法律事務所、世界最大の金鉱の買収に関するアドバイスを行う

0
1725
AshurstおよびOentoeng Suria & Partners (OSP) は、インドネシア国有企業であるIndonesia Asahan Aluminium (Persero) (Inalum)
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

AshurstおよびOentoeng Suria & Partners (OSP) は、インドネシア国有企業であるIndonesia Asahan Aluminium (Persero) (Inalum) による、主要な鉱業会社であるFreeport-McMoRanおよびRio Tintoからのグラスベルグ鉱山の51.2%の過半数株式取得という重要な案件において、主任弁護士としてInalumの代理を務めています。

インドネシアのパプア州に位置するグラスベルグ鉱山は、世界最大の金鉱山であり、世界第2位の銅鉱山です。この取引後、グラスベルグ鉱山におけるInalumの株式は9.36%から 51.2%に増加し、これにより、インドネシアは同鉱山の過半数権益を獲得しました。38.5億米ドルの価格となったFreeport-McMoRanおよびRio TintoからInalumへの同鉱山の過半数権益の譲渡は、今年この地域における最も大規模かつ複雑なM&A取引の1つであり、外国の資源会社によるインドネシアにおける過去最大の売却に相当します。

この売却には、Rio Tintoからの40%の参加権益の譲渡、Freeport Indonesiaの新株発行、5つの異なる法域における合併申請、および40億米ドル相当の資金調達が含まれました。

グラスベルグ鉱山は、インドネシア政府にとって主要な戦略的資産であり、この取引は、政府が国有財産の支配権を得るという政府の継続的な取組みを象徴するものです。この売却は、インドネシア国有企業による最大の買収でもあります。

パートナーのSimon BrownおよびRatih (Ipop) NawangsariがAshurst/OSPチームを率い、それぞれ国際法およびインドネシア法の局面に関するアドバイスを行いました。

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link