RBIは配当のためのパーティーを終了する

By Sawant Singh and Aditya Bhargava, Phoenix Legal
0
188

ンド準備銀行(RBI)は、鷹の目の警戒に値する評判に基づいて、2020年4月に、2020年3月31日に終了した会計年度の配当金の支払いを控えるよう銀行に指示しました。これは、銀行が重要な不良資産を抱えているのではないかと懸念されていたテスト時に、資本バッファーを維持する効果がありました。経済と金融市場はその正統性と一致して回復しているように見えますが、12月4日のRBIは銀行に対し、バランスシートを強化し、「経済を支え、損失を吸収し資本を節約するために」、2020会計年度の配当支払いを行わないように指示しました。

Sawant Singh,Phoenix Legal
Sawant Singh
Partner
Phoenix-Legal

このように、ノンバンク金融会社(NBFC)の重要性の高まりと、金融システムの他の部分との「相互接続性」を認識し、RBIは12月4日の声明で、NBFCによる配当分配の方向性を規定すると発表しました。 声明は、さまざまな「NBFCのカテゴリーは、一連の一般的な条件に従って、パラメーターのマトリックスに従って配当を宣言することが許可される」と提案しました。RBIは、「透明性と均一性を高める」ことを目的として、12月9日にNBFCによる配当宣言の指示案を発行しました。指示案は、利害関係者のフィードバックのためにRBIのWebサイトに掲載されています。指示案はまた、これらが2020会計年度に宣言される配当に適用されることを規定しています。

指示案の方向性のトーンは、ガバナンスの一貫性を強調し、長い期間にわたって規律に報いるように見えます。預金を受け取るNBFCおよびシステム上重要な非預金を受け取るNBFCは、3年間に渡って15%の自己資本比率を持たなければなりません。システム上重要ではない預金を受け取らないNBFCは、配当の宣言が提案されている年を含め、過去3年間で7倍未満のレバレッジを持っている必要があります。純不良資産は、配当の宣言が提案された年を含め、過去3年間で6%未満である必要があります。指示案では、NBFCは今年の利益からのみ配当を支払う様に求めています。RBIは、NBFCが未実現利益ではなく、実際の受領額からのみ配当を宣言することを意図していた可能性があります。この規定は、指示の最終的な形としてさらに明確にされるでしょう。

指示案は、NBFCのさまざまな範疇による配当の計算方法を規定しています。配当の宣言が提案されている年については、NBFCの配当性向は、その年のNBFCの純利益に対する1年に支払われる配当の割合として決定する必要があります。特定の期間の配当を計算する際に、NBFCは「特別な利益/収入」を除外する必要があります。配当の宣言が提案されている年度の財務諸表には、監査人の資格が含まれてはなりません。これは利益に悪影響を与える可能性がり、それが失敗すると、配当を決定するために計算された純利益を適切に調整する必要があります。監視の観点から、NBFCは、配当の宣言から15日以内に、所定の形式で詳細な報告書をRBIに提出する必要があります。

Aditya Bhargava,Phoenix Legal
Aditya Bhargava
Partner
Phoenix Legal

ガバナンスを強化するために、指示案は、指示のコピーを取締役会に提出すべきであり、取締役会は配当を支払う提案を検討する際にすべての利害関係者の利益を考慮に入れるべきであると規定しています。これは、長期的な安定よりも利益を優先することもある超資本主義の株主モデルではなく、利害関係者モデルのガバナンスへの移行を示唆するRBIの最初の事例の1つであるように思われます。 配当を支払う提案を検討する一方で、NBFCの取締役会は、不良資産の特定の相違とプロビジョニングの不足、監査人の資格、およびNBFCの長期的な成長計画に関してRBIが行った監督上の調査結果を検討する必要があります。

指示案は正しい方向への一歩です。これは孤立したステップではないようであり、規制政策に関するRBIの声明は、金融システムに関連するリスクプロファイルに比例した監視を行うためにNBFCの規制の枠組みを再検討することを提案しています。金融システムに対するNBFCの重要性は徐々に高まっており、NBFCは、銀行が手を出せない領域での金融サービスへのアクセスを提供するために重要です。NBFCのガバナンスの体系化に向けたこれらの動きは、NBFCの成長を可能にし、規制上の裁定取引を最小限に抑えるために重要です。

SawantSinghとAdityaBhargavaは、PhoenixLegalのパートナーです。アソシエイトのSristiYadavもこの記事の寄稿を支援しています。

Phoenix Legal

Phoenix Legal
Second Floor
254, Okhla Industrial
Estate Phase III
New Delhi – 110 020
India

 

Vaswani Mansion, 3/F
120 Dinshaw Vachha Road, Churchgate
Mumbai – 400 020
India

 

Contact details
Tel +91 11 4983 0000 / +91 22 4340 8500
Fax: +91 11 4983 0099 / +91 22 4340 8501
Email:

delhi@phoenixlegal.in
mumbai@phoenixlegal.in