日本企業は外国からの投入に焦点

0
47
Japan foreign

アンダーソン・毛利・友常法律事務所は、2021年1月1日から発効した外国法共同事業の立ち上げにより、4人の上級外国人弁護士をパートナーに任命、また東京で新しい上級外国人弁護士を雇用しました。

任命されたパートナーは、Len Matsunaga(米国資格)、Vassili Moussis(英国資格)、Teruma Naito(英国資格)、Tu Jinning(中国資格)です。

仲裁弁護士のDavid MacArthurもソウルの、彼が14年以上にわたって上級外国人弁護士を務めていた、Bae Kim & Leeから上級外国人弁護士として加わりました。MacArthurは米国で資格を修得し、パートナーの井上葵と共同で同社の国際仲裁チームを率いています。

同社の共同事業プログラムにより、日本の弁護士と外国資格の弁護士は、事務所で平等なパートナーシップを確立することができます。この取り決めは、国内での国際仲裁の利用を促進し、外国の法律サービスに対する需要の高まりに対応するために昨年5月に改正された外国弁護士による法律サービスの取り扱いに関する特別措置に関する法律の中で規制されています。

アンダーソン・毛利は最近、12人の弁護士をパートナーに昇格しました。小野塚格、藤田将貴、生方紀裕、長瀬威志、坂本佳隆、田中智之、石井渉、中野常道、早瀬孝広、塩見竜一、梅津公美、金子涼一。