日本の洋上風力発電

0
325

国は再生可能エネルギーのゲームを強化していますが、厳しい規制は残っています

日本は2050年までにカーボンニュートラルを目指すことを宣言しており、政府は洋上風力発電所(OWPP)の数を可能な限り増やす予定です。港湾(一般海域)以外の一般海域で1.57GWを発電する公開入札を完了しました。また、2030年までに10GW、2040年までに30-45GWを発電するプロジェクトを推進する予定です。

Koji Fukatsu, TMI Associates
深津功二
東京のTMI Associates のパートナー
メールアドレス: koji_fukatsu@tmi.gr.jp

日本の一般海域でのOWPPの建設と運用に加えて、経済産業省(METI)と国土交通省(MLIT)は、OWPPが開発される推進地域を指定しています。省庁はまた、各推進地域内の海域の独占的占有と使用のための公開入札を提出するためのガイドラインを策定しました。

ガイドラインに従ってOWPPを建設し運用する予定の人は、公開入札を通じて独占的占有および使用計画を作成し提出する必要があります。選択された入札者は、国土交通省から推進地域の海域の独占的占有および使用に関する許可を受け取った時点でOWPPを建設し運用することができます。経済産業省が再生可能事業計画を認証すると、原則として固定価格買取制度(FIT)により20年間固定価格で電力は購入される予定です。FIT期間が満了した後、電力は市場で取引されるように許可が更新される可能性があります。

推進地域

経済産業省と国土交通省は、次のような要件を満たす地域を推進地域として指定するでしょう。かなりの電気出力の期待。 建設、運用、保守のためのベースポートの存在。 利用可能な送電網へのアクセス。漁業への干渉の予想がない。

現時点では、1つの推進地域(八峰町沖と能代市)のみの公開入札が実施される予定ですが、有望な地域と考えられる場所は7ヶ所あります。有望な地域が選ばれると、地方自治体の指導者や関連する漁業組織などの利害関係者で構成される評議会が結成されるでしょう。協議会は、推進地域の指定について利害関係者と協議し、公開入札で考慮すべき点について話し合います。

ガイドラインと計画

経済産業省と国土交通省は、各推進地域のガイドラインを提示し、推進地域でOWPPを建設し、運用する予定の人は、計画を提出する必要があります。ガイドラインは、経済産業省と国土交通省が発行した「一般海域の独占的占有と使用に関する公開入札のための運用ガイドライン」に基づいています。したがって、新たに指定された推進地域のガイドラインは、前述のガイドラインと同様になるでしょう。

提出する計画には、推進地域内の海域の独占的占有と使用の領域と期間、建設の方法とタイミング、OWPPの運用と保守、港、および撤去の方法を含める必要があります。さらに、次の項目を含める必要があります。

応募者の情報。各入札者は日本の事業体である必要があり、コンソーシアムの場合は、すべてのメンバーが日本の事業体である必要があります。外国企業は、特別目的事業体(SPC)の入札者のメンバーである可能性があります。洋上の土木工事(国内外)の確かな実績と健全な財政状態も求められます。

供給価格とFIT期間。八峰町・能代市の推進地域の公開入札の最高電力供給価格は、kWhあたり28円(0.25米ドル)となります。FIT期間は20年となりますが、OWPPの建設が遅れ、開始予定日以降に操業が開始された場合、その遅延期間は20年から差し引かれます。入札者は、FIT認証の承認日から最大8年後に運用開始予定日を設定する必要があります。FIT認証の申請は、公開入札での選択日から1年以内に提出する必要があります。

地方自治体との調整。 入札者は、地方自治体と調整するための内部システムと、そのような調整の以前の結果を実証する必要があります。

水産業との協力と共存。各入札者は、関連する水産および海運会社との協力と共存の方針、およびガイドラインに添付された評議会の懸念に対処するための計画を提示する必要があります。

選択プロセス

まず、公開入札で提出された計画がガイドラインに照らして適切であるかどうか、およびOWPPと運用または保守方法が提供された基準に準拠しているかどうかを判断するために、適合性テストが実施されるでしょう。適合性試験に合格した計画は、設定された評価基準に従って評価されるでしょう。

評価の最高点は240点で、そのうち120点は電力供給価格に基づいています。式は120X(A / B)です。ここで、Aは、適合性テストに合格し、プロジェクトの実現可能性の評価で失格にならなかったプランによって見積もられた最小供給価格で、Bは計画の供給価格です

残りの120ポイントは、プロジェクトを実施する能力(80ポイント)と地域コミュニティとの調整および地域コミュニティへの利益(40ポイント)に割り当てられます。プロジェクトを実施する能力には、次のような項目が含まれます。 プロジェクト実施実績(30点)。 プロジェクト計画の実現可能性(20ポイント)。 リスクの適切な特定と対応(15ポイント)。

地方自治体との連携能力からなる地域社会との連携(10点)、水産業との連携と共存(10点)、サプライチェーンの形成を通じて地域経済と国民経済に利益をもたらす(20ポイント)。

各項目について、最高入札者は100%のスコアを受け取り、中間入札者は70%のスコアを受け取り、最小要件を満たす入札者は30%のスコアを受け取ります。最小要件を満たしていない入札者は、0%のスコアを受け取ります。最小要件をはるかに下回る入札者は「不適切」と見なされ、他の項目のポイント数に関係なく失格となります。落札者(指定事業者)の計画を認定し、独占的専有と使用の地域と期間を計画概要とともに公表します。

独占的専有許可

計画が認定されると、MLITは指定事業者に許可を与えます。OWPPの独占的占有と使用期間は、許可の日付から30年です。ただし、これは計画の認定が有効な期間に限定されます。計画の認証の有効期限が切れた後、独占的専有および使用の許可が更新される可能性があります。国土交通省は、許可を申請する前に、評議会のメンバーである漁業者の書面による承認、及び同じ港を使用する当事者との十分な協議の後に港を使用することを含めて、許可に条件を課す場合があります。

計画の変更

指定事業者は、認定された計画に基づいてOWPPを建設、運用、および保守する必要があります。計画が変更された場合、指定事業者は経済産業省と国土交通省の認証を取得する必要があります。変更が軽微な場合は、事後通知を送信するだけで十分です。計画の変更は、変更された計画が適合性試験に合格した場合にのみ承認され、変更が公共の利益のさらなる促進に寄与する可能性があるか、変更が避けられない場合に限ります。公益のさらなる促進には、新しい技術知識による工法の適切な変更、または技術革新によるOWPPの適切な変更が含まれます。

指定事業者の株主の変更が、過半数の株主の変更など、プロジェクトが実施される可能性に大きな影響を与える場合。 プロジェクトの実施および管理に関する公開入札評価の対象となった株主の撤退。 また、公開買付評価の対象となる株主の議決権の合計比率が、事業開始前66.7%、開始後50%を下回った場合、経済産業省と国土交通省は、変更の影響を慎重に検討し、 このような変更後、プロジェクトが適切に実施されるかどうかを検討します。

結論

指定事業者(公開入札の唯一の入札者)が1つの推進地域にのみで選択されているため、入札プロセスで各計画がどのように評価されるかはまだ明確ではありません。日本の洋上風力エネルギーは初期段階にあるため、ガイドラインや評価ポイントが変更される可能性があります。

tmi associates

TMI Associates
23/F Roppongi Hills Mori Tower
6-10-1 Roppongi, Minato-ku
Tokyo 106 6123, Japan
T: +81 3 6438 5464
E: info_general@tmi.gr.jp

www.tmi.gr.jp