガポールはエネルギー効率の改善に重点を置く一方、東南アジア地域は経済成長を支えるために大量のエネルギー消費を必要とする多くの経済が構成要素となっています。

再生可能エネルギーへの移行を考慮して積極的に取り組んでいますが、発展途上国が大きく再生可能モデルに移行する能力は、成長の加速に対する短期的なニーズによって制約されています。

したがって、多くの東南アジア諸国は、従来のエネルギー源と再生可能エネルギー源への依存を慎重にバランスさせる必要があります。追加の動向として、環境ロビーは多くの東南アジアの管轄で特に強力であり、エネルギーのメジャーは地元の反対によりプロジェクトを軌道に乗せるのが困難になっています。

石炭火力発電プロジェクトの資金調達は、経済協力開発機構の関与に従った新しいセクター理解の進展により大きな課題となっています。逆に、低炭素および再生可能製品に対する資金調達の関心は高いものの、銀行で受け入れられる再生可能機会を見つけることは依然として課題です。

東南アジアの多くのカウンターパートとともにパリ協定にコミットしたシンガポールは、気候変動の脅威に対処するため積極的に目標を設定しています。そのために、使用者がエネルギー管理者を任命し、エネルギー使用量と排出量を報告および追跡し、エネルギー効率改善計画を環境庁に提出することを要求する、省エネ法(ECA)の強化を含むいくつかの取り組みが実施されています。

より具体的には、2019年1月1日に施行された2018年の炭素価格設定法によって施行された炭素税制度は、シンガポールの施設の特定の温室効果ガス排出に課税するため、ECAの改正を実施しました。

並行して、加速減価償却制度などの税制優遇制度により、エネルギー効率の高い設備や省エネ機器の設備投資の早期償却又は減価償却が可能になり、より古く、よりエネルギーを消費する設備を置き換えることができます。エネルギー効率制度は課税所得に対するエネルギー効率の高い投資に対し追加で30%の投資枠を許可します。

シンガポールのクリーンエネルギーの採用を促進する政策の実施に加えて、政府は政府機関全体で太陽光発電(PV)の需要を促進および集約するためSolarNova計画を開始し、それによってシンガポールの太陽産業の成長を促進します。蓄電池技術の活用によって、間欠性の問題に対処する政府支援のR&Dの取り組みも選択の解決として太陽エネルギーの実行可能性を高めることを目的として奨励されています。

シンガポール以外では、東南アジアの管轄はエネルギー変換の将来を促進するための規制を実施しています。しかし、需要と供給の問題に取り組むために、開発を管理する動きもあります。たとえば、最近発行された告示で、ベトナムは固定価格買取制度が地上設置型太陽光プロジェクトの競争入札に置き換わることを確認しました。ただし、固定価格買取制度は、屋上太陽光および特定の事前承認済みの地上設置プロジェクトに引き続き適用されます。

インドネシアでのエネルギー規制の一貫性のない実施は、再生可能エネルギープロジェクトの開発をある程度妨げており、インドネシアが2025年までに電力の23%を再生可能エネルギーから発電するという目標を達成するためには、政策の重要な見直しが必要になる可能性があります。

マレーシアは、再生可能エネルギー分野への投資を奨励するために、約10年前に再生可能エネルギー法を制定しました。改革には固定価格買取制度の導入が含まれていましたが、これと実施された他のいくつかの取り組みは、期待された結果をまだ達成していません。ただし、マレーシア政府は、2025年までにマレーシア市場における再生可能エネルギーのシェアを20%に引き上げることを目的として、再生可能エネルギー移行ロードマップ2035を開始します。

最後に、進化するエネルギー動向、共有型経済の発展、電動モビリティソリューションの開発に注力する地域全体への政府の推進とともに、クリーンな公共交通システムの実施を支援するインフラの整備に大きな関心が寄せられています。

国際エネルギー機関によると、石油需要は、主に地域の輸送ニーズに対応するため ある地域では、現在の1日当たり650万バレルから2040年までに900万バレルに増加するように設定し、地域自治体は、従って電気公共交通機関の運用と優先度の高い対応の必要なインフラの構築を促進する取り組み課題を推進しています。

シンガポールはすでにこの分野で大きな進歩を遂げており、欧州の事業体と電気バスの充電インフラを開発する契約を締結し、2020年から路上走行を開始する予定です。当局はまた、電気自動車のために全国の充電ステーションのネットワークを促進するためのより広い取り組みを支持しています。

東南アジア地域では、徐々に多様化するエネルギーエコシステムの過渡的なニーズに対処するために、規制がさらに洗練されることは間違いありません。これに関連して、シンガポールはこの分野の革新者、推進者、および立法者として重要な役割を果たし続けるでしょう。

energy

DWF
9 Raffles Place
Level 58 Republic Plaza
Singapore 048619
电话: +65 6823 1365
ファックス: +65 6823 1377

電子メール: [email protected]
www.dwf.law